<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
僕らは動き出してまた何か始めるでしょう
d0025304_22303029.jpg

インテルのサイドバック、長友佑都。俺たちの長友、東京の誇り、日本の魂。

長友については、彼が味スタで涙とともに世界最高のサイドバックになって帰って来ると誓ったその時から、その言葉通り世界のトップクラスのサイドバックとして常にスタメンで出られるようになるまでは、ここではいっさい触れないつもりでした。やっぱり東京のファンにとっては彼は息子であり友人であり戦友であり希望であるから、あんまり簡単にすごいすごい!とべたべたできないんですよね。もっと大きくなれ!と心で願って、口ではミラノでベンチ暖めるぐらいなら東京に帰ってこい、使ってやってもいいぞ、などと憎まれ口を叩く天の邪鬼な自分。
けれど、先日の初ゴール、それからCLのバイエルン戦でのフリーランを見るにつけ、ベンチスタートとはいえもしかしたら長友はもう世界最高のサイドバックのひとりなんじゃないだろうかと、そして、日本に向けての日の丸に書かれたエール、“どんなに離れていても心は一つ。一人じゃない、みんながいる!みんなで乗り越えよう! You'll never walk alone”を掲げる姿とスタジアムの大合唱を見て、なんと素晴らしい選手を東京は育てたんだと、感動の極みに身が震えました。

長友がバイエルン戦で見せたあのフリーラン、無駄走り(結果が出ている時点で“無駄”ではないけれども)の結果ゴールが生まれたことは、どこかいまの僕らの状況に対してのヒントを暗示しているというか、深読み見立てを無理矢理すれば僕らがやるべきことのメタファーとして捉えられなくもない。たとえ無駄になったとしても、自分のできることを懸命にやり抜き、仲間を信じるその献身性はきっと何かの結果を生むし、そう信じないと足がすくんで(または鈍って)動けなくなってしまう。いまは立ち止まってはいけない時です。

僕自身、フットサルをしていても、自分がおとりとなり他の選手がゴールを決めた時などは、これはこれで格別の達成感と結束力を感じるものです。

そう、自分たちと仲間たちを信じて、何かを始めよう。
それが、小さな長友に教わった大きなこと、です。



『My Friends' Anthem』 / Dragon Ash

仲間達よ 月日たったって 片手に握ってた糧
もう片方の手には涙した悔しさがあふれてはみ出した
あの頃を忘れてないんだぜ あの心は捨ててないんだぜ
一つだけ覚えておいてくれ 辛いなら大声で呼んでくれ




『Viva La Revolution』 / Dragon Ash

はるか遠くの地では残酷な日々が続くのに こんな僕ら
ちっぽけな壁を目の前に立ちすくんでるような
海の向こうの空赤く染まる頃 こんな僕ら
ちっぽけな壁なんざぶちこわして次のこと始めよう さあ


〜中略〜

勇気を持って掲げた誓い 鼻で笑うように流れる世界
駆け抜けよう共にこんな時代 塗り替えるのは僕らの世代
そう一人暗い部屋でうずくまったまま 何もせずにそれじゃ臆病なまま
時間が解決するって言ってそのまま見て見ぬふりしてるならこのまま


〜中略〜

時には冷たい風強く吹きつけていても 外には悲しい雨降り続いているとしても
優しい鳥の声がほら目覚めを誘っている 僕らは動き出してまた何か始めるでしょう











『Viva La Revolution』 / Dragon Ash
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-18 13:09 | 希望
独りぼっちじゃないぜ、ウィンクするぜ
d0025304_1817133.jpg
d0025304_18173097.jpg

消費のこと。
いまだに買い占め自粛の呼びかけをしているということは、買い占めじみた行動をとっている人がいるということですね。近所のスーパーでは、キャットフードの棚までもが空っぽになっていました、トイレの砂までもが!あほかッ!猫はそんなに食べないよ、そんなに排泄しないよ。我が家では愛猫ジェニィも節約に協力させ食事を少なめにしています。まあそれは嘘ですが、買い占め人間たち、そのパワーを他のことに向けなさい!
ちょっとぐらいお腹がすいても大丈夫だから。いいダイエットの機会と思って。どうせデ....(以下自粛)

