カテゴリ:FC東京/サッカー/フットサル( 298 )
Sailing
d0025304_2134561.jpg

原宿の某オフィス、午前中のプレゼンにて。
そろそろ話もまとまった頃、担当女史の一人がぽろりと、昨日サッカー観ましたか?

もちろんですよ。

どうでした?と何とも大雑把な問いかけ。隣に控えるもう一人の担当女史を指し、この人はまったく観てないんですよ、日本でやった時も観なかったぐらいですから。
うーん、どうでした?と聞かれてもなぁ、と思いつつもついつい本音を言ってしまう。

がっかりしました。

えー!?私は感動しましたよー。泣いちゃいましたよ。と興奮気味に語るその顔には、なんとなく爽やかな達成感というか充足感のようなもの。

そうかー、やっぱりいろんな見方があるんだなぁ。
自分はパラグアイに勝てると思っていたから、根拠はないけれど1点差で勝つと思っていたから、もの凄く残念で、試合が終わった時にとっても脱力してしまったんです。勝ってたら泣いてたかもなぁ。

ま、感動する気持ちもよくわかるし、松井が好きな気持ちは非常によくわかるし、長友?それどの人ですか?という感じもなんとなくわからないでもない。そんなようなことを三人で楽しくお話して、ではまた、と帰ってきたわけです。
ちなみに、もうひとりのいっさい試合を観ていないほうの女性は、なんで観ないかというと、普段から興味を持っていない自分がお祭りムードに乗ってみても、なんかそれは違う気がするし、実際それほど喜んだり悔しがったりできるとは思えない、それに、ボールが行ったり来たりしている間、どうしてればいいのかがまったくわからない、ということだそうです。(うん、これはこれでなるほど!なんて筋の通った人なんだろうと感心した次第です)



その後、次の打ち合わせまでの小休止、ふと思い出した自分の携帯の中にある一枚の写真。
パラグアイ戦の数時間前に打ち合わせ場所のロビーにあった七夕の短冊。
願い事は“ワールドカップ出場”。
たぶんこれ、サッカー少年が将来の夢を書いたか、“ワールドカップ優勝”と書きたかったんだけれど、“ワールドカップ出場”って間違っちゃった、という短冊なんだろうなぁと、微笑ましいなぁとなんとなく携帯で撮ってみた一枚。

でもいま見るとこれ、僕には2014年ブラジル大会出場を願う一枚に思える。
多くのサッカーファンと同じように、岡田ジャパンには非常に複雑な思いを抱いていたので、大方の予想を覆すベスト16という結果を手放しで喜び、ごめんね岡ちゃんありがとうニッポンなんていう気分にはなれないけど、ベスト4が目標やったはずやのう?キーマン本田にいたっては優勝を目指してたんちゃうんか。それがベスト16止まりって、半端この上ないわ!なんてふうに、ハードコアな代表サポーターになれるわけでもない。
日常生活に支障をきたさない程度の、週末にフットサル仲間と日本の戦いを少し振り返ってボール蹴れば塞がる程度の穴が心の隅っこにあいただけ。
そんなほんの少し弱った心に一筋の光をさしてくれた短冊。

まだ次の船長が誰になるか決まっていない日本代表、思いきり気の早い話だけれど、希望に満ちた4年間の航海へ、新たな旅立ちはきっともう始まっている。
そんなことを思う昼下がり。



それはそうと、長谷部。
ジョホールバルのヒデを思い出させる試合後のコメント、Jリーグ観に行って盛り上げてほしい(というような感じ)なんて、素敵過ぎるよキャプテン!
長谷部のコメントと、松井の男気と、アエド・バルデスの浪花節(かどうかはわからないけれど、駆け寄ったのは確かだ)に涙した自分。(←結局泣いてたんやんけ!)

さあ、すぐにJリーグ再開だ。
さっそく大黒祭じゃいッ!



『Sailing』 / Rod Stewart
[PR]
by clyde_8 | 2010-06-30 12:59 | FC東京/サッカー/フットサル
Let it be all right
d0025304_168920.jpg

d0025304_1682135.jpg

d0025304_1683430.jpg

5/5、水曜日、Jリーグ第10節、仙台戦、アマスタ。
5/9、日曜日、Jリーグ第11節、山形戦、NDソフトスタジアム山形、渋谷エスタディオ(中継参戦)。
5/15、土曜日、Jリーグ第12節、清水戦、アマスタ。

直近三試合、一勝二分け。
全然良くない。良くないんだけども、なんとなく“兆し”のようなものを見せてリーグは中断に入りました。

重松の“匂い”、森重の攻撃力、ヨングンの左足、梶山の復活、松下のユーティリティ、平山の小さな復活、スタンドの小さな安堵と大きな希望。

勝てたゲームがふたつ、勝ち点を4落としたことを本気で悔しがるべきなんだろうけれど、まずは少しずつ積み重ねていろんなものを取り戻してから、夏、反撃の季節といきましょう。



