カテゴリ:日々( 144 )
なぁ、未来。-2012-
d0025304_18124824.jpg

もうだいぶ始まってしまいました、2012。

年賀状作成の時点でだいぶ遅くなって、刷り終えたのが今週に入ってから、という具合に死ぬほど時期ずれてしまい、寒中見舞いとなってしまった上に、自宅PCクラッシュのせいで住所録がなく、これまで送っていた人の大半の住所がわからない状態で宛名書きをしているという、“死ねばいいのに”な1月です(今日から一週間経っても僕からハガキ届かないあなた、僕が住所をなくしてる可能性大です!どうかご一報を)。

と反省なのか、やけくそなのか、よくわからないテンションですが、実は2011年はものすごく良い年だったので、どれぐらい良い年だったのかというと、年初にたてた目標の3割ぐらいが達成できたし(鬼のようにたくさんたてたので、3割でもスゴイのだ)、思いもかけず加速度的にステップアップできたことがあったり、いろいろと嬉しいことも悲しいこともたっぷりあったし、とにかく、これまでの人生で一番充実した一年だったわけです。ということはこれ、2012年はそのもっと先を目指して、そのもっと上を見据えて、夢は広がる一方で、待ってろよ、なぁ、未来。という気分なので、反省でもやけくそでもなく、ただのハイテンション。



今年の年賀ならぬ寒中見舞いは、やっぱりひとつに絞れず2種類作ってしまいました。
チームスタッフ2名と合わせて、3名の連名となっています。
今年は、お仕事においてはこの三人で(来月にはもうひとり増える予定なので四人で)、みなさまのそばにいて、小さな感動や中ぐらいの感動や大きな感動を作っていきたいと思っています。



プライベートでは、うーん、どんな目標を山ほどたてようか。
もうちょっと考えます。



では、みなさん、今年もよろしくお願いします。


d0025304_18141154.jpg

『なぁ、未来。』 / 100s
[PR]
by clyde_8 | 2012-01-19 18:15 | 日々
ロンドン・コーリング
d0025304_1932038.jpg

過日、新宿プレゼン後、クリエイティブ三人でうどん屋。久しぶりのにしん蕎麦。関西人てば、好きですよね、にしん蕎麦。
昔よく食べたなぁ、光善寺だか香里園だかの比叡のにしん蕎麦。

食後はオフィス戻る前に自分だけ群れを逸れて渋谷に寄り道。
ラウンジリザードの展示会、久しぶりにラチャさんに会いに。
この人がデザインするTシャツって、いつも僕に突き刺さるし、どんなこと考えてものづくりしてるのかなんてことも何となくにじみ出る近況をその都度聞くのも楽しいし、ラウンジリザードの展示会は刺激をもらう場として超重要。買い物もできるしね。
この日はドクターフィールグッドネタのを注文してきました。他にも気になるスーツやらニットやらジャケットやらシャツやらいろいろありました。
上品なロックスタイルならラウンジリザードへどうぞ。本気でオススメです。
ラチャさんもたまにお店にいるらしいので、見かけたら話かけてみてください。めちゃくちゃおもろいので。見た目他の人となんか違うなこの人、っていう感じの人がいたら、それがラチャさんですから。本気でオススメです。



ところで、ラチャさんには最近ジュニアが誕生して、彼(だったよね?)の名前候補に“りょう”ってのが奥さんイチオシで有力だったんだけれども、それはダメだニシジマと同じだからと残念ながら却下(別にいいじゃないかと思うけど、やはり友人と同じ名前っていうのはなんか居心地悪いってのもよくわかる)。吟味の後つけられた名前が、これまためっちゃ格好良くてびっくり。パパとジュニアの名前をつなげると“ロンドン”になるんです!

