<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Bonehead
d0025304_8421852.jpg

失礼いたしました。土曜日の朝っぱらから何を聴いておるのだとお叱りの向きもあるかと思いますが、ジョン・ゾーン先生のNaked Cityというドバン。『Grand Guignol』という作品。叫んでいるのは関西人。我らの郷土から生まれた世界的ミュージシャンです。
破壊的で刺激的で恐ろしかったり美しかったりと混沌としていますが、ライブ映像を観た時は衝撃を受けました。ジョン・ゾーンはその音楽世界を整然とした論理に基づき緻密に構築していると教えられてきた(誰にだ)ことが事実だったとわかったから。ジョン・ゾーンは終始人の良さそうな楽しげな笑顔で、ステージ上の音は金切り声さえもタイミングが計られていてすべてがコントロールされていた(ように見えた)から。
昨日観た映画がずっと心を揺さぶるので3時過ぎまで寝れず、寝たと思ったら6時半には目が覚めてしまったので、焼き飯の朝食をとりジェニィと少し戯れディアを送り出したあと、映画を反芻しつつ聴いてます。Naked City好きの青年が主人公だったから。

あ、当ブログで音楽や映画、その他の記事を読んで、どれどれ、試してみるかと手にとっている人がいるのかいないのかわかりませんが、Naked Cityを軽い気持ちで購入、再生、当惑、憤慨、当ブログへ苦情のコメントという流れはやめて下さいませ。禁止です。

ホントにね、ライブ観ればわかるけれど、芸術的ですよ素晴らしい。



アルバムタイトルの“グラン・ギニョール”って、グロテスク、スプラッタ風味の見世物小屋的な芝居のこと。昔の話なので、もちろん観たことないけれども。グラン・ギニョール劇って一度でいいから観てみたいなぁ。どうにかして観れないのだろうか。どっかでこっそりやってるんじゃないのかな。フランス通の人教えてちょーだい。



『Bonehead』 / Naked City
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-10 08:55 | 音楽
涙のhappy new year
d0025304_17271974.jpg

今年は、約20年ぶりぐらいに年賀状を書きました。プロになってからお仕事以外で年賀状を作るのは初めてのことで、オーダーのない不自由さを骨身に沁みながら、今年もいろいろなオーダーをもらえるであろう(←願望)幸せに感謝しつつ、流れ出る鼻水と痛み続ける喉を堪えながら作ったら微妙に暗いものができました。完成して、お世話になった人の住所を書いて切手を貼って投函して、ふと気付く、普段よく会う友人知人の住所をほとんど知らなかった。。。もしくは、聞いたはずなのに紛失、失念しているという馬鹿野郎。。。これからはみなさんの住所もしっかり控える大人になろうと思います。

というわけで、未だ届いてない人は手渡し、もしくは住所聞きだして投函、桜咲く頃になんやこれなんか来た、ということになると思われます。

2009年、一週間を過ぎ、なのに調子の出ない冬の夕方。
今日はお好み焼きを食べに行こう。



『涙のhappy new year』 / 沢田研二
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-08 17:15 | 日々
七里ヶ浜スカイウォーク
d0025304_22183562.jpg

エンジンぷすぷすいわせながらも、なんとなく仕事始め。
昼間ついつい映画観てしまうなど、寄り道しつつぼんやりと日常が戻ってきました。あー、寒いのがめんどくさい。暖房で頭ぼーっとするし喉渇くからと、つけないでいると寒い。毛布にくるまってベッドに寝転べば暖かいんだけれども、お仕事が。。。PCに向かうとほらやっぱり寒い。あー、めんどくさい。



あー、暑い海に行っちまいたい。と愛用の海のビアグラスを眺める。これは鎌倉の七里ガ浜で活動しているガラス・アーティスト、賀来ヨーナスさんの作品。

去年、何かの雑誌で見かけて綺麗な作品だなもっと観てみたいなとふと思い立って、ヨーナスさんのアトリエに押し掛けてみたんですよ。家の前まで行って電話してみたら、とても丁寧な対応のヨーナスさん。

「自宅で作品見ることができるので、いつでも見に来て下さいね」
「あ、ホントですか。実はいまお家の前にいるんですけど。。。」
「うそ、ホントぉ、じゃあ裏まわってよ、そこでいま作業してるから。すぐ終わるし見ながら待っててよ」
「うわ、なんかスミマセンいきなりやってきてー」
「全然オッケー、波乗りやるの?アーティストなの?」
「いえいえ、波乗りはやらないんです。でも、アーティストです」