あ、そうそう、今シーズンは何年ぶりかにゴール裏に移動したんですが、MXさんがしっかり撮ってくれました。



『Let It Be』 / SMAP
[PR]
by clyde_8 | 2010-05-19 15:39 | FC東京/サッカー/フットサル
教えをください
d0025304_16334060.jpg

d0025304_16335338.jpg

4/24、土曜日、Jリーグ第8節、ガンバ戦、万博記念競技場、笹塚エルロコ(中継参戦)。
5/1、土曜日、Jリーグ第9節、広島戦、広島ビッグアーチ、代々木ラ・ボンボネーラ(中継参戦)。

初エルロコ、今年初ボンボネーラ、両方ともすごい混んでたなぁ。
今となってはそんな記憶しかないアウェイ2連戦。2連敗やんけ。

さらに思い返すと今期は絶対に負けない(というか勝つ!)と目標を立てた、鹿島、川崎、ガンバ、広島、浦和の5チームに対して、4敗1分け。。。ほとんどのチームが怪我人で主力を欠いている状況だったので、これはもう怪我人がいるからとか言い訳にならない、もしかしたら迷走状態なのかも。。。
広島戦に至っては前半28分に平山交代なんていう、ちょっとあまり考えられない展開で、城福さんの采配に初めてはっきりと不信感というか深い疑問を感じてしまった。。。
この日の28分で判断したわけじゃないというコメントが出てたけれど、それってどうなんだろう??だったら初めから赤嶺でスタートした方がすべての選手が納得しただろうし、現に戸惑いの感じられるコメントを残していた各選手の様子から、チーム全体にはっきりと影を落とす動揺のようなものが見て取れる。それに普通に考えると、ビッグチャンスを外したとはいえ、相手に脅威を感じさせるシュートも打ち、チャレンジしていたFWを20分やそこらで替えるという決断は、どこか感情的なもののような気がするし、実際にそうだったんじゃないかなと穿った見方をしてしまう。

嫌ですね、穿った見方。そんなわけでサポーター心理も迷走中。

明日はなんとかゴールと勝利を。

d0025304_16341596.jpg

『教えをください』 / デスマーチ艦隊
[PR]
by clyde_8 | 2010-05-04 16:29 | FC東京/サッカー/フットサル
Substitute
d0025304_11334726.jpg

先週、だったかな、遊びでフットサルやっている自分にとっては、なかなか得難い貴重な経験をしました。

川口信男と加賀見健介率いる(って、この二人が率いているのかどうかは知らんけど、、)、その名もずばり“FC東京”というチームと試合をしました!
すご。
しかも真剣勝負。

フォトグラファー圭介さんからのお誘いで、MFP調布主催(なのかな?)のリーグ戦に参加しているチームにお邪魔したんです。
“相手がFC東京なんだったら、そりゃあ西島だろう。あれを誘わないで誰誘う?”というステキな心遣いに完全に甘え、戦力になるはずもないことは承知で思い出づくりに行ってきました。(←そんなんでいいのか?)

雨が降ったり止んだりのコートに着くと、すでに一試合目を他のチームと戦っている見慣れたアディダスのチームウェア。あ、あれがFC東京だ。全員びしっと揃ったウェアというのはそれだけで妙に強そうなものですが、なんかでかいぞみんな、速いぞみんな、うまいぞみんな。あ!ノブさんがいる!加賀見がいる!とそれとなくファン目線。うわあ、この人たちとやるのかぁ。。。試合終了、8-1で勝ってるし。。。めちゃくちゃ強いな。

とってもふわふわした状態で30分ぐらいアップする。真剣な表情でミーティングしているFC東京が気になる。他の参加チームの試合も気になる。気もそぞろ。はは、気もそぞろって久々。
自分たちも戦術確認。基本は守備から、カウンター狙いで、ドリブル勝負は避け、繋げないときは無理せずセイフティに、というような感じ。ま、簡単にいうと“守るぞ!”。圭介さんとは8-1はヤだね、5点以内に抑えたいね(もちろん失点を)なんていう、若干本気の変な目標を掲げる。

でも、真剣勝負の空気ってすごい。
コートに入る頃には、メンバー全員、勝つぞってイメージを持って本気の眼差し。
ベンチスタートの自分も、後半に備えて相手の攻め方を研究。そしてノブさんに熱視線。(←どうしても残ってしまうファン心理。。)
後半からピッチへ。加賀見をマーク。でかい、速い、うまい、かたい。あれ?でもなんかチームで守れてる感じがする。焦れたのか、余裕からなのか、ゴレイロをフィールドプレーヤーに変えてパワープレーで攻め込んでくるFC東京。耐えて耐えて、跳ね返してカウンター。
うわあ、加賀見がボールをとりに来てるよー。ノブさんが突っ込んでくるよー。おお、挟まれた♡。(←どうしても残ってしまうファン心理。。)

