カテゴリ:日々( 144 )
Two! Three! Four!
d0025304_20115783.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は目標をたくさん持って、目指して、叶えて、丁寧に生きるのだ。
やらなきゃいけないこともいっぱいあるし。
素晴らしい一年にするぞ。

みなさんも幸せな一年を過ごしてください。



Don't blame us if we ever doubt you
You know we couldn't live without you
Tokyo, you are the only only only

トーキョー! you are the only only only!!



あ、そうだ、無駄に二種類作った今年のお年賀ですが、まだ届いてない人、ゴメンナサイ。
完全に送り忘れか、住所を知らないかもしくはなくしてしまっています。
SNS(mixiかFacebook)経由かメールか非公開コメントで住所教えてちょうだい。
ホントごめんなさい!

d0025304_20114558.jpg

『Tessie』 / Dropkick Murphys

[PR]
by clyde_8 | 2011-01-07 19:43 | 日々
Tally Ho!
d0025304_125493.jpg

大晦日は鍋にするか、よっしゃアメ横で買い出しだッなんつって、昼前に出発したキャラバン。
まずは腹ごしらえは築地じゃい、築地で海鮮丼じゃい、と威勢はよかったものの、海鮮たらふく食べたら驚きの満腹感で、お腹いっぱいで苦しい、満足して眠い、想像以上の群衆で疲れた、やっぱり冬は寒い、喉が痛い若干熱っぽい、などと様々なネガティブな意見が噴出。
あっさりUターン。
有楽町に寄り道して、パンだのカーテンだの文房具だのと脈絡のない買い物して、近所のスーパーで買い出しして普通の鍋にしました。

まあ、それもひとつの大晦日。

昼に引き続き食べ過ぎたので、年越し蕎麦は無理な感じです。あは。



みなさん、2010年やり残したことはないですか?僕はいっぱいあります。アホみたいにいっぱいあります。今まででいちばんやり残したことがあります。畜生。畜生め。だから2011年に進めるのだ、進みたいのだ。もう背中はばっちり見えてるぜ、逃げるなよ新年。

アデュー、2010年。
お前なんてクソだ、俺にはもっと楽しい2011年が待ってるんだ。



というわけで、一年間読んでくれたみなさん、本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
それでは、よいお年を。
そして、2011年が僕とあなたにとって実り多い素晴らしい年となりますように。

ラブ&ピース&ロックンロール。



『タリホー』 / ザ・クロマニヨンズ
[PR]
by clyde_8 | 2010-12-31 23:22 | 日々
カレイドスコープ
d0025304_23232617.jpg

ふと行きたくなる場所、無性に行きたくなる場所、特に用事があるわけでもないのに、ただそこにいたいだけ。そんな場所が思いのほかたくさんある。

七里ヶ浜のDouble Doorsもそんな場所のひとつ。片道一時間以上かかるし、冬だし寒いし、天気も悪い、それでも行きたいのだ。わざわざ昼はん食べに七里ヶ浜行くならbillsとかなんだろうけど、自分はDouble Doorsの料理とモヒートのほうが好きなのだ。
海沿いのテラスに座って鼻で耳で感じる七里ヶ浜と遠く近くに見える江の島がとにかく好き(今は寒すぎだから店内から)。

いきったリコッタパンケーキで高いところからなんとなく波見るよりも、山盛りランチほおばりながら海眺めるほうが楽しい。

七里ケ浜のうたかたの泡、あっという間に足下まで迫る波、風に吹かれて波待ちをするサーファー、そんな一瞬の中で寒さをこらえて遠くの灯りに手をのばす。



『Kaleidoscope』 / Ride
[PR]
by clyde_8 | 2010-12-17 23:49 | 日々
食いしん坊さん、気をつけて!
d0025304_16173151.jpg

YAFFA ORGANIC CAFEの新旧スタッフのための歓送迎会にお邪魔してきました。年末パーティーメニューの試食会も兼ねていて食卓が豪華。完全にお邪魔している身なので、ワインやシャンパンもほどほどにいただきました。と思ったけど、けっこう飲んでしまった。だって、料理もお酒も美味しいんだもの。
実は家で僕がスパゲッティを茹でる時に勝手に密かに師と仰いでいるのがここのシェフで、超アルデンテが素晴らしく美味しい。そして、何とも困ったことにYAFFA ORGANIC CAFEではパスタしか食べたことがなかった自分。この日初めて他の料理やデザートを食べたわけで、これがもう美味しくて美味しくて。美味しいから、“大勢でテーブルを囲むと食が細くなりしゃべりまくる”という奇病持ちの僕が発症せずに食べまくってしまいました。

なんか、まったく常連というわけでもないのに、、、無遠慮にお邪魔しちゃってほんとスミマセン。ありがとうございました!
これからはもっとお店行きます。みなさんも行ってちょうだい。



『Gare a Toi Gargantua』 / France Gall
[PR]
by clyde_8 | 2010-11-17 15:20 | 日々
鵠沼サーフ
d0025304_17381952.jpg