バースデイ・プレゼントは『LONDON CALLING』に決まり!って思ったけど、きっとパパから貰うだろうから、なんか別のを考えよう。



『London Calling』 / The Clash
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-14 19:44 | 日々
さようならパステルズ・バッヂ
d0025304_19504425.jpg

お仕事でお邪魔した松屋銀座にて、担当者さんのスーツのラペルに素敵なバッヂを発見。

「そ、それください!」とは言いませんでしたけれども、それはなんですの?どこで手に入りますの?と尋ねたところ、リバティ・アート・ファブリックスを貼った松屋オリジナルのチャリティ缶バッヂなんだって。欲しい。だってそれはロンドンの布屋じゃないか!だからか、モッドな自分が惹かれたのは。やはりモッズの感度は常にびんびんなのだなぁ。と、調子のいいこと言ってますが、なんてことはない、ただのバッヂ好きです。

どこで手に入るか教えてもらい早速募金してきました(募金というか一個300円で、その売り上げの一部が復興支援に充てられる仕組み)。スタッフへのお土産や自分用に計7つ。



この日以来約二週間、僕の胸からはパステルズやスティッフやクラッシュやストロークスやソニックユースなど、お里が知れる類のバッヂは外され、このロマンティックで上品なファブリック・バッヂがクラシカルな倫敦の香りを添えています(でも自分、スウェットパーカやライダースなのでミスマッチかつ雰囲気台無しの感あり)。

とにかく、バッヂ好きには激しくおすすめ(そもそもそんなにいるのか?バッヂ好きって)。
もう無いかもしれないけれど、松屋銀座で見かけたら募金したらいいと思うよ。



『Goodbye, our Pastels Badges』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-08 19:51 | 日々
Ginza Samba
d0025304_195356.jpg

明日は銀座にある洋服やら何やらいっぱい売ってる牛丼屋みたいな名前のビル(←失礼。ホントすみません!調子のりました!)にいろんな提案に行くぞー、ということが急遽決まるこのスピード感、非常に楽しいです。

そんなわけで、朝からお邪魔してきます(って昼前だけど、それを朝イチって言っちゃう我らの業界って何なんでしょうね)。ついでに買い物もしたい(さすがに明日は無理だけどね)。



写真はずいぶん前にもらった友人からのUSJ土産。
この世でイチバン勇気の出るボールペン。
テキトーに撮ったらネムくなり色もおかしくなったので、モノクロでごまかしてしまった。。。。。



『Ginza Samba』 / Stan Getz
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-24 01:11 | 日々
North Marine Drive
d0025304_15345578.jpg

d0025304_1535785.jpg

その昔、僕が中学〜高校生の頃、大好きな洋服屋のひとつにノース・マリン・ドライブというドメスティック・ブランドがありまして(ブランド自体はもっと前からあったと思うけど)、今ではR by 45rpmとか45' AI INDIGOといったブランドに名前とカタチが変わってますが、当時から若向けのカジュアルウェアにしては値段がお高く、思いのままにぽんぽん買えるわけのない、“手が届きそうで届かない才色兼備の同志社女子のコ”みたいなブランドでした(と言いつつ通学時用にリバーシブルのウールコート愛用してました&同志社女子の、、、まあ、それはいいとして)。

“ノース・マリン・ドライブ”、なんかすごい好きな響きなんです。なんなんでしょうね、マリンはさておき、“ノース”と“ドライブ”に関しては全く興味ないどころか、どちらかというとキライなものの部類に入るんですけどね、“ノース・マリン・ドライブ”って続けられると、途端に素敵な響きに聞こえちゃって、いいね“ドライブ”、行っちゃう?(免許も車もないけど)と浮かれ気分。そんな非常に感覚的な理由で、若干可愛らしいノース・マリン・ドライブの服が好きだったという、どうでもいい話。ちなみにいまだにバンダナとスカーフは愛用してます(頭には巻きませんよ、バンダナ。ハンカチ代わりです)。

そしてほどなくして、パーフリちゃん経由でベン・ワットの『North Marine Drive』にも出会うわけです。素敵なアルバム。ロバート・ワイアットも参加しているという、今思うとちょっぴり大人なレコード。でもね、ちょっぴり大人になってから思うに(とか言って完全に大人ですが)、いわゆるネオ・アコって、“青春の”なんてよく言われるけれど、ちょいビターでやたらメランコリックな感じが、青いというよりはむしろ大人っぽいなぁと感じるんですが、どうでしょう?
そういうわけで、『North Marine Drive』も海ッ!みたいなテンションではなく、しっとり大人気取りのボサ・ノヴァ・ミーツ・ネオ・アコ。人があまりいない春の海、秋の海って感じ。なんか曇ってるし、雨もちょっとぱらついてきたね、でも良いね、海。そういう気分にさせてくれるアルバム。