楽しい。
悟空の気持ちがよくわかった。

試合終了。

勝っちゃった。
4-1で完勝。

ギャラリーからもナイスゲームの声。
めちゃくちゃ楽しかったなあ。

ノブさん&加賀見と写真でも撮れたらいいななんて気持ちは、どっか隅っこに転がって雨にぬれて流されて消えちゃってました。それに嫌だろうしね、記念撮影なんて。勝ったのはウチらだから。あは。(←急に沸き上がる上から目線。。)

素晴らしい夜を過ごせたこと、圭介さんに大感謝です。

ボール蹴ってると楽しい出会いがあるもんだと、尋常じゃない筋肉痛をお土産に雨の飛田給を後にして、シャワーでも流れない興奮を抱えて死んだように眠りました。



『Substitute』 / The Who
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-28 10:59 | FC東京/サッカー/フットサル
Oops! Here I Go Again
d0025304_143876.jpg

4/17、土曜日、Jリーグ第7節、京都戦、アマスタ。

試合前の予想、というかなんか予感、4-1で勝利。京都には申し訳ないけれど、けっこう本気で楽勝の日だと思ってました。かずおさんも楽勝気分でのんびり構えてる感じしたし、シオニューも余裕でイモ食って、カオリンも「今日はリカルなんたらって子がやるんでしょ?できる子らしいじゃないの。ヤナギサワは出るの?」とどっかの協会の人みたい。acoも試合前のアップをチェックしてゴール予想ばっちり、ゴールショー観ながら食べようぜと弁当たっぷり。

なのにあっさり先制。。。

話が違う!

森重が攻め上がりを見せつつあるのは楽しみだし、重松のPKは頼もしかったけれど、もっかいやりなおそうぜ第7節。



『Oops! Here I Go Again』 / Edna Wright
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-23 14:02 | FC東京/サッカー/フットサル
Brazil
d0025304_1416431.jpg

d0025304_14163458.jpg

4/14、水曜日、Jリーグナビ杯予選第2節、大宮戦、NACK5スタジアム大宮。

最近、FC東京スターズを観たんですが、ブラジル人FWってやっぱり頼もしい。
そういう意味では今期の東京はちょっと寂しいなあ、ブラジルDayどーするんだろー?
今の東京のブラジルの香りって、なんか空振りとか平気でするし、試合中ピッチサイドから思いっきり、それも怒りまじりでポジション修正の指示出されまくってて、試合後の愛想だけは以上にトップクラスのリカ坊やがいるだけだもんなぁ。。。

そんなことをなんとなく考えて、団子食いながら『マイ・シャローナ』聴きにNACK5に向かいました。

ごめんな、リカ。
お前もあれなんだな、暖かくなるにつれて調子上がり、夏の熱いピッチで爆発する生粋のブラジリアんなんだな。
この日はちょっと先取り、リカ爆発の予告編でした。
リカ、いい感じ。になる予定。



『Brazil』 / Tahiti 80
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-16 12:35 | FC東京/サッカー/フットサル
The Future
d0025304_167336.jpg

d0025304_167491.jpg

4/10日、土曜日、Jリーグ第6節、鹿島戦、アマスタ。

鹿狩り失敗!
でも、“Jリーグ王者を苦しめた”という挑戦者の気分ではなく、“勝てた試合を落とした”かもと思える内容に本気で悔しがれたので、なんかいい感じ。
羽生が、やっぱりうまい。自分のような遊びでボール蹴ってる人間でも羽生のプレーは非常に参考になる、イメージをかき立てられると感じるぐらいだから、きっと東京の選手たちにとっては最高のお手本なんだろうなあ。
これからが楽しみ。

この日は、acoがスタジアム周りで写真撮ってたり(1枚目の写真がaco撮。足は僕)、試合前のフットサルにエイキくんに飛び入り参加してもらったり、飛田給を満喫した一日だったなあ。
エイキくん、おっさんたち相手に堂々の1ゴール!相手キーパーの股を抜いてたね。いつか青赤のユニフォーム姿で味の素スタジアムに立つ日を楽しみにしてるよー!

