カテゴリ:FC東京/サッカー/フットサル( 298 )
涙のむこう側
d0025304_17275399.jpg

5/8、日曜日、Jリーグ第11節、富山戦、アマスタ。

失礼を承知で言うけれど、相手は富山だよ?
いや、あんまりよく知らないし、昨季最下位だし強いという噂も聞かないからって、そういうことではなくて、もっと言うと富山だからどうこうではなくて、今年は全勝優勝ぐらいの勢いで、去年の柏以上にJ2無双となることを期待されている東京にとっては、相手がどこだろうと所詮J2だろ?ぐらいの気持ちでいって、当然内容も結果も、失礼無礼を言うだけのことはあるという圧倒、完勝を見せてくれないといかん。それは、J2を舐めてるとか、どこが相手でも敬意を持って戦うとか、そういうこととはまた別の話で、やっぱりそれだけの戦力が揃ってるのだから、結果も内容も過剰に求めたい。
だから、1-0という薄氷感ばりばりのギリギリの勝利は、ふざけるな!と恫喝してしかるべき体たらくなのだけれども。

なんか、涙をこらえるのに必死な僕ら。

羽生が泣いているから。

点が取れない、勝てない苦しさ、それ以上に試合に出られない苦しさや東京の22番を叫ぶその姿に、僕らは胸を熱くし、羽生がいてくれてよかったと心から思った。
この日はあのゴールと涙を見ることができて、それだけでよかったと思って、やっぱり甘い優しい僕ら。



後からふと気づく、フォア・ザ・チームの権化的な羽生がああいう発言をするということは、あまりチーム状態が良くない、というか相当酷いところまできてるんだね、と。
おい!大熊ッ!!オマエ代表で修行積んだんだよな!?
どーなってんだよ!!



『When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You』 / Marvin Gaye
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-01 17:40 | FC東京/サッカー/フットサル
あの日にかえりたい
d0025304_1703653.jpg

5/4、水曜日、Jリーグ第10節、緑戦、アマスタ。

久方ぶりのアウェイゴール裏から見る味の素スタジアム。土肥ちゃん相変わらずの不安定なキック。

ダービーには勝利以外何の意味もないのだよ。
10人になってから良いリズムで攻めることができたとか、アウェイなんだから勝ち点1は最低限の結果だとか、そんなことはどうでもいい。ただ勝ってほしかった。汚い手を使ってでも、PKでもオウンゴールでも誤審でも何でもいいから勝ち点3。それ以外はいらなかった。

とにかく勝つぞ、そんなヒリヒリした空気が、ピッチとスタンドに充満していたいつかの味の素スタジアム、それを知っていたのは実は土肥ちゃんだけだったりして。。。

って、おい!大熊ッ!!オマエ知ってるよな!?
どーなってんだよ!!



『あの日にかえりたい』 / 荒井由実
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-01 16:59 | FC東京/サッカー/フットサル
口笛は東京ブギウギ
d0025304_1662440.jpg

今朝、祐天寺駅前でFC東京スタッフがエルゴラッソの号外を配っていました。
その昔、フロントスタッフとは一緒にフットサルしたり青春18きっぷでアウェイ行ったり敗戦の疲れをスーパー銭湯at広島で癒したりしていたので、妙に親近感があり思わず話しかけそうになっちゃいました。吉祥寺に住んでいた頃はFC東京NEWSを配るフロントの姿をよく見かけたけれど、祐天寺では初めて遭遇したということもあって、すいすい〜っと吸い寄せられちゃって。ま、さすがに話しかけはしなかったけれどもね。

今週のホームが駒沢開催だからなんだろうけれど、祐天寺の駅前で「FC東京でーす!」と声だして号外配る姿にこっちのテンションもあがりました。そして、ことごとくスルーされてもめげないその姿に勇気とまだまだ認知も低いし、俺らSOCIOも頑張らなあかんと気を引き締めた朝。



そんなわけでオフィスでは、にわかにわき上がった東京愛の昂りを胸に、東京ブギウギ口笛で吹きながら新聞の広告チェック&デザインチェックをしました。
態度でかい、もしくは耳障り、という懸念を感じつつ。我ながらよく怒られないもんだ、と感心しつつ。



『東京ブギウギ』 / 美空ひばり
[PR]
by clyde_8 | 2011-06-01 16:10 | FC東京/サッカー/フットサル
Leave Me Alone
d0025304_22514424.jpg

4/30、土曜日、Jリーグ第9節、札幌戦、アマスタ。

攻めても攻めてもシュートには至らず、シュートうっても惜しくも何ともない凡打連発で、勝てる空気ゼロ。。。

相手が引いてるとか閉じてるとか、こっちは怪我人多いとか、いろいろあるんだろうけれど、とにかく相手チームにはひじょーに敬意を払われ、警戒され、対策され、、、そして攻略されつつある我ら。。

お願いだから、ほっといてちょーだい!



