<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2009.7.17 『Birthday』
d0025304_103380.jpg

2009.7.17

今月誕生日を迎えた友人三人のバースデー・パーティー。出かける直前までプレゼントをラッピングしているというバタバタぶり。プレゼントを新しい紙袋に入れると、空いてるスペースにすかさず飛び込むジェニィ。あーあ、毛が入ってしまうよ。コラコラと追い出して一息ついてから、渋谷へ出発。まるで『セント・エルモス・ファイアー』(これが良いのか悪いのかは別として)のような一夜は、デモデクイーンで朝を迎えるまで続きました。喋ったなぁ。



You say it's your birthday
It's my birthday too, yeah
They say it's your birthday
We're gonna have a good time
I'm glad it's your birthday
Happy birthday to you



『Birthday』 / THE BEATLES
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-22 10:08 | 日々
女たち
d0025304_11411930.jpg

七里ヶ浜にて。
このあと一年ぶりにガラスアーティスト・ヨーナスさん家に行って、作品を見せてもらい、表現者としての生活の理想を語らい、夜はんどころを教えてもらいました。
一年前と同じく、突然押し掛けたので、今回は自分の敬意を蕎麦のお土産で表現。まじで美味い、なかむら庵の蕎麦。

さっきテレビで七里ヶ浜が映ってた。今日は天気良いみたいなので、ふらっと行きたいなあ。つっても今日準決勝あるから無理だけど。あー、テンションがあがってきた!今日は仕事終わりにしようか。(←早い)



ところで、昨日の長谷川穂積、美しかったなあ。
左ストレートから右フック、むちゃくちゃ速い。芸術だ。



『女たち』 / 曽我部恵一ランデヴーバンド
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-15 11:38 | 芸術/デザイン/その他
Sit Right Down
d0025304_13554688.jpg

梅雨明けたから、部屋に響き渡る音楽も一気にわかりやすく、今日はまずトゥーツ&ザ・メイタルズ。

メイタルズといえば、ハーダー・ゼイ・カムの『Pressure Drop』、もしくは俺やお前らのようなパンクロッカーには『Pressure Drop』のクラッシュカバーで跳ね回ったなあ、というのが最初の出会い、のような気がしないでもない。
いま肌を焦がすぐらいに鳴り響いているのは『Funky Kingston』。
超ソウルフル。
馬鹿みたいな音量で、体感温度は44度。なんか仕事がはかどっているのか滞っているのかわからなくなってきます。でも気分は爽快。

『Funky Kingston』はUK盤とUS盤で、印象が全く違うやっかいなアルバムで、そりゃそうさ収録曲が半分以上違う上に、どちらも1曲目が強烈に良い、だからそれぞれの印象が強く残る。
うちにあるのはUK盤だから『Sit Right Down』で黒く突き抜けて身体が揺れる。太陽と音楽と汗。

US盤は『Time Tough』で黒くうねって身体が熱くなる、なんか蹴っ飛ばしたくなるね、ドアとか。
こないだまでやってた『This is England』のオープニングが『Time Tough』で、そりゃもうタフでめちゃくちゃかっこ良かったです。

というわけで、どっちもおすすめ。



『Time Tough』 / Toots & the Maytals
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-14 14:00 | 音楽
Imagine
d0025304_14271542.jpg

7/12、日曜日、Jリーグ第17節、名古屋戦、アマスタ。



You may say I'm a dreamer but I'm not the only one.



“イメージの男、石川”。
昨晩、家人がかかっているからしょうがなく見ていたと思われる『やべっちFC』のナオ特集の後、ぽつりとつぶやいた。鋭い。というか、わかりやすく「オフサイド?なにそれ?」と言ってしまうぐらいサッカーのことを知らない彼女のような人にさえ、“イメージの男、石川”なんて言われちゃうほど、今のナオのキーワードは“イメージ”なわけで、本人やたらに“イメージ”発言連発。今年の流行語大賞。



あまり調子が良くないとはいえ、名古屋は強豪なんだから、今日勝ったらいよいよ本物だな、でもまあ普通に勝つような気がするんだよなあ、うちには日本一の18番がいるし。なんてぼんやり考えながらキックオフ。
試合開始前のナオポジション観戦ソシオSちゃんからのメールにあった、“ナオさん今日も決めてくれる気がします(ここで絵文字、もちろん動く)”、これはスタジアムにいた2万何千人かの共通イメージだったはずだけれど、みんなそう思っていたんだけれども、それにしても、早ッ!決めるの早ッ!スイッチ入るのも走るのも足の振りも速ッ!見たかイメージ。
2点目は昔懐かしのナオって感じで、あれはあれで爽快だ。見たかイメージ。