そんな気分でゴールデンウィークのまっただ中、七里ヶ浜に行ってきました。

中位が定位置となり、ということはシーズン序盤は勢いの出ない、そしてあげくの果てに2部に降格し、その2部でも中位を目指してしまっているチームを応援する限り、黄金に輝く5月なんて望むべくもない夢のまた夢の話なので、レジャー感バリバリの鎌倉小旅行ではなく、“ダービーに向けて心を落ち着かせ集中力を高めよう”鎌倉ヒーリングの旅という風情で、しっとりと。あ、しっとりしていたのは雨の鎌倉だったからかもしれませんけれど。ベン・ワットを聴きながら、海へ。

オーガニック・フレンチのシェフと一緒に鎌倉食べ歩き、と言えば聞こえがいいのですが、いろいろ迷って、、、おなじみ七里ヶ浜のDouble Doorsへ(結局絶対この店に行ってる)。

甘味もたくさんいただいたので、満腹すぎたり眠くなったりで、ほぼDouble Doorsで過ごした後、鎌倉駅からそう遠くない古着屋で昔のグローブ・トロッターが格安で売っているらしいという情報をもとに夕暮れ時、雨の鎌倉をぶらついたのでした。結局買わなかったけどね。



あ、そうそう、何ともヘンな写真でスミマセンね。なんかね、たまに人から言われることに、食べ物についての記事が少ないとか、あったとしても写真がないねとかそういうのがあるんですが、そのせいで食べ物に興味ない?みたいに思ってる人もいるようで、いやいやそんなことはないんだけども。
でもそもそも、自分のような人間がどこで何を食べたかって、みなさんそんなの興味あるんけ?とも思う。(ここでいっせいに、「うん、お前のは興味ない」の声)

あとね、個人的には運ばれてきた料理に手をつける前にカメラでカシャリ、というのが好きくない。なんかそれって間違ってるっていう気がするし、同じものづくりを生業とする人間として礼節に欠ける行為だと思ってるからなんです、大げさに言うと。
例えば自分の創ったTシャツを気に入ってくれた人がいたとして、写真を撮りたいならそれは袖を通してからにしてほしい。創ったものを本来の楽しみ方で体験してくれた後なら写真撮ろうがツイートしようがご自由にどうぞ&そうやって広めてくれるのは嬉しいです!という気持ち。実はこれ、仕事にしろ趣味にしろ宿命にしろ、ものづくりしてる人ならきっとわかってくれるはず。

なんて言ってはいますが、実際には飲食系の友人・知人の意見は様々で、「冷めるやろ早よ食えぼけ!」や「店内の雰囲気が台無しじゃ携帯で撮るなあほ!」や「一言断ってからにしてくれよな礼儀として」という考えの人がいる一方で、「宣伝にもなるから嬉しいよ、写真撮ってブログとかツイッターって。だからじゃんじゃん撮って♡」という人もいる。

まあ、人それぞれです。でも自分の連れが箸より先にシャッター押したらややキレる、かも。



『North Marine Drive』 / Ben Watt
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-19 15:44 | 日々
MICKEY MOUSE CLUB MARCH
d0025304_2233345.jpg

ミッキーがロンドンコーリングっ。

我がブースには結界を張るかのごとく、いろんなものが並べ掲げ貼付けられています。
クロマニヨンズのタワレカード、ラットフィンクのエアフレッシュナー、メキシコのガイコツの土産もん、鎌倉のポストカード、グレッチギターコレクション(ホワイトファルコン)、シルバーチャリオッツ、ユニオンジャックミニクーパーのUSBメモリ、中川正子さんの写真(校庭で遊ぶ子供たち)、バンクシー初監督映画の前売り券、エトセトラエトセトラ。
これら様々な飾りは、やらない人は全くやらないけれど、結構好きな人はてんこ盛りでやってたりする。自分はもうメガ盛りタイプですね。僕にとってはそうすることが、イマジネーションの源流を呼び起こしたり、日々千々に乱れるメンタルの安定・高揚に効果があるのです(と思い込んでいるのです)。
だからにぎやかですマイ・ブース。

そんな中でも、Macの上の最前列でギターを破壊せしめんとしているのが我らがネズ公。これボク妙に好きで、自宅にも三体います。同じやつともっとでかいやつと真っ黒一色のシブいやつ。やっぱりロックンロールだね、夢の国でも。