(以上一部創作)



結局、アトリエ見せてもらい、ギャラリー兼リビングにお邪魔して、キュートな奥さんにコーヒーやらケーキやらお菓子やらをごちそうになり、創作についてやアートで生きることについてや鎌倉で暮らすことなんかのお話を聞いて、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。迷惑だったんじゃないかなぁといまだに不安に感じるぐらい長居してしまった。。。しかも、売り物じゃないカラーリングのものを無理に売ってもらってしまいました。いきなりやってきたこいつらは何者だ?とは思わなかったんでしょうかね。。。たぶんあんまり思ってないだろうなぁ、奥さんも。普通に迎え入れてくれたもんなぁ。

突然の訪問者に対して、全然余裕なうえに、いろいろとワガママを言わせてくれる雰囲気がヨーナスさんにはあったのです。
気楽にいこうよ、楽しくいこうよ、っていう空気。
こういうのって口に出して言う人はたくさんいるんだけれど、“気楽にいこうよ”を身にまとってる人は意外と少なくて、ヨーナスさんのレイドバックな波長に僕はもうね一瞬で、うわ、いいなぁこの人と思ったわけです。



今年も遊びにいきたいなぁ。来月あたり行こうかな。



明日も寒いだろうけど、気楽にいこうよ。



『七里ヶ浜スカイウォーク』 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-05 22:28 | 芸術/デザイン/その他
Maybe Tomorrow
d0025304_1692271.jpg

元旦は天皇杯のあとヒルズへ。映画館でうたた寝。何を観たかは置いといて、2年連続でハズレを引き当てる不運を嘆く。体調中途半端なまま。



昨日は相変わらず具合悪い身体でだらだら、ジェニィと一緒にひたすら眠る。
夕方起きだして渋谷へ。
資料数冊、『すべらない話』、古井戸『酔醒』、LAZYgunsBRISKY『quixotic』、宮沢章夫『アップルの人』購入。
タワレコのレジの人、大阪府放出あたり出身(と勝手に想像)のレジの人、僕が普段からわりと関西弁なものだから、それに気付くやいなや、思い切り関西弁のイントネーションに変わる。そういうことってよくありますよねえ。関西じゃない人にもそういうことってよくあるんでしょうか?

仕事帰りのディアとツタヤで合流。
ドラマ数本、映画数本、CD数枚レンタル。帰りしな『サカつくDS』売っぱらう。
だるい身体で『LOST』観ながら眠。
暴れだすジェニィ。



相変わらず体調微妙なまま1月3日。
The Chordsを大音量。
高校サッカーをテレビで流しながら。
来シーズンから東京に来る田辺草民チェック。会場には城福さんの姿も。
田辺草民すごくいい感じ。昨日も今日も得点、丁寧なアシストも見せつつハットトリック。これは楽しみだなぁ。



はぁ、そろそろ仕事再開しないとなぁ。
明日提出のがひとつあったなぁ。
あ、ジェニィが起きたよ。

d0025304_16112552.jpg

『Maybe Tomorrow』 / The Chords
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-03 16:04 | 日々
2009.1.1 『Time For Action』
d0025304_1745688.jpg

2009.1.1

キックオフ直前ですが、あけましておめでとうございます。
自分たちが決勝に出るつもりだったので、柏側で観戦です。

同じように東京こそが元旦にカップを掲げるんだと、チケットを手にして疑わなかった人がちらほら。ただね、自分は東京サポーターとしてではなくてサッカーファンとして席に着きました。それが礼儀だと思ったから。平然と東京グッズを手にして席に着く人が何人かいて残念な気分。そりゃね、バックスタンド、SA指定だからさ、絡まれることはないだろうし、東京を愛するがゆえのことなんだろうけれども、最低な奴らがいたもんだ。少しでも中途半端な態度しやがったら俺がいったるぞ、ボケ、いてまうぞボケカス、フリーランスの大阪人なめんなよアホが、殺すぞ、と臨戦態勢、いつでもレディーゴーな2009年の始まりです。



でも実際、いつものように(?)僕がいってしまっていたら、大阪語丸出しなので、周りの人にはチケットのカテゴリーを間違って買ってしまったガンバサポーターが暴れだしたと思われたでしょうねぇ。



ま、とにかく、東京ファンのみなさん、今年も戦うのは我らがカーサ、そして敵地に乗り込んだ時だけにしましょうね。
というわけで、仁義を胸に、優勝目指しましょう。



『Time For Action』 / Secret Affair
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-01 14:02 | 日々