<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
WORK
d0025304_19593262.jpg
d0025304_19591150.jpg

職人監督(もちろん良い意味で使ってます)といえば三池崇史、またはジョニー・トーの名前が真っ先に浮かぶあたり、なんともチンピラ映画が好きなのだなとすぐばれる感じが恥ずかしくもありますが、洋画の職人監督といえば、特に80年代に映画人生がスタートした自分のような世代の人たちにとっては、それはまさしくスコットさん家の上のおふたり、リドリー&トニーです。『エイリアン』や『ブレードランナー 』でSFの洗礼とこっそりアートや文学の種を植え付けられ、『トップガン』でアメリカ軍隊への、あくまでもファッション的な意味合いでの憧憬を(不覚にも)感じ、『トゥルー・ロマンス』で大人になったわけです(←なんで?まあ、なんとなく)。

今年はしょっぱなからこの兄弟の新作がそれぞれほぼ同時期に公開中とあって(お兄ちゃんのほうは昨年末からの公開)、わりと立て続けにぽんぽーんと観に、あ、ついでだからってんで三作目以降は見事に職業監督街道まっしぐらのF・ゲイリー・グレイ(デビュー作の『friday』の呑気な感じがけっこう好きでした)の新作もと、ぽんぽんぽーんといってみたわけです。

まずは、『アメリカン・ギャングスター』、『ワールド・オブ・ライズ』と立て続けにめちゃくちゃ面白かった(特に後者、ディカプリオ最高!)御大リドリー・スコットの『ロビン・フッド』。イングランド好きにとっては熱い話で痺れましたが、ラッセル・クロウが大好物ってわけではないので、いまいち移入できず。それにつけても、リドリーさんはラッセルさんがよっぽど好きなんですね(4本連続出演中!)。

次に、『スパイ・ゲーム』は良かったけれど、いまだ『トゥルー・ロマンス』や『クリムゾン・タイド』 を超える作品がない(ような気がする)トニー・スコットの『アンストッパブル』。劇場ガラガラだったけれど、非常に面白かった!自分の精神状態によるところも大きい気がしますが、絶望的な状況に立ち向かうベテラン機関士と新米車掌の男二人の姿に妙に感動しました。デンゼル・ワシントンは流石の存在感で、美味しいところもっていくクリス・パインもそこはかとない悲哀があって良かったし、あと、クルマかっ飛ばして二人をナイスアシストする溶接工のおっさんがカッコいい。ロックンロール。
デンゼル・ワシントン、かつてはスパイク・リー映画の印象が強かったけれど、いまやスコット兄弟に引っ張りだこ。それにつけても、トニーさんはデンゼルさんがよっぽど好きなんですね(3本連続主演中!!)。

最後に、『完全なる報復』なんていう面白くも何ともなさそうな邦題がつけられてしまったF・ゲイリー・グレイ新作。これはここ数年けっこう流行ってるヴィジランテものの中でも、その復讐の計画や手段がいちいち複雑で執念深く、突っ込みどころ満載過ぎて細かいことはどうでもよくなり、妙な緊迫感を楽しめてしまうという不思議な映画。しかもその処刑の手口が下手なホラー映画よりもゴアで、うっかり観に行ってオエっとなった人もけっこういるんじゃないでしょうか。スプラッタ、スラッシャー育ちの自分はそういうの大好物なので楽しかったです。『完全なる報復』に関しては、そのテーマ性に深遠なものを感じ、いろいろ考察している人もちらほらいるようですが、うーん、、、自分はまだその域には達していない。というかね、、、ゴチャゴチャうるせぇんだバカっ!(←と、ここは町山智浩ふうに声に出して読むと楽しいはず。町山智浩さんのポッドキャスト最高!)

職人監督の映画は、まずは楽しみましょうよ。ねえ(といいつつ深読みも好きな自分)。



『WORK』 / Ciara featuring Missy Elliott
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-13 21:47 | 映画/お芝居
ベステンダンク
d0025304_19315370.jpg

所属フットサルチームのエース、Tくん。
彼のゴールの大半は(っていうのは言い過ぎだけど)自分のパスから、だと自負しています。
お互いに目線や身体の向きで狙い所、決め時がはっきりわかる、かなり相性のいいチームメイトです。そして彼の決定力のおかげで、自分までもがチームに大いに貢献しているという実感を得られるというありがたい存在。
もちろん彼だけではなく、他のチームメイトのサポートもあって、なんとかピッチに立つことができ、その結果としてキャプテンに(正式に)任命されました。

先日の練習前に30分早く来てくれと、チーム代表からのメール。よぎる不安。説教かなぁ(心当たりがしっかりあるところが何とも情けない)。結局それはあっさり杞憂に終わり、あらためてキャプテン就任の要請とそれに伴うチームの方針とキャプテンとしての役割の確認。趣味、遊びでやっていることとはいえ、なんというか、身の引き締まる思い。自分のようなドリブルのできない、守備も甘い、そのうえごくたまに相手チームと揉めたりなんかもする未熟者にキャプテンを任せてくれるなんて、なんて器の大きな代表だ(実はこの短気な気性にセーブをかけるための措置だったりして)。