ああ、夏はもう完全にどっか行ってしまいましたね。今年は夏が長くて良かったな。鎌倉・湘南方面にしょっちゅう行っていたイメージ。海にも何回か入れたし(クラゲによく刺されたなぁ)。真っ黒とまではいかないまでも、日焼けもしたし。しらすも4千匹ぐらい食べたんじゃないだろーか。良い夏でした。



今日はなんとなく寒くて目が覚めました。冬がそこまで来てますね。



午前の仕事を終えて、高菜ラーメン。食後、無性に掃除したくなり、ささっと掃き拭き掃除。ホコリっぽい身体で夏仕様のフットサルウェアをしまい込みながら、夏の残り香を胸一杯に吸い込んでみるも、アタックバイオジェルの匂いしかしない昼下がり。



『鵠沼サーフ』 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
[PR]
by clyde_8 | 2010-10-20 12:12 | 日々
TELEPHONE MAN
d0025304_2074150.jpg

この人、生きてます、こういうポーズが落ち着くみたいです、最近は。

あ、僕も生きてます。しれっと2ヶ月ぶりぐらいに更新してますが、いまだにブログで安否を確認しつつ、死んだのかと思ったなどと怖いことを平気で言ってくれる友人知人がいたりいなかったり。
あ、スミマセン、どうも西島です。(←あらためて自己紹介)

最近は激動の、というかイマイチ流れが良くないというか、飛田給方面が大変なことになっているので、それがいろんなことに影響を及ぼしまくりです。
久しぶりに話した友人などには、「町田ゼルビアにしたら?」という素敵な提案をされちまいました。
そんなことできるか!青いスカジャンとか、青いTシャツ着る機会が無くなるし。って、あっちも青だけど。。。
まあ、それはそれとして。



小一時間前、インドネシアにいるはずの友人から電話が。日本に帰ってきてるらしく、東京にも遊びに来るってよ。よし、これでまたパワーもらえるぞ。(←基本的に他力本願)



彼からの電話鳴った時、デスクに突っ伏して居眠りしてたので、目覚ましかと思ってボタン押して、「あぁぁ〜!(起きねばッ!!)」と叫んでしまいました。そのあと、携帯電話から微かに聞こえてきた「もしもし?もしもしぃ?」の声。
友人は「いま梅田やねんけど、レコード屋がほとんど無くなってるやん。なんかおすすめは?それはそうと、なんか『あぁぁ〜!』とかって叫んでたで」と言っていました。
うん、そう、「あぁぁ〜!」とかって叫んでた。

そんな冴えない秋の夜。
よし、ジョギング行こ。



『TELEPHONE MAN』 / THE BAWDIES
[PR]
by clyde_8 | 2010-10-19 20:11 | 日々
月の爆撃機
d0025304_19104784.jpg

今日は、午前の撮影と午後のオフィス(って自宅だけど)での作業、昼はんは蕎麦、の合間にチネリを駆ってLOUNGE LIZARDに行ってきました。大山さん(a.k.a. プルトニウム氏)に会いに。
彼は話をするだけで刺激をもらえる友人のひとり。自分のペース、自分の世界、そういうものを持つってのがどういうことなのかを教えてくれる存在です。
まさに“月の爆撃機”。
僕らが出会ったキャットストリートで立ち話(ろくに商品見なくてスミマセン)。
帰る道すがら、大山さんとは変わり続けるキャットストリートで初めて話してから10年ぐらい経ってるけど、本当にいろんなものを教えてもらっていて、かなりの影響力。そして話が面白い。なんてことをぼんやりと。相変わらず最高の空気を持った人だなあと、“伝説の爆撃機”にこっそりと感謝してみる。

Tシャツは大山さんデザイン。カーディガン(ほとんど見えませんが)は大山さんの「カートっぽいでしょ」の一言でチェック入れた一枚。
やるな、“月の爆撃機”。

寒くなる前に横須賀に遊びに行こう。



『月の爆撃機』 / THE BLUE HEARTS
[PR]
by clyde_8 | 2010-10-19 19:11 | 日々
A Beautiful Green
d0025304_12591834.jpg

今年はap bank fes '10に行きかけました。でもやめました。
ap bank fes '10は環境への取り組みを激しく前面に打ち出したエコロジーなフェスなので、意匠家であるところの自分は、普段から紙やインクのある意味で無駄遣いをしているからして、フェスティバルの主旨から大きく外れた外道なのではないかと、そのようなしゃらくさいことを考えて、はやり自粛すべきだという結論に。というのはもちろん嘘で、ただ単にやっぱりJリーグあるからなぁ、それに観たいアーティスばかりかというとそうでもないからなぁ、というなんともどうしようもない理由で、行くのやめました。
それに、自分は、インドアとアウトドアの間をふわふわしてること山のごとしな半端者なので、前夜祭も入れると都合4日間、自然のもとで過ごしたら死んでしまうのではないかという、そういうしょうもない懸念。