とにかく、すでに始まっている復興、原発の対策・復旧、物資輸送、被災者捜索、被災地ではたくさんの人が懸命に闘っています。東京がパニックに陥っているようじゃダメです。一日でも早く日常を取り戻して、復興に向けて我々もしっかり後方支援しよーぜ。ピース。



『闘う男』 / THE BLUE HEARTS

肉体を武器にして ただ一人立ち向かう
闘う男達よ 冷たい風に吹き付けられても

燃えあがる情熱なら 何にも変えられやしない
闘う男 どこまでいくのか

最終のゴングまで あきらめやしないのだ
闘う男達よ 虚勢は張るが去勢はされない

ファイト! ファイト! ファイッ!! ファイッ!! ファイッ!!.....




『夕暮れ』 / THE BLUE HEARTS

はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい
僕達はなんとなく幸せになるんだ

何年たってもいい 遠く離れてもいい
独りぼっちじゃないぜ ウィンクするぜ


夕暮れが僕のドアをノックする頃に
あなたをギュッと抱きたくなってる

幻なんかじゃない 人生は夢じゃない
僕達ははっきりと生きてるんだ


夕焼け空は赤い 炎のように赤い
この星の半分を真っ赤に染めた

それよりももっと赤い血が
体中を流れてるんだぜ

夕暮れが僕のドアをノックする頃に
あなたをギュッと抱きたくなってる

幻なんかじゃない 人生は夢じゃない
僕達ははっきりと生きてるんだ


夕焼け空は赤い 炎のように赤い
この星の半分を真っ赤に染めた

それよりももっと赤い血が
体中を流れてるんだぜ
体中を流れてるんだぜ
体中を流れてるんだぜ










『夕暮れ』 / THE BLUE HEARTS
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-17 18:37 | 希望
子供たちへBIG SMILE
d0025304_12341895.jpg

毎日揺れますね。不安ですよね。
でも、笑ってますか?
笑え!

ブログに映像を貼るってことをあまりしてこなかった当ブログですが、やっぱり音楽の力は偉大できっときっと日本中の力になると信じているので、さかのぼって三つ前の記事から映像または音声を載せていくことにしました。ぜひ聴いてみてください。

被災地はもちろんのこと、日本中が不安になり怯え心を痛めています。独特の敏感さを持つ子供たちのストレスも相当なもののはず。子供が周りにいる人はどうかどうかじゅうぶんにケアして、子供たちの笑顔をキープしてあげてください。いまは思い切り甘やかしてあげる時期です(もちろん、節度を持って)。
スマイル!



『BIG SMILE』 / THE COLTS

シャンララ・ララ とんでく イェイ
世紀末を超えて 誰でもイケるリズムとスマイル
それだけが全て

シャンララ・ララ とんでく イェイ
世紀末を超えて 誰でもイケるリズムとスマイル
全ての未来を笑え


シャンララ・ララ とんでく イェイ
世紀末を超えて 誰でもイケるリズムとスマイル
それだけでいい

Go Future Go Future Go Future For You

Happy Together Happy Together Happy Together......








『BIG SMILE』 / THE COLTS
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-17 12:38 | 希望
俺たちは戦う
d0025304_14571062.jpg

『Won't Get Fooled Again』 / The Who

We'll be fighting in the streets
With our children at our feet

俺たちは街頭で戦う
子どもたちも一緒に連れ出して




外国の音楽を聴く時、日本語しかできない自分のような人間にとっては、歌詞内容がまったく別のことを謳っていたとしても、自分の置かれた状況に無理矢理あてはめたり、またははなから歌詞なんて無視してメロディや楽器の響きだけでイメージ解釈をして、そこから大きな活力、希望、勇気をもらったりすることがままあって、便利というか呑気というかなんというか。
でも、それでいいんだよ!音楽を鳴らせ!!

