<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
31 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
今日のドット。



高崎のホテルのウェディングプロモーション案と、最上階にある3月リニューアルオープン予定のレストランのプロモーション案のプレゼン。

社長Tとの2トップでプレゼンテーション。



出た!

「カッコいいね〜」の一言。



あれこれコンセプトを説明して、いざラフカンプを見せた時の反応。

これ緊張するんですよね。

「おぉ〜!う〜ん」とか「なるほどねぇ」とか、そういうのはあまりいい反応じゃないんです。

やっぱりね、僕らは「カッコいいね〜」この一言を目指して作ってるし、基本的にはそれを求められてると思ってます。
だからこの一言が一番嬉しいです。
特に思わずぽろっと出たような「カッコいいね〜」の一言。

至上の喜びの瞬間。



さて、明日から撮影準備。

なのに!

ついさっきkazuさんにフラれちゃいました。

チクショウ。

でもいつか一緒にやりましょうね。



さて、そろそろ展示会が近づいているファッション・ブランドのお話。

『流星ビバップ Ver.青赤』に遊びにきてくれてる人に一足お先にロゴだけ公開!(今回はロゴだけ。詳しい情報はまたいずれ)



さあみなさん、ウソでも「カッコいいね〜」の一言のご用意を。

ではどうぞ。
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-31 23:54 | お仕事
29 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
今日のドット。
とか言いつつ一昨日のドット。



通訳の会社のシンボルマーク決定。

ロゴはオーソドックスな書体で組むことに。あとはマークとロゴのバランスが肝。
一向に美しくならないので、この日は終了。
プレゼンまでにバランスを見つけださないと。



今回は初めてのクライアントなのに一案勝負という男前なプレゼン。



シンボルマークは、様々な国の言葉が飛び交う通訳の現場、そこではチームワークを大切にしたいという会社の方針、一方で直感や気分が日々の行動を方向づけるという社長のパーソナリティ(特に服装、香り、音楽を重要視している方)、そのへんをイメージしスケッチ。

ハーモニーやフィーリングを表現するために線のモチーフは“音楽”に決定、デザイナーのIさんと一緒に描き、何度も修正を加えて完成。

最終的には楽譜で使われる曲線のイメージでクライアントの頭文字Sを形作りました。

なかなかエレガントな感じの仕上がりに満足。



で、昨日プレゼンでした。



さすがに一案しかないことに面食らってましたけどねー。(←ダメじゃん)

社長Tと有楽町で反省会。(←ダメじゃん)



けれど、プレゼンから一夜明けて今日返事をもらいました。

ロゴマーク、基本的にはオッケー!

気に入ってもらえましたー!!!



ただ色と書体はバリエーションを見たいとのこと。。。(←ちょっとダメじゃん)
日々精進ですねぇ。



と群馬からの出張の帰り、携帯からアップしてみたり。



『ラブ·アンド·ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-31 23:03 | お仕事
僕は待ち人
d0025304_23162366.jpg

えーっと。

たーまに、思い出した頃に言いますけれども、、、



一応FC東京系ブログです、ここ。



上の写真、ほら、先日の撮影中の一コマなんですけども(この日はクライアントの要望でメイキングムービーとメイキングスチールも撮っていたんです)、画面左、台に寄りかかっているキャップのコ、これ僕です。

グレーに青赤のベロキャップ、ぱっと見ストーンズ、流石は“ロックンローラーにしじまりょう”と思わせておいて、実はこれ、東京ファンにはいろんな意味でおなじみボンボネラCASA TOKYOで数年前に売っていた完全な東京グッズです。

そう、撮影現場でも青赤の誇りを忘れない、それが僕なんです(または、遅刻しそうだったのと伸びっぱなしの髪の毛が邪魔だったから被っている、とも言う)。

しかしあれだね、こうして見るとスタジオでの僕はいつもに増してチャラいですね。

あぁ欲しい、落ち着きが色気がダンディズムが。



それはそれとして、今期の東京。

始めはどうなることかと思いました。

バンディエラ宮沢やチャンスメーカー(そしてチャンスブレイカー)戸田がチームを去り、気になるアイツ増嶋や頼れるアイツ阿部ちゃんが長期出張、祐介も出張延長。

ずいぶん簡単に東京を象徴する選手がいなくなるなぁと。

ただ、早い段階でエバウドとワンチョペを獲得。
しかもジェフからアベッカムと坂本を獲得しようとしてると知った時は思ったものです。
“おぉ、本気だ”と。
けれど、さすがに阿部は無理でも、来てくれるだろうとほぼ確信していた(←無根拠)坂本にフラれてしまって、元の木阿弥。