『MICKEY MOUSE CLUB MARCH』 / Andrew W.K.
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-18 23:13 | 日々
Stand Up
d0025304_23471553.jpg

しれっとブログ再開してみてますが、当分はいつも以上に相当不定期&タイムラグありまくりになると思われます。

なぜなら、全く余裕が無いから。



というのは真っ赤なうそで、PCの前に座る時間がぐぐっと減ったからです。
もちろん毎日数時間は座っているのだけれど、デザインワーク以外でPCを使う気になれないというかなんというか。なので、写真の整理や音楽データの管理もままならず、、、という状態です。

デザインするにしても、ある程度はイメージ固めてからPCに向かうか、もしくは誰かと連携してやるかなので、その誰かのPCの脇でもうちょっとこうしよー、そうだああしよーと好き放題言う自分だから(こう書くとなんかあれだね、嫌な感じですね。ま、いっか)、それほど自分のPCにべったりというわけではないのです。スケッチしたり、キーワードを紙に書きつけたりしてる時間の方が長い日もあるぐらい(あと長時間ブレストね)。あまり絵を描くのが得意ではない自分としては、毎日描き始めは苦痛なのだけれども、15分もたてば全然そんなことは忘れてしまい、得意じゃなくてもやっぱり楽しいものは楽しい、とウキウキやってます。特に道具選びが。(←そこ!?)

スケッチやアイデアメモに使用しているのは、ユニのジェットストリーム3色ボールペン(0.5mm)か、タワレコのシャープペンシル、そしてリラの鉛筆。
昔は鉛筆といえばステッドラーとハイユニを併用していたものですが、今は陰影の幅や描きこみが求められるわけではないので、芯ののり具合なんて気にせずに単純に黒いボディの鉛筆がいいなという理由だけでリラ。言ってみれば丘サーファー的な感じ。ってちょっと違うか。まあとにかく、もはやカッターナイフで鉛筆を削ることもなく、ちっちゃい鉛筆削りでくるくる削ってます、勢いで描いちゃってます。



そしてこの勢いをつけるためには音楽って重要で、今の環境では音楽鳴り響かせてというのが無理だから、毎朝オフィスに向かうまでの時間が超重要。何となく選んだアルバムを聴きながらオフィスに向かい、到着まで5分ぐらいの距離にさしかかると、今日の一曲を再生。
ここでイマイチな選曲をしてしまうと、理想の一曲を探し当てるまでその場に立ち尽くすことに。大人たちにビュンビュン抜かされながら、ああでもないこうでもないと迷い焦り、結局『Rocks』をかけて歩き出すと微妙に遅刻、なんてことには今のところはなっていませんが、きっとその日は近い。

というわけで、今朝の一曲はProdigyの『Stand Up』でした。



『Stand Up』 / Prodigy
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-17 23:13 | 日々
かけら
d0025304_2019773.jpg

アジアカップやりましたね。嬉しいですね。
コンちゃんの試合中ベンチに向かっての「ん?なに?ボランチ?あー、無理無理。それは今は無理ッ!!」ってのがかなりツボでウケまくりました。(←もちろん、実際にはこんな言い方ではない)

今日は細々したお仕事の合間をぬって過去の制作物のデータ化のために、パンフレットや広告物などの複写をしてました。

で、そのまた合間にフェイスブック上で写真の整理をはじめてみました。

“Facebookを利用していない人も下のURLからこのアルバムを見ることができます。”というふうに表示されていたので、URLを載せてみたり。

http://www.facebook.com/album.php?aid=22325&id=100001799437414&l=9b94be12a7

ちゃんと見れるのかな。。。



『かけら』 / 三上寛
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-02 20:24 | 日々
ジャスト・ライク・ハニーを口ずさみながら
d0025304_1730262.jpg
d0025304_1730108.jpg

鎌倉のスターバックスにはプールがあって、店内もゆったりで、かなりおすすめですよエイハブ船長。僕も今回初めて行ったんですが、とても気に入りました。
ということで、出直してきましたよ、いざ鎌倉。三が日は人が多すぎて危険、それだったら1月5日だ、という非常に中途半端な感じで。それでもまだまだ参拝客は多くて、一瞬焦りましたが、無事初詣完了。