とにかく、チームメイトに支えられフットサル歴10年目を迎えます。
右足首の捻挫もあともう少しで完治する感じ。
シュート精度は落ちる一方ですが、Jリーグが始まれば、それがイメージトレーニングとなりまたネットを揺らしまくる日がやってくると思います (東京の出来不出来如何によっては残ない醜態を曝す可能性もありますが)。
そんな自分を活かしてくれるClub Footのメンバーみんなに“ベステンダンク”。



『ベステンダンク』 / 高野寛
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-12 13:01 | FC東京/サッカー/フットサル
ろくでなし
d0025304_21235425.jpg

池袋って演劇観に行く以外にはあまり用がなくなっちゃったなぁ。。。って、まあ、もとからあんまり行かない街ですが。
個人的に若干切なくも大切な思い出のある東京芸術劇場 へ。“三谷幸喜50歳記念「大感謝祭」”の一本目『ろくでなし啄木』です。ところでこの“三谷幸喜50歳記念「大感謝祭」”ってどれぐらい認知されてるんだろうか???という疑問とともに、加藤ひさしって三谷幸喜より年上なんだ!!ボビー・ギレスピーって三谷幸喜のいっこ下なんだ!!!!というどうでもいいことに驚きを隠せない自分。



今はもういないひとりの男の思い出を語る男女。
過ぎてしまった、でもいつまでも心の片隅に引っかかる一夜の出来事。

時はさかのぼり、とある温泉宿、ふたりの男とひとりの女、奇妙な三角関係。
それぞれの思惑とそれぞれの嘘、誰が誰を騙しているのか、何が真実で、何が嘘か?

そんな一夜の物語、三人がそれぞれの真実を語る。
最後に語るのは、石川啄木。



というようなお話(すみませんね、なんか手抜きというか、わかるようなわからないような雰囲気をふぁっとつかんでるふうの紹介で)。

客入れの場内アナウンスも含めて、笑いはひじょーにオーソドックスで、ベタなネタ連発で、年配の人には大ウケという印象。まあ、僕も笑うには笑うんだけれども、あまり笑う精神状態じゃなかったのか、そういうのを必要としていない身体のリズムだったのか、いろんな笑いよりも何よりも、藤原竜也というか竜也啄木に惹き込まれっぱなしでした。

一幕目で思いがけず涙がこぼれ、まずいなこれと思ってたのに、どんどんどんどん竜也啄木に吸い込まれて気がつけば放心状態。もちろん役者・藤原竜也の素晴らしさがそうさせたというのが実際のところだとは思うんですが、『ろくでなし啄木』で描かれる石川啄木にものすごーく共感したというのもあるような気がします。いや、共感してしまったんです。朝陽を浴びて、あるひとつの結論というか、新しい道を歩き始める啄木の姿は涙なしには見れませんでした。最初から最後まで竜也啄木に取り憑かれてたような、そんな三時間弱。これ、『ろくでなし啄木』って冠されてるぐらいだから、本当に“ろくでなし”な石川啄木が登場するので、それに共感ってどうかと思いますが、まあしょうがない。あそこの気持ち、あの思い、あんな態度、そういった細かいところを挙げていくと、僕自身の恥部を曝すことにもなりかねないので、そのあたりはそっとしておきます。



それにしても、藤原竜也は凄い。舞台を観る度に全身で感動する。(映画の藤原竜也も違う意味でスゴい。全身でずっこける)
今回の『ろくでなし啄木』でも、クライマックスにはまるで『身毒丸』みたく恐ろしい存在感で舞台を完全に支配しちゃいます。凄いねー。役者を目指す若い人は観ないほうがいいかもしれない。勝てないと思い知らされて、その魂にぶん殴られるだろうから。



と、ずいぶん大仰なこと書いてますが、『ろくでなし啄木』、クライム・ミステリーと銘打たれているものの、やっぱり思い切りコメディです。大笑いして観るのがイチバンかと。



『ろくでなし』 / 越路吹雪
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-09 21:18 | 映画/お芝居
かけら
d0025304_2019773.jpg

アジアカップやりましたね。嬉しいですね。
コンちゃんの試合中ベンチに向かっての「ん?なに?ボランチ?あー、無理無理。それは今は無理ッ!!」ってのがかなりツボでウケまくりました。(←もちろん、実際にはこんな言い方ではない)

今日は細々したお仕事の合間をぬって過去の制作物のデータ化のために、パンフレットや広告物などの複写をしてました。

で、そのまた合間にフェイスブック上で写真の整理をはじめてみました。

“Facebookを利用していない人も下のURLからこのアルバムを見ることができます。”というふうに表示されていたので、URLを載せてみたり。

http://www.facebook.com/album.php?aid=22325&id=100001799437414&l=9b94be12a7

ちゃんと見れるのかな。。。



『かけら』 / 三上寛
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-02 20:24 | 日々