まあ、能書きは置いといて、ap bank fes '10は、出店もオーガニックフードに限るという、猪口才なフェスティバルで(←別に貶しているわけでは。。。)、今年は自分が大好きな固さのスパゲッティを茹でるシェフがいるお店が出るので、差し入れにスタッフのみなさんへ栄養ドリンクを渡しておいたのです。これで自然を乗り切れと。
そしたら、情けは人のためならず、ばっちりお土産をいただいてしまった。

缶バッジ見ると涎がでるぐらいのあいつにはこれだと、ap bank fes '10缶バッジ。
そして、タワレコがあるとくんくんと引き寄せられ、灯りに吸い寄せられる羽虫がごとく、各フロアをぐるぐる回るあいつにはこれなんかももってこいだと、タワレコとステューシー共同開発制作のタオルとティーシャーツ。

これは嬉しい。
と同時に困った。

なぜならエコロジー。誇らしげにTower ecoなんてプリントされているそのティーシャーツ、エコロジーだからつって、緑なんだもの。タオルはタワレコイエローなのに。

Jリーグを見るようになって10年あまり、FC東京一筋な自分は、当然ベルディが嫌い。ベルディに負けるぐらいなら、浦和にボコボコにされるほうがよっぽどまし(つくづく負け体質)。そんな自分にとって緑を着るというのは絶対にあり得ない、神をも恐れぬ悪魔に魂を売る行為。
というわけで、我が家の洋服ダンス、衣装ケース、ハンガーラックには10年以上の長きにわたって緑色の衣服がいっさい無かったのです。
お仕事では、なんとなくグリーンを使うのが後ろめたいという、デザイナーとして致命的な精神はなんとか叩きなおしたのだけれども。



と、しばらく逡巡したのち、緑のティーシャーツをこっそり家で着てみる。
存外悪くない。意外と似合う。
よし、緑解禁だ。

あっさり緑を受け入れた自分。
これで自分もエコロジー活動に取りかかれるかもしれない。やったぜ。



ところでベルディ、いつになったら上がってくるんだ。なんなら降りていこうか?(←縁起でもない!)
東京ダービー、あの心臓が5倍ほどに膨れ上がったんじゃないかと感じる鼓動、緊張と興奮、ゴールと勝利と歓喜。
早くダービー復活させようよ。



『A Beautiful Green』 / Punchline
[PR]
by clyde_8 | 2010-08-06 13:34 | 日々
d0025304_15144395.jpg

少しの間東京を離れていました。といっても、数日前に戻ってきてサッカーやフットサルやデザインの日々は再開していますが。
人里離れる、というのは簡単そうでいて実はなかなか得難い時間で、その時間の中での自分は、いろんな事に思いめぐらせているような気もするし、ほとんどの事をさらりと忘れ去ってただぼんやりと欲望と向き合っているような気もする不思議な状態。

携帯も時刻表替わりにしか使わず、テレビもDVDも電子な呼び出し音も玄関のチャイムも知らない人のざわめきも聞こえない場所で、ほぼ誰とも連絡を取らずに、ゆっくりと音楽を聴いて過ごす。

ユニコーン、奥田民生、エレファントカシマシ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、小沢健二、THE COLLECTORS、サニーデイ・サービス、FreeTEMPO、ザ・クロマニヨンズ、Natural Calamity、Daft Punk、Michael Jackson、Laura Izibor、Carole King、Eric Clapton、Belle & Sebastian、Jack Johnson、Jason Mraz、Nirvana、Violent Femmes、The Who、The Clash、The Verve、Kip Hanrahan、Bill Evans Trio、友人が編んでくれた『kicks on Route66』というコンピレーション。

なんとなく憶えてるだけでもこんなにたくさんの音楽を聴いた。
窓を流れる見慣れない風景を眺めながら、海の見える風呂に浸かりながら、蚊取り線香の匂いと一緒に畳に寝そべって、闇に染まる森と灯りに群がる虫たちの隣で、たまにしか吹いてこない風を感じながら音楽を聴いた。

完全に開いた状態。

というわけでいまは高性能スポンジのように(そんなものがあるのかどうか知らないけれど)いろいろ吸収できる気がする。ぎゅっと絞ったら全部出ていっちゃうんだけれども。

というようなことを考える梅雨入り前の晩春。



『風』 / ユニコーン
[PR]
by clyde_8 | 2010-05-26 15:14 | 日々
ぼくらが旅に出る理由(Single Edit)
2010年、5か月が経とうとしているけれど、いまいちエンジンがかかってない感じ。
まいったなぁ。

というわけで、ほんのしばらく東京を離れてみるのだ。
いろんな音楽を聴きに、いろんなものを食べに、いろんなだらだらを満喫しに、いろんなことを忘れに、いろんなエネルギーを充電しに。

旅のお供は漫画とミステリと村上春樹、音楽はたっぷりとポケットに。



『ぼくらが旅に出る理由(Single Edit)』 / 小沢健二

d0025304_20325220.jpg

[PR]
by clyde_8 | 2010-05-19 20:33 | 日々