東京と名古屋は美しくつなぐサッカーがとてもよく似ていて、しかも瞬間的にはやっぱり名古屋のほうが上手いかなあというさすがのパス回しで、向こうにナオと平山と羽生と梶山と今野がいたら(それはもう名古屋ではない、東京だ。けど)ちょっと凄そうだなあと思いつつも、なんだか負ける気がしない。

ナオと今野の充実ぶりはちょっと気持ち悪いというか怖いというか、あれどっかに原作者いるでしょう?集英社かフジテレビ出身の。それぐらいわかりやすく凄い。

平山のあの感じ、好きだなあ。これぞポストプレーというね、あれ。

ボランチコンビ、梶山はフットサルの時密かにお手本にしています。ぱっぱ、ぱっぱ、ぽんぽんやるあの感じね。(←なんかとても大阪の人間的表現ですみません)米本、頑張ってるねー、だからこそもっと頑張れ、と言いたい。攻撃を、キックを。ちょっとまだ危ういわあ。

タツヤ、未だにレンタルってのが理解できない。完全に東京のサッカーに向いてるでしょう彼。リードしてる状態で、サリやジョーをクローザーとして投入するのではなく、タツヤや赤嶺を、とどめを刺して試合を終わらせる、攻めるクローザー。最高。

ソウタン、彼さあ、ちらほらと噂にはなってるらしいけれど、走る姿、ドリブルのシルエット、相手からしたらイラっとするであろうプレー、全体的に愛しのユータに似てない!?絶対似てるよユータに。スゴい好き。

カボレが物足りなく感じるぐらい(実際物足りないという情報あり)、今の東京は充実してるので、今週末ナビスコカップ決勝をやりましょう。という提案。



『Imagine』 / John Lennon
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-13 14:28 | FC東京/サッカー/フットサル
サンシャイン・ラヴ
d0025304_11533541.jpg

まだ梅雨ですが、東京って雨少ない。10年以上住んでいて最近気づいた。
雨降り、わりと好きなので、土砂降りだとテンションがあがってしまうタイプなので、少しく寂しい。
でもまあ、お陽いさんがかぁーッ!というのも大好きだから、どうせなら死んでしまうぐらい照ってくれると嬉しい。そんな暑い夏になるとなんでか聴きたくなる曲って山ほどあって、今日は朝からクリーム。お前何歳やねんという感じですが、好きなんだからしょうがない。
雪駄ちゃらちゃら、汗だらだらで近所を散歩。
そろそろお昼ご飯です。



『Sunshine Of Your Love』 / Cream
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-11 11:50 | 日々
鎌倉グッドバイ
d0025304_19371910.jpg

にわかに石川直宏応援ブログのようになってしまっていますが、まあいいでしょう。
今週はエルゴラも東京の比重が高く、とても嬉しい一週間でした。

ひと月前の鎌倉散歩の一コマ。
ディモンシュにて。
一番濃いぃ珈琲を飲みながら、ぼんやりしたのでした。
そろそろ人でいっぱいになる時期かな鎌倉。人の多い、夏真っ盛りに行ったことないから、どれぐらいのものか知らないんだけれども。

夏の終わりぐらいまで、グッドバイ。



『鎌倉グッドバイ』 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-10 19:38 | 日々
DOWN BEAT STOMP
d0025304_953349.jpg

7/4、土曜日、Jリーグ第16節、神戸戦、ホームズスタジアム神戸。

オールスターのメンバーが発表されましたね。
どこぞのブラジル人が中心になって選んだようですが、ナオとゴリラが選ばれていない。オールスターになんか出てほしくないからいいんだけれども、「なんで選ぶんだよ〜!怪我でもしたらどうするんだよ〜!!オジ〜!!!」と怒る準備をしていたので、もっすごい肩すかしです。
あの人FC東京のこと嫌いか、逆に好きか、なんにせよ何らかの意識してるだろう、絶対。
まあ、いいけど。



7年前の駒沢、某マリノスサポーターも駆けつけた東京デビュー戦。
いい選手だからよろしくね、とレンタル元サポーターから愛されている選手を借り、若手らしいけれども、どんなやっちゃ?とよく知らないままピッチで出会った石川直宏。なんかもの凄い足速い。速いといったら戸田だろうという認識だった僕らの目の前で、ぴょんぴょん飛び跳ねるようにピッチを駆ける石川直宏。あっという間にキーパーと1対1。どかんとシュートと思いきや、思わせきや、ケリーにラストパス、トーキョーワッショイ。足が速くて、いいやつ、というのが石川直宏の最初の印象。そして爽やか。
足の速さと同じぐらい一瞬で僕らと婦女子の心をつかんで、あっという間に“俺たちのナオヒロ”に。それからの数年間は凄かった、キュンキュンにキレキレだったなぁというイメージ。
日本平でのみんなびっくりの2ゴールをはじめ、ナオのゴールにはインパクトの強いものが多かったし、加地と組んだ右サイド、トーキョー2弾ロケットは走力と爽やかさでは文句無しに日本一だった、ような気がする。こんなこともありました、僕らのフットサルチームが練習しているコートにふらりとやってきて、サイン会を開いてくれたりして、女性プレーヤーはみんなメロメロでした(この日寝坊した僕に「ナオがいるよ!もうひとりなんか若いコもいる」と興奮メールが届きました。その若いコは後の柏・忠成)。