どうにもこうにも、言い知れぬ不安を抱えて、落ち着かない日々を過ごしていました。



ところが、今はどうでしょう。

まさに、“待ち人来たる”の気分です。

“さわやかヤクザ”、“ベビーフェイス・アサシン”、“若頭”と、かなり僕好みの異名をとる福西崇史の加入はチーム内の競争や選手の意識だけではなく、僕らサポーターにもすでにかなり強い影響を与えているように思います。

だって、なんかすごいいいシーズンになりそうな気がしない?
かなりイケそうな気がしない?
本気で狙えそうな気がしない?

する!


磐田純正ってだけで、ものすごいテンションあがる。



というわけで、開幕が楽しみで仕方のない1月の終わりです。



ところで、今期のチームスローガン、『It's Our Time ~青き疾風、赤い怒涛~』ってやつ、後半部分いるかぁ?


『It's Our Time!!!』でいーじゃん!!!



『I'm Waiting For The Man』 / The Velvet Underground
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-30 23:16 | FC東京/サッカー/フットサル
Baby Don't Cry
d0025304_12285290.jpg

安室ちゃん。

昔はほとんどなんにも興味なかったんだけど、アルバム『STYLE』あたりから妙に気になって気になって、仕事が手につきません。

それは言い過ぎだけど。



ZEEBRAとやる曲なんか、いつも良いなぁなんて思ってて、けっこうよく聴きます。
アルバム『Queen of Hip-Pop』なんて、かなりよく聴いてます。
去年のシングル『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK』で確信しました。
これきっと僕はファンなんだと。



というわけで、安室奈美恵2007年第一弾シングル『Baby Don't Cry』が最高に気持ちいいです。
耳障りなハイトーンでがなるのではなく、適度にクールで心地良い透明感のあるボーカルが板について、自分のスタイルとして確立していてカッコいい。



あときっと僕は、プロデューサーのNao'ymtと安室奈美恵の組み合わせが好きなんだと思う。
『Baby Don't Cry』なんて、イントロのキラキラした煽り方からしてものすごく好みです。
イントロで鳥肌立っちゃう感じ。
じっくり聴けば聴くほど、Nao'ymtの細やかな音づくりが安室ちゃんのボーカルといい塩梅で溶け合って、かなり幸せです。



…しかし、自称ロックンローラーがこんな記事をアップしてもいいのだろうか。。。



と思ったらこんなこと書いてるんだから、まあいいや。



『Baby Don't Cry』 / 安室奈美恵
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-29 14:51 | 音楽
Kick & Loud
d0025304_11391267.jpg

たまにはケータイから。

今日は今年ひとつ目の大会です。

暖かい日でよかった。
いまウォームアップ終了したんですけどね、僕、もともと汗かきなので、これだけ暖かいと1月なのに汗ダラダラ。



ところで上の写真は『シンデレラ』です。

扮するのはファム・ファタール(←独断と偏見)、スカーレット・ヨハンソン。

あの唇と身体でシンデレラ。

最高。
これね、今日の新聞に載ってたもので、ディズニーが世界中のディズニーテーマパークのPR用に発表した広告写真なんです。
他にはベッカム扮する『眠れるの森の美女』のフィリップ王子、ビヨンセ扮する『不思議の国のアリス』のアリスが載ってました。

なんてセックス・アピールの強いキャスティングなんでしょう。

ディズニー、派手だなぁ。



さてと、そろそろウチらの初戦です。

ウチらは女性プレーヤーもマネージャーもいない男だけのイケメン(いけすかないメンタル)チームなので、スカーレット・ヨハンソンのシンデレラ(の唇と身体)を胸に戦ってきます。


d0025304_11394581.jpg

スタメンのフィールドプレーヤーで試合前の敵情視察&ミーティング。

今日は僕スタメンです。(←だったら写真撮ってないで参加しろって)

今日の会場にはなぜかDJ KAORIの『BLENDA』とのタイアップでやったミックスアルバムが鳴り響いてます。
ピース。



あ、そうだ!