バックスタンドに潜んでいたゆみたんに会えなかったのが若干心残り。。。



『The Future』 / Guy
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-14 10:43 | FC東京/サッカー/フットサル
Beautiful Future
d0025304_1614935.jpg

d0025304_1615330.jpg

3/31、水曜日、Jリーグナビ杯予選第1節、名古屋戦、俺たちのコクリツ。

ナビスコ開幕。そういえば、僕ら前年度王者なんですね。マークとか注目とかされてるんでしょうか?まあ、いいけど、どっちでも。
自転車で行ってきましたよ。道中も楽しかった。

さて、コクリツといえば平山。田中ムルザニをへろへろにしてやりましたね、一回だけだけど。なんか転けてたよ、田中。ざまあみろ。あんなもんずっと転けてればいいんじゃい。(←はるか昔の決勝前日の恨みが根強い私。その時も優勝したのは俺らだけど)
そして平山ゴール。今期はナオから平山の得点パターンが美しくて好きです。

それよりも好きなのはもちろん重松。
また決めたよ重松!
権田がPK止め、むっくんが怒る田中ムルザニを無視して、大竹のアシストで重松が決める。東京ユース出身の躍動。良いもの見たなあ。
同点ゴールのあと、ロスタイムは残り2分足らず、それでも重松は蹴り込んだボールを抱えセンターサークルへ、キックオフを急いでいた。その背中は逆転する気満々だった。いつかの今野のようなその背中に東京の美しい未来を見た気がした。

クラシコでも決めろ。
あと、そろそろナオゴールが出そうだね。



『Beautiful Future』 / Primal Scream
[PR]
by clyde_8 | 2010-04-02 16:19 | FC東京/サッカー/フットサル
希望、またはマイ・シャローナ
d0025304_6584797.jpg

3/28日、日曜日、Jリーグ第4節、大宮戦、NACK5スタジアム大宮。

仕切り直しの大宮戦。審判にしょうもない試合にされたけど、なんというか、荒ぶるフットボーラー狂犬今野って感じ(←若干意味不明)のコンちゃん凄まじかった。あの人やっぱり凶暴ですよね、なんか。
それから、ユータ無きいま、俺たちの重松!デビュー戦初ゴール!!やった。嬉しい。
良い試合なんかじゃまったくなかったけれど、大宮寒くてひたすら震えたけれど、それでも、“東京の希望”が誕生する瞬間を見ることができてよかった。重松かなりアピールできたねー。でもね、あれでもまだまだ大人しいと感じたけど。もっともっと!若い攻撃の選手が大好物の私(←なんか誤解を招きかねない)はこれからが楽しみでしょうがない。

あとね、試合に関してどうこうじゃなくてすみませんが、NACK5スタジアム大宮、ちゃんと(?)『マイ・シャローナ』がかかってることに今更ながらに気づいた。やっぱり良い曲ですね。先月逝ってしまったダグ・ファイガーに合掌。

d0025304_6591467.jpg

『希望』 / 100s
[PR]
by clyde_8 | 2010-03-31 07:16 | FC東京/サッカー/フットサル
俺達には土曜日しかない
d0025304_16174929.jpg

3/20、土曜日、Jリーグ第3節、桜戦、アマスタ。

モニとオマタとの再会、それと先週第2節にしてつまずいたチームとしては内容はともかく、結果を求めて仕切り直したい一戦だったけれど、不完全燃焼に終わっちゃいました。怪我人がいるから仕方ないけれど、厚くなったと思っていた選手層、実は薄い。。。
理想の土曜日は平山爆発、ナオゴラッソ、松下東京初ゴールで、オマタの成長ぶりに目を細め、悔しがるモニの姿を反芻しながら家路につく、みたいな感じだったんだけれど、ぜんぜん違いました。
当分は我慢の時期なのかもしれないけれど、守備は3試合終えてPKの1失点のみなので、ゴールさえ生まれれば、チーム力を高めながら勝ち星積み上げられるはず。というわけで重松が見たい。練習試合ではかなり調子いいみたいだし、大宮に連れてってあげてくれないかな。



試合後のゴール裏、軽いブーイング、初出場選手以外へのコール無し。これって強くなるクラブの予感。シーズンの早い段階で、これじゃあダメだ納得いかない、という空気になるってのは、俺らも本気で優勝(争い)を望んでいるし、できると信じているクラブのスタンドって感じがした。あれはあれで良い雰囲気だと思う。モニがわざわざ挨拶に来てくれたしね。良いシーンだったなぁ。



今週もかずおさんファミリーにお世話になり(ミサンガありがとうございました!足首に着けてます)、シオニューもようやく開幕。acoは早くもスタジアムに馴染んできてる、、、というか、ナオがボール持つ度に誰よりも興奮して叫び散らすという完全にサポーターと化してしまいました(またこれ、声がよく通るんだ、叫び声が)。良いシーンだったなぁ。

あ、それはそうと、ちゃんとマフラーを一本渡してあるのに、『You'll Never Walk Alone』の時は僕のを取り上げてそれを掲げるのはなぜだろう。一緒に持つという意味なのかと手を伸ばしたら避けられたよ。おい!
そして逆さだし。

d0025304_165424100.jpg

『俺達には土曜日しかない』 / 氣志團
[PR]
by clyde_8 | 2010-03-23 16:01 | FC東京/サッカー/フットサル