東京の牛若丸って感じだったナオ(って、牛若丸についてはよく知りません、あくまでもイメージ。なんかひらりと舞う感じ)。

それが、、、いつからか、シュートは枠に飛ばないわ、クロスは誰にも触れない高さで逆サイドラインまで飛んでっちゃうわ、ドリブル突っかけては転ぶわと、なんか様子がおかしくなり、正直心が離れた時期も結構ありました。ボールが右サイドに展開されると、あぁ、ナオだ、ダメかも。。。のような。

でももう大丈夫。
去年の完全復活、そして進化、本人のコメントにも“イメージ”という言葉が多く登場するようになり、大人なモダンフットボーラーとして東京を引っ張ってくれている。
足が速くて、いいやつで、イメージ通りで、大人なナオ。
東京の義経って感じのナオ(って、義経についてはよく知りません、あくまでもイメージ。なんか大人になった牛若丸って感じ)。

神戸戦でも、ごちゃごちゃ囲まれながらひらりと舞ってズドンと決めてくれました。
神戸のDFの人、ダメだよぉ、彼いま決める人なんだからぁ、もっと囲まないとッ!ツネ様なんてただカッコいいだけだったし。。。
もう恵比寿フットニク大爆発でした。
ゴール後エンブレムにキッスするナオ。
エンブレムになりたい婦女子、推定8000人。男子、推定12000人。

得点王とMVP目指したれ。

d0025304_8533925.jpg

『DOWN BEAT STOMP』 / 東京スカパラダイスオーケストラ
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-09 08:58 | FC東京/サッカー/フットサル
明治通りをよこぎって(Tokyo Mods Forever Mix)
d0025304_8251291.jpg

6/27、土曜日、Jリーグ第15節、清水戦、俺たちのコクリツ。

またもやイメージ通りゴラッソなナオ。

モダンフットボーラー、ナオ。

というわけでナオはモッズ。東京の試合の日はモッズメーデー。(←無理矢理)

とにかくもの凄いゴールやった。



『明治通りをよこぎって(Tokyo Mods Forever Mix)』 / THE COLLECTORS
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-09 08:28 | FC東京/サッカー/フットサル
イメージが大切だ
d0025304_12203077.jpg

6/20、土曜日、Jリーグ第14節、柏戦、日立柏サッカー場。

毎年言ってるような気がしないでもない、反撃の夏。春や初夏はダメだということだ。まあ、それはそれとして。
柏の夜のブルーノとナオの長いワンツーは素晴らしかった。ワンツーの距離が長いということはそのプレーでかわされる、抜かれる、裏を取られる、追い越される選手が多いということで。あの瞬間はブルーノとナオのイメージだけがぴったりと合わさり、鮮やかな絵を描いていた。

自分自身、週末はフットサルプレーヤーとして、そしてもちろんお仕事では常に、そりゃあもういやというほどにイメージというものについて、意識したりひねり出したり伝えたり引き出したりと、わりと日常的にイメージの大切さを感じて生きているつもりですが、目の前で完璧なイメージを描き出されることの刺激的なことといったらもう。
サッカーを観る、スタジアム、サッカー場へ通う喜びはこんなところにもある。

いろいろなものへの活力をもらった夜でした。



キャプテンマークもありかも、なナオ。

d0025304_12293256.jpg

『イメージ』 / THE BLUE HEARTS
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-08 12:28 | FC東京/サッカー/フットサル
He comes with the glory
d0025304_11534911.jpg

6/13、土曜日、Jリーグナビ杯予選第7節、清水戦、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場。

愛車(高級自転車、チネリ乗ってます。と言っても、ブートレッグシリーズの一番安いやつだけど。。。)で15分ほど。近所でサッカーってのもいいんもんです。

ナオ、大人っぽい左足シュートの熱い一日でした。権田が守護神になった日でもある。

camoとハンバーガー食べながら友人達の7月の誕生日の打ち合わせをして帰りました。



『He comes with the glory』 / 小坂忠
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-08 11:55 | FC東京/サッカー/フットサル