今期の観戦用&フットサル用に買った青赤トラックジャケット、FC DISNEYのやつです。
おシゴトでもたまに着てるけどね。。。

ディズニーのコーポレートカラーって何色か知らないけど、見事に青赤。
ディズニー、最高。

d0025304_11402447.jpg




『Kick & Loud』 / GEISHA GIRLS
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-28 16:54 | FC東京/サッカー/フットサル
25 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
d0025304_16303510.jpg

今日のドット。
とか言いつつ昨日のドット。



昨日は“Caution!”というフリーペーパーの編集会議。
まぁ、フリーペーパーといってもA4を二つ折りにしただけのものなので、A5サイズ4ページというこぢんまりとしたものです。

けれど、最初はそういう小さな一歩でいーんです!
だってあまりお金のない業界のものだから。
さて、何の業界のものかというと。

“Caution!”?あッ、あれかッ!と気づいた人は相当なコロンボさん、またはポアロさん。

そうじゃないとしたら、演劇ファン。



そうなんです!
会社移籍の理由のひとつでもあり、とても楽しみにしていた演劇関連のおシゴト!



僕のささやかな夢に、デザイナーになって、もしももしもチャンスがあったとしたら(このへんがアグレッシブさにかけるとこですね、あたくしの)、自分の好きな、愛する業界のデザインをやってみたいなぁ、というのがあって、それはどういう業界かというと、音楽、映画、書籍(装丁ね)、飲食、ファッション、スポーツ、そして演劇だったのです。

音楽、映画、飲食、ファッション、スポーツの5つは、幸いにも経験させてもらったので、残るは書籍と演劇。
そして今回演劇のおシゴト!

なんて嬉しい。



で、“Caution!”とはどういうフリーペーパーかというと、劇場で配るチラシ束と一緒に配布されるものです。

芝居に行くと今後の公演チラシが束で渡されるでしょう?
だいたいの劇場ではチラシを束ねるためにその時の演目に対するアンケート用紙を二つ折りにして、その間に挟む形式になってるんです。
それが見た目にもあまりよろしくないし、統一感に欠ける。

そこで、アンケート用紙はチラシ束の中に入れてしまって、どの劇場でも共通のフォーマットでデザインされた紙に挟んだらどうだと、どうせなら読み物として面白いものがいいんじゃないかと、しかも演劇界の活性化につながる記事だったらなおいいんじゃないかと、そんなふうにして話が膨らんでいった(らしいです)。

そして2月からいよいよ本格始動。

去年の年末の主要なお芝居でチラシ束の中に“Caution!”始動の予告チラシが挟まっていたので、年末に何かお芝居観に行った人は目にしてる可能性が高いんじゃないでしょうか?
実際僕もナイロン100℃の『ナイス·エイジ』行ったときに入り口で貰ったから。

その“Caution!”のスタッフになれるというのはかなり魅力的なことだったんですよね、僕にとっては。

だから嬉しい。

デザイナーになってよかったなぁ、と噛みしめる金曜日。



さて、僕はただのライトな演劇ファンなので、まずは観客の目線から見て、面白いものを提案できたらいいなぁという感じでスタートです。

ただ、これからは発信する側の自覚も持って、いろいろ勉強しないとなぁ。
そんな気持ち。



だから、勉強のために週2ぐらいで芝居を観に行かせてください、社長ッ。



『ラブ·アンド·ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-26 12:33 | お仕事
24 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
d0025304_16525158.jpg

今日のドット。
とか言いつつ昨日のドット。



昨日はお花の撮影でした。



プロのスゴさに感動。
フォトグラファーIさんに紹介してもらったフラワーコーディネーターのYさんとの初仕事。



Yさんが到着する前にドレスのレースやドレープの撮影。
ワンカット撮るごとに少しずつ形になっていくのを実感。

カッコいいデザインをしないとなと、心身引き締まる思い。

なのに眠い。。。(←あほ)

なんかいつも眠いんだよ。
なんでなんだよ。
もしかして僕は眠りの国の王子なのかもしれない。(←すごくあほ)



そんなこと言ってると、Yさん到着。

初めて会った時から、あぁこの人好き、なんて思ってしまうぐらいキュートな人。
ファッションとかも、変な言い方ですがとても参考になると思った。
肩の力が抜けていながら着飾っている空気を纏っているようなお洒落な人。

今回は残念ながら1時間半ぐらいしか時間がとれなくて、速攻でおシゴトに取りかかってもらってそのまま次の現場へ、という過密スケジュール。

それでも作り出す前に僕とフォトグラファーさんの意見を聞いてくれるYさん。

市場で買ってきたお花たちをガサッと見せてくれる。

この段階では正直言ってよくわからない。。。

どーなるか想像もできないので、とりあえず自分のイメージを伝えるだけ伝えて、それでも「完全にお任せします!好きなようにいい感じにお願いします!」と結ぶ。



そしてしばらくの後。

「できましたよー」と呼ぶ声。

一目見てびっくり。

お、おぉ!
かわいい!きれい!そして妖艶!!