二の鳥居をくぐり段葛を練り歩き、三の鳥居の前で記念撮影している人々を蹴散らし、参道でテキ屋を冷やかしつつ、本宮の手前、手水鉢で身を清め、大石段を息ひとつ乱さずに登りきり、人で溢れる本宮でものんびり余裕で人の波が途切れるのを待ち、最前列へ。賽銭をえいやと投じ、ゆっくりと2礼2拍手1礼。これでもかと、大量のお願いごとや誓いごとや決意を唱えました。
完璧。
これほど完璧、完全無欠な初詣もちょっとないぞ(もちろん自分史の中で)、やったねこりゃ。最高の気分だ。
お守りふたつと大銀杏の木霊が宿る枝片とおみくじを買い求め、初詣完了。
なぜ、お守りをふたつ買ったかというと、初詣初心者の自分にはちょっと驚きだったんですが、一口にお守りといっても、もの凄い種類があったからなんです。目的も細分化されていて、意匠も多種多様で、中には、なんじゃそりゃという有名キャラクターがあしらわれたものもあったりして、だから頑張って絞り込んでもふたつぐらい買わないと追いつかないのです。そんな気がしたのです。だからふたつ。ずばり“成功守”と“勝守”。今年は勝つぞー。たくさん勝つぞ。
さっそくお守りふたつを身に着けて鶴岡八幡宮を後にする。
何と気分の良いことか。
おみくじは小吉だったけど。

まずは、今年の目標ひとつめ、“初詣に行く”達成。



ところでお賽銭、あれっていくらがいいんでしょうか。語呂合わせで入れる、というような話を聞いたこともありますが、駄洒落があまり上手くない自分は硬貨全種類にしよう!と500円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、10円硬貨、5円硬貨、1円硬貨を一枚ずつ投げ入れてきました。
ふふ、合計666円だ。蝋人形にしてやろうか!(←ばか)



『God Only Knows』 / CORNELIUS
[PR]
by clyde_8 | 2011-01-20 18:09 | 日々
God Only Knows
d0025304_16273584.jpg

まあ、いまさらなんなんだという話ですが、今年のひとつ目の目標は初詣に行く、でした。
もともとあんまり初詣に行くような人間ではなかったので、最後にちゃんと初詣に行ったのは、えーっと、最後に初詣に行ったのは、あれはたしか、えーっと、んん、初詣といえば、えーっと、、、記憶にない。記憶にないということは少なくとも20年以上前ということで、こうなってくるともうね、初体験に近い。どこに行ったらいいかもわからないので、大晦日に本屋に行って調べたりもしたんですが、初詣本なんて見当たらず、家の近所で初詣臭漂わせてる人の後について行くかなんかでいいかという考えもよぎったものの、いや違うな、もっとこうなんというか、気合いと気持ちを入れて好きな街に行くのがいい、あ、鎌倉だ、ということは鶴岡八幡宮だな。ってわけで、1月2日に、いざ鎌倉。行ってきました鶴岡八幡宮。

わりと朝早くに起きて、鎌倉着いたのはしっかりばっちり午前中。だったのに、駅に降り立って初びっくり。
人多ッ。初詣というのはここまでスゴいものだったのか。駅のホームから溢れんばかりの群衆で改札口に辿り着くまでに30分(体感時間で、だけど)。人だかりの若宮大路をのんびりと、人々に次々と追い越されながら(歩く速度が非常に遅いのです、私)、気分はすっかり初詣。三の鳥居を抜け、鶴岡八幡宮境内へ、本宮に至る参道に踏み込んだところで初唖然。
入場制限されていて人の波が溜まって、動く気配ゼロ。これはあかん。完全に舐めきっていたぞ、初詣。
連れと相談すること4秒。よし、出直そう。

というわけで、江の電乗って七里ヶ浜へ。年明け早々Double Doorsで蛸を喰ってやりました。
コーヒー飲みながらお年賀の宛名書き。
年賀状を投函して砂浜へ。
写真が趣味のおじさんに写真撮らせてくれと声かけられました。カメラぶら下げてる僕は複雑な気持ち。
海にはたくさんのサーファー。
打ち寄せる波の泡がビールみたいだな。
さあ、帰ろう。
初詣はまた今度。

1月2日にして早くも計画失敗、と見せかけて臨機応変さを見せつけた自分。
なかなか良い年になりそうだ。



『God Only Knows』 / The Beach Boys
[PR]
by clyde_8 | 2011-01-20 16:19 | 日々