東京在住で被災地の家族友人などへ物資を届けに行く予定があるのにラジオが入手できなかった人、またはハードコアに節電したいからラジオが欲しい、でも手に入らない!という人、僕ね大阪のママンから取り寄せたりして、もともと家にあった予備が一台あるのでお貸しします。
直接連絡か非公開コメントください(別に公開でもいいけど)。基本的には目黒区まで取りに来れる人がいいけれど、まあそのへんは、相談しましょう、そうしましょう。













『Won't Get Fooled Again』 / The Who
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-16 15:11 | 希望
ひとりよりも大勢がいいぜ!(参加者募集のお知らせ)
d0025304_13592126.jpg

3月19日(土)、芝生の上で過ごしましょう!(って人工芝だけど。。。)

東京のみなさん、いい加減買いだめ控えていますか?節電、しっかりしていますか?
仕事も学校も自宅待機となっているところが思いのほか多いようですね。
家にいたら、なんやかやと電気使っちゃうし、お腹へってなくても買ってある食料に手が伸びちゃうし、なんとなくTV観てると不安を煽られて、余震が来る度に叫びたくなっちゃうし、あんまり健全とは言えないですよね。
そんな時は外に出て過ごしましょう!ということで、今週は僕が所属しているフットサルチームで、ひとりで家にいたくない人を仲間に入れて活動しようと思います。
3月19日(土)飛田給にて、14時スタートで最低2時間、人数によっては延長も検討中です。
参加費は500円程度を予定。
活動時間は日が出ている間ですが、照明等で使用している電力は基本的には自家発電です。

チームにはこれまで、小学生〜40歳ぐらいまでの男女が参加したことがあります(現在のメンバー構成は中学三年生〜36歳までの男女)。
今回の活動は友人知人はもちろんのこと、まだ見ぬあなた、なんとなくブログ読んでるあなた、老若男女国籍経験不問です。
メンバー募集として参加者を募るわけではないので、完全初心者オッケー、完全運動音痴オッケー、散歩がてらピクニックがてら見学、青空の下で大声出したいから野次応援その他で見学参加、野球しかやったことなくボール蹴ってみたいから体験参加、ウイイレのあのプレーが本当にできるのか検証参加、などなど、あらゆる理由での参加オッケーです。この際冷やかし参加もオッケーです。途中参加、途中帰宅もオッケーです。

ビルのない場所で、息きらせて走って、大声出して笑って、汗まみれで思い切りシュート、それだけで、いろんなものが解消されると思いますよ。コート脇のベンチでお弁当食べるもよし、復興への貢献方法を話し合うもよし。

参加したい!という人、友人知人の場合はSNS(mixiかfacebook)経由か携帯メールで西島まで連絡ください。
おい、西島!おまえの連絡先なんか知らん、だってこのブログを読んでるだけなんだから、という人は非公開コメントで参加表明&連絡先を教えてください。こちらから連絡しますので。

なお、フットサル専用コートで活動するフットサルチームですので、サッカーをはじめとするその他のスポーツには対応できません。ある程度の人数に達したら締め切っちゃいますので悪しからず。



『クリア!』 / トータス松本

ひとりよりも大勢がいいぜ 泣くよりも笑えばいいぜ
さみしいよりハッピーがいいぜ 嫌いより好きがいいぜ

リアルよりロマンがいいぜ いいやリアルがいいぜ
小さいよりデカイほうがいいぜ デカイよりバカデカイがいいぜ








『クリア!』 / トータス松本
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-16 13:50 | 希望
闇を切り裂け、拳で切り裂け
d0025304_12255212.jpg

当ブログ、昨日ぐらいからアクセス数が増えています。
きっとこれまでよりも多くの人が読んでくれていることを願ってます。
というわけで、これまで通りの記事もアップしていきますが、復興に向けての記事を載せる場所として、“希望”という新カテゴリを作りました。被災地もその近隣地も大阪も沖縄も、北から南まで日本中の力を合わせるために。その一助となり力となることを常に考えていくためにも。