フォトグラファーHさんとひとしきり感激。

お互いに顔を見合わせて、やっぱりプロはすごい。。。と。

イメージ(ま、僕のイメージはお子ちゃまハードル並みだけれども)を遥かに上回る美しいお花のセットが2つも!



Yさんはけっきょく、可愛らしさを前面に押し出したセットをあと2つ、計4つも作ってくれて次の現場に飛んで行ったのでした(新宿のクラブのホステスさんがママに昇格して、その就任式のためのお花だって。すごそー!!)。



Yさん最高。



週末は二丁目のバーにも立ってるよなんて言ってたので、きっと飲みに行こうと誓う意外と夜遊び好きの乙女座、31歳です。
好きな飲み物はコーラです。(←子供じゃん!!!)



『ラブ・アンド・ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-25 16:55 | お仕事
23と4/5 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
d0025304_21571566.jpg

まずはお尻で、ちゃんとシゴトしてますよアピール(この日ジーンズが破れちゃいました。今はデザイナーUクンのもとに修理に出しております)。



さて、最近のドット乱れうち。



600枚の写真の中から10枚程度をセレクト。



って、これさらっと書いちゃったけど、レイアウトしながらの作業は楽しい反面、ものすごくキツくてツラい。



フォトグラファーさんやメイクさんやモデルさんあ、ブログやってるみたいです。さて誰でしょう?の思いは、ほとんどすべてのカットに込められてるわけですよ。

僕にはものすごく重い責任がある。

だから、繊細に、まっすぐと、勇気を持って、愛情をぐっと集中させて。
そうやって選ぶんです。

冗談抜きに、“愛と勇気”の写真セレクト。

これは楽しいけれどツラくてキツい。



さて、ある程度絞り込んだらハイセンスな女性の意見を聞こう!できれば同業者の。
残念ながらそれはcamo。変人だけど、才能豊かなのです。



というわけで、camoを渋谷へ呼び出してみたり(ホントはnewにも来てほしかったんだけどねー。おシゴトだったみたいです)。



広いテーブルがいいなぁ、ってわけで、少し前にmikanと行ったDexee DinerでCBGBの話で盛り上がった優しそうな店長さんに無理言ってがーっと広いテーブル席をキープしといてもらう。



お店に到着して改めてよく見たら、壁にはDRAGONさんのペインティング。

店長Tさんに話聞いた時はかっこいい絵だなぁぐらいしかわからなかったんだけど、HP見たら僕けっこうCD持ってました。
DRAGONさんがジャケットのイラストを担当してるやつ。
いつか話聞いてみたいな。



おっと、閑話休題。



あーでもないこーでもないと、camoに写真を見せながらプレスシートの構成を考える。

女性の視点、男性の視点、20代の視点、30代の視点、デザイナーの視点、アートディレクターの視点、サッカーファンの視点(←関係ない)、映画好きの視点(←関係なくはない)、アニメ好きの視点(←関係ないと願いたい)、人間の視点。

ひとりでやってると、意識してるつもりでもせいぜい2つぐらいしかない視点が、2人になると一気にぶわっと広がる感じ。
この感じが好きなんです。

撮影現場でもみんなで作り上げていくあの感じ、あの幸せはMacの前に座っても感じていたいんです、たまには。

うん、これはけっこう大きな点をうってるな、なんて感じてみたり。



駄菓子菓子!

この時は誤算がひとつ。

camoが何となく機嫌が悪いというか、ノリが悪いというか、そういう状態。

なぜ?



あ、そうだ、この人はファッションに興味がないんだった。。。

しまいには、「newに聞けばぁ?」などと口走っていましたよ。

チクショウ。



『ラブ・アンド・ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-24 21:57 | お仕事
23と3/4 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
最近のドット乱れうち。



通訳の会社のロゴ作成。

すっきり明快にブレストしてから社長Tの号令のもと、社長TとIさんと僕の社員3人がいっせーのせでアイデアだし。

それぞれのデスクに戻って、ノルマは2時間で40案(それぞれ40案ぐらいががちょうどいいと言い張るTと時間で切ったほうがいいというだだこねる僕の折衷策。。。ってこれって折衷かぁ???というツッコミはなし)。

なんだか新鮮ですねこういうのは。

2時間後、床にずらりと並んだ100案強のロゴの卵たち。

チーフに任命された僕が最終決定権を貰っちゃいました。

まずは3人で、それぞれがいいなって思うスケッチ5案ずつぐらいに投票して10案ちょっとまで絞る。

それから、それぞれのアイデアの意図を熟考した後4案にしぼる(ここからはわしの独断じゃ)。

んで、一晩寝て2案まで絞る。

んで、、、

んで、、、

まだ決めきれてない!

どーしましょう。



よし、明日の午前中までには決めるぞ!ということを決定!!



『ラブ・アンド・ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-24 21:26 | お仕事
23と1/2 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
d0025304_2092320.jpg

フォト・バイ社長、ブックコーディネート・バイ俺。



さっき、自称“『流星ビバップ Ver.青赤』イチバンの愛読者”さまから更新が少ないという苦情を受けたので、よくよく考えてみると一週間近く更新がありません、当ブログ。。。
こりゃいかん。
聞くところによると、死亡説まで流れてるというではないか。(←調子のるな)



というわけで、最近のドット乱れうち。



群馬県・高崎市にて、春にリニューアルオープンするレストランの食器コーディネート。

といっても、これがいーんじゃないですか?こーゆうのはどーですか?あ、それなんかいーですねぇ!っていう、肩の力抜き過ぎた感じ。

ま、これはこれで僕にあったスタイルかも。
というかそもそも立体的空間的な方面は社長Tが主導ですから。



その昔、大学の課題で卵を乗せて三階ぐらいの高さから落として、無事に軟着地させるための機体を設計して作れってのがあったんです。
その時僕はね、こう羽がね、プロペラみたいに広がってゆっくり落ちていくってのを作ったんです。ないセンス搾りきって。

んで、いざ落下させてみると、見事に玉砕。

最初はよかったんですよね、羽がぶわっと広がってクルクルクルーって。
「おぉ!」なんて声もあがって。
と思ったら機体の回転がみるみるうちに加速していき、しまいにはグルングルン高速回転。
しっかり搭乗させていたはずの卵に襲いかかる遠心力の魔の手。
かくして見事に宙に放り出されたキャプテン・エッグは豪快に地面に激突、ぐしゃり。
最期の時、刹那に聞こえたのは友人の「卵がぁ~ッ!」という少し(いやかなり)喜び混じりの叫び声。

あぁ、向いてないなと思いました。

あの異常に速く回転する哀しみの機体の最期をTも見ていたのか、見ていたとしても憶えているかどうかは知りませんが、それとは別の課題、夏の始めの数週間、山羊を木で彫る授業なんてヒドイもんでした。
きっとあれはTも憶えてると思う。

講評日になっても、僕の作業場にはほぼ丸太のまんまの“山羊だいぶ前”の塊。

どこをどう彫りゃあいいんだよ、というかあまり興味がわかなかった。。。

そういうひどい状態だったけれど、この授業は単位落とすと厄介だったので、教授の採点時にはお喋りでなんとか切り抜けた次第です(喋ってごまかす。そーゆうのは得意なのかもしれない)。

そんなわけで、僕は立体物制作ではことごとく落ちこぼれちゃんだったんですが、そこのところはTにもある程度は(いやかなり)ばれてるはず。
だからあまり立体的空間的なおシゴトは任せてくれないのでした。
あはー。

さすがに適性ってのをわかってるなぁ、と。



レストランの食器の話が終わったあとはパンフレットリニューアルの提案。

出発前にみんな(つっても三人さ)でだーっと作った勢いそのままにほぼオッケー。

撮影はぜひあの人にお願いしたいなーなんて考えながら東京へ。



最近ねぇ、スタッフィングがマジでおもろいのです。
尊敬する人と組めるってのは何物にも代え難い喜び。



『ラブ・アンド・ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-24 19:37 | お仕事