“希望”って、なんかの会報誌みたいな、なんかあれだから、カテゴリ名は途中で変えちゃうかもですが、まずは動こうということで。

一人でも多くの人の“希望”となれますように。



『花になる』 / 奥田民生

闇を切り裂け 拳で切り裂け それは誠 強い男
心無にして 光を背にして それが誠 すごい男

汗をふいて 涙ふいて ここまで来たんだぜ
夢がないと それがないと やってられないぜ


魂の男 野に咲く花になる

風を引き裂け 体で引き裂け 常に誠 頼りになる男

愛を抱いて 一人抱いて 叫んでいるんだぜ
愛がないと それがないと 生きていけないぜ

魂の男 太陽が照らす

汗をふいて 涙ふいて いつかなれるんだぜ
魂の男 野に咲く花になる 魂の男 太陽が照らす

最強の男に 究極の太陽に 魂の男 これからそう呼ぼう







『花になる』 / 奥田民生
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-16 12:33 | 希望
サムライソウル(いまこそ!)
d0025304_13162876.jpg

僕は“大和魂”みたいな感じの言葉って、普段はそんなに使わないし(ま、ふつうあんまり使わないか)、どちらかというとそんな気質も薄いほうだと思います。正直に言うと、“SAMURAI BLUE”にも若干の恥ずかしさを感じる瞬間があったりして。

でも、いまこそジャパン・プライド。いまこそサムライ・ソウル。
日本中の力を合わそう。

意味ないと思われるようなことでもやってみよう。
家人の実家は福島にあり、家族は避難所にいるわけではないけれども、やっぱり食料不足は深刻だそうです。大阪に母親がいる自分が、東京ですかすかのスーパーで我が家のためだけに買い物するなんてまったく笑えないので、ある程度の日用品や食料は大阪から送ってもらうことにしました。



世界中からのメッセージに思い切り泣こう、力いっぱいありがとうと笑おう。
世界が僕らを助けようとしてくれている。
もう少しの間、頑張ろう。必ず乗り越えられる。
いまこそ、ジャパン・プライド。

d0025304_13321466.jpg
『サムライソウル』 / ウルフルズ
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-15 13:35 | 希望
One Step Beyond...(いまこそ!)
d0025304_1523058.jpg

地震発生時は東京・祐天寺(の祐天寺カフェ)で打ち合わせ中でした。
僕は阪神・淡路大震災を経験しています(少し離れた大阪で、ですが)。
当時は大阪・守口市にある自宅のベッドの上でした。
大阪で感じた圧倒的な(ほとんど暴力的ですらある、実際に何かの攻撃かなんかかと思ったほどの)揺れと音と衝撃とに比べると、今回の東京で体験したそれは比較的余裕を持って堪えられる種類のものでした(もちろん、僕個人としての気持ちのうえでという意味において)。

あの大阪での経験があることもあってか、発生の瞬間からいま現在に至るまで、とても冷静な頭と心で過ごせています。

日本中で個人レベルでもなにかできないだろうかと、考え、呼びかけ、行動に移そうとしている人がたくさんいると思います。それは素晴らしいことだと思いますが、個人の力を集めて大きなうねりを作りだすためには、まずは自分のペースを乱さずにこれまで通りの(笑ったり汗かいたり楽しんだりの)人生を続けて、そのうえでできる範囲のことから始めましょう、始めよう。

まずは、(特に東京にいる人)ただなんとなくTVで情報を得ようとして、各方面の評論家の恐怖を煽るかのような予測情報を鵜呑みにしない分別を。
マグニチュードや震度の数値に惑わされないでください。あんなものは目安で、被災者にとってはどうでもいいことです。数値が低くても震源から近ければ大打撃だし、その逆も然り。地震発生地の家族親類・友人知人とは、根気強く落ち着いて直接連絡を取る努力を第一に。
食料の買い占めめいた行動も謹んで。だって大丈夫だから。いつも通り(よりちょっぴり節約気味)の買い物をして本当に必要なところのみんなの為にとっておきましょう。

Twitter(などのネット上の情報)も良し悪しで、デマや暇つぶしが氾濫していると思うけれど、そんなものは無視して適切な判断を。
例えば節電。大手飲食チェーンやコンビニエンスストア等に電力の無題使いだなどと批判の声をあげることは簡単ですが、それらが重要なライフラインであり、そこに足を運ぶことで勇気を得ることができる人もたくさんいることを忘れないで。今後はそれらの企業が被災地への食料供給の旗手ともなってくれるはず。いまは何かを批判する時ではなくて(この期に及んでネット上を殺伐とさせてどーするの!)、知恵を絞ってアイデアを出し合い、簡単なことからでもまずはやってみましょう。
本気で節電を考えるなら、それぞれの家で過ごすのではなくみんなで集まる、自家発電のマンション(ま、そういうのは高級マンションに多く、というかそんなに多くないだろうから、なかなかに難しいところではあるけれど)や公共施設やなんかに。ちなみに自分は昨日は味の素スタジアムの自家発電を使用しているフットサルコートで過ごしました(チームメイト全員がその間は電力消費ゼロというわけです。チームの代表は冷蔵庫すらオフにして、同居人も連れて来ていました。そして完全に溶けるであろうアイスクリーム)。貸し切り状態のコートで、ビブス組を主力チームとして組み合わせを試しながら、戦術含めて真剣に練習なんかしてみたり。
とにかく、TVに頼らない行動力と勇気を。

また、情報という点では、今後は、復興に向けた行動として、阪神・淡路大震災を兵庫で経験した人のTwitterがとても参考になり、力になるかもしれません。



それから。
原発関係者。
僕はお仕事で新潟・柏崎市と福島・双葉郡、それぞれの原発のPRに携わったことがあります。その時は諸々の関係者、様々な気持ちを抱える現地の人たちの話をたくさん聞きました。
現地の住人(もちろん、特に被ばくされた方やその近親者)をはじめ、全国民は情報や事情説明を必要としていると同時に、聞きたい一言があるのです。
原発が暮らしに有益なこともわかっているし、今回は天災なので予防にも限界があったこともわかっているし、種々の事情で軽々しくそれをその一言を口にできないこともなんとなく想像はつく。それでも、そのうえで、聞きたい一言があるのです。
とにかく、謝って。
“ごめんなさい”と。
その一言を求めている人がたくさんいます。
東京電力にも勇気を!



それではみなさん、復興と再起動にむけて頑張りましょう。
まずは、音楽をかけろ!ロックをソウルを、希望の調べを!!
(ラジオ、FMいま良いですよ。勇気を与えてくれる音楽と出会えるはず)



いまこそ、いつも通りに生きよう。
笑って、知恵と勇気を持って復活の第一歩を踏み出そう。




2001年9月11日、ブロードウェイ全劇場休演。

2001年9月12日、ジュリアーニ市長が呼びかける。
「ブロードウェイの灯を消してはならない」

2001年9月13日、ブロードウェイに灯が戻る。
「ショウビズの世界では、
 こういう言い方をする。
 ショウは続けなければならない」

 ―――セント・ジェームズ劇場支配人ロッコ・ランズマン



The show must go on.

The sun also rises.

Well listen buster, you better start to move your feet
One step beyond!

We'll never walk alone.




『One Step Beyond...』 / MADNESS
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-13 15:15 | 希望
止まらないHa~Ha
d0025304_16202832.jpg
d0025304_16195638.jpg

3/5、土曜日、Jリーグ第1節、鳥栖戦、アマスタ。

シーズン初ゴール、決めた!
達也(谷澤のほうの)!!
ヤザー!!!
T.YAZAWA!!!!!

馬場憂太の空けた心の穴をうめてくれるのはこいつしかいないと、勝手に“マイボーイ”扱いし期待しまくり、背番号39じゃなかったらユニフォーム買おうかぐらい思っていたので、平山には悪いけれど谷澤のゴールでよかった!噂通りのキャラクターも最高で、一気にファンの心を鷲掴みで早くも“俺たちの谷澤”です。

そして、久しぶりに同じリーグで戦うことになった緑を強烈に意識し、J2楽しもうぜ!ふうのゴール裏、谷澤のゴールに「♪決ーめてくれ、ヤザー」、ドゥービーブラザーズ従えての『止まらないHa~Ha』ばりの楽しさ。ゴール裏も10年前のノリが戻ってきていて、今年は楽しい予感です。スカパラも今まででイチバンよかった!踊り狂いたい衝動を抑えつつ『DOWN BEAT STOMP』でした。



がしかし、次の日フットサルの練習で連日の飛田給、テレビで中継を見たらしいチームメイトから「あれ大丈夫なの東京?負けかけてたよ?」の声がちらほら。
正直に言おう、完全に負けかけてました。いやあ、焦った。でもね、やたら怪我人多いしね、60%ぐらいの仕上がりのチームだから、じっくりいきましょう。まだまだ高橋には荷が重いってのは本人にもチームにもよくわかっただろうから、次節以降は中盤の構成がけっこう変わると思うしね。当分はそんなに強いとことの対戦がないので、あと1ヶ月かけて実戦の中で悪魔の強さを醸していけばいいんじゃないでしょうか。



まあ、のんびりいきましょう。
ひとまずは、“スタジアムのある生活”が戻ってきた喜びを胸に。

d0025304_16533817.jpg
『止まらないHa~Ha』 / 矢沢永吉
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-07 16:54 | FC東京/サッカー/フットサル
スタジアムへ行こう、2011年も。
d0025304_18521216.jpg

今年のJ1は、やっぱり大阪の2チームに注目やで。
青か桃色どっちかを応援しようと思ってます。
やっぱり、西の人間やさかい、J1に用事のない今年は、ここはひとつ無理矢理にでも贔屓のチームをつくってやるんじゃい!
どっちにするかは開幕ダービーの感じ見て決める、もしくはどっちも頑張れぇふうの西のおばはん的なスタイルでそれぞれに注目してけつかる(←使い方間違ってる)。
それにつけても、ピンパォンって!面白い響き。

ところで、千葉のあたりにもの凄い背丈の大きな選手がいるらしいですね。
開幕前のエルゴラッソが悪のりしてバカバカしくもでかでかと煽ってくれてます。
この写真から察するに、彼だけは徒歩で遠征に行ってますね。「ふわぁ〜あ、思ったよりも早く着いたなぁ〜。この樹おいしそうだなぁ〜」とかなんとか言って。
このように、エルゴラッソがたまにトライする楽しげなレイアウトや合成は、どことなく雑誌『映画秘宝』のセンスに近いものを感じて大好きです。(ただ、一面の写真がバシッと決まった時に、つらつらとその理由や意図を書き立てるところは格好悪いと思います。そんな言わなくったって良い写真なのはわかるから!)
それにつけても、オーロイって、、、愚鈍な響き。



そんななんやかやで、気を紛らせてますが、頭も心も東京のことばかり。
いよいよ、あと十数時間後にはキックオフ。

スカパラが来るのにナオが出るかどうかは微妙って、そこをなんとか。
確実にスタジアムを湧かすことができる選手なんだから。ちょっとだけでもお願い。

そんなこと考えてたら、今日寝れるかどうか心配になってきた。(←遠足前日症候群)

過去記事、『DOWN BEAT STOMP』って、2年前のやつ。これ意外と名文。(←遠足前日症候群。症状としては過剰な興奮と勘違い)



『スタジアムへ行こう』 / 東京スカパラダイスオーケストラ
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-04 23:08 | FC東京/サッカー/フットサル