この日の救い(?)はいつも一緒に観ている友人一家(三世代でソシオ!)のおばあちゃんからのプレゼント、青赤コースター。実際は食器やなんかを洗うためのものらしいのですが、コースターとしてオフィスで使わせてもらってます。僕の左足首にある青赤ミサンガもこの一家の奥さん手作りで、シンプルながら結構凝ったデザインで愛用しています。子供たちは絵を描くのが好きなようで、一家揃って器用な人たち(今年はパパにパチンコを教えてもらおうかと企み中)。
いつもありがとうございます!!!



『Leave Me Alone』 / New Order
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-13 10:36 | FC東京/サッカー/フットサル
What the Hell
d0025304_22444232.jpg

d0025304_22443314.jpg

4/24、日曜日、Jリーグ第8節、千葉戦、フクダ電子アリーナ。

All we need is football.

超待望の再開幕。
デカイの見にフクダ電子アリーナに行ってきましたよ。(←動物園感覚←失礼)
黙祷で溢れる涙。でもこれからはぐんぐん進むだけ、あとは良くなるだけ、そう信じて。



そして、、、、、、いきなり土をつけられた我ら。
儚くも見事に散った全勝優勝J1昇格の夢。
米本が目の前で大怪我。ベンチ脇での応急処置が痛々しくて、埼スタでのフミさんの時が頭をよぎるぐらい衝撃的に悲しい光景。

結果だけ見れば惨敗です。でも内容だけでいうと、圧倒してるふうだったよ。(←負け惜しみ←見苦しい)
あのねえ、千葉ずるいよー。だってねえ、やたらでかい『進撃の巨人』的な人もそうだけど、手でセンタリングあげるクオーターバックみたいな人がいるんだもの。何なんだあの“一芸入社した変人ばかりそろえた勢い一発”的なチームは。反則にしてくれ、あれ、あのふたり。(←超負け惜しみ←超見苦しい)



それでも、フットボールのある週末がかえってきた喜びに、この身が軽くなる素敵な日曜日でした。フットボール・イズ・マイ・ライフ、それさえあれば、もう何だっていい、どうだっていい(と思わずには生きていけない0-3敗戦のショック)。



『What the Hell』 / Avril Lavigne
[PR]
by clyde_8 | 2011-05-13 09:17 | FC東京/サッカー/フットサル
止まらないHa~Ha
d0025304_16202832.jpg
d0025304_16195638.jpg

3/5、土曜日、Jリーグ第1節、鳥栖戦、アマスタ。

シーズン初ゴール、決めた!
達也(谷澤のほうの)!!
ヤザー!!!
T.YAZAWA!!!!!

馬場憂太の空けた心の穴をうめてくれるのはこいつしかいないと、勝手に“マイボーイ”扱いし期待しまくり、背番号39じゃなかったらユニフォーム買おうかぐらい思っていたので、平山には悪いけれど谷澤のゴールでよかった!噂通りのキャラクターも最高で、一気にファンの心を鷲掴みで早くも“俺たちの谷澤”です。

そして、久しぶりに同じリーグで戦うことになった緑を強烈に意識し、J2楽しもうぜ!ふうのゴール裏、谷澤のゴールに「♪決ーめてくれ、ヤザー」、ドゥービーブラザーズ従えての『止まらないHa~Ha』ばりの楽しさ。ゴール裏も10年前のノリが戻ってきていて、今年は楽しい予感です。スカパラも今まででイチバンよかった!踊り狂いたい衝動を抑えつつ『DOWN BEAT STOMP』でした。



がしかし、次の日フットサルの練習で連日の飛田給、テレビで中継を見たらしいチームメイトから「あれ大丈夫なの東京?負けかけてたよ?」の声がちらほら。
正直に言おう、完全に負けかけてました。いやあ、焦った。でもね、やたら怪我人多いしね、60%ぐらいの仕上がりのチームだから、じっくりいきましょう。まだまだ高橋には荷が重いってのは本人にもチームにもよくわかっただろうから、次節以降は中盤の構成がけっこう変わると思うしね。当分はそんなに強いとことの対戦がないので、あと1ヶ月かけて実戦の中で悪魔の強さを醸していけばいいんじゃないでしょうか。



まあ、のんびりいきましょう。
ひとまずは、“スタジアムのある生活”が戻ってきた喜びを胸に。

d0025304_16533817.jpg
『止まらないHa~Ha』 / 矢沢永吉
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-07 16:54 | FC東京/サッカー/フットサル
スタジアムへ行こう、2011年も。
d0025304_18521216.jpg

今年のJ1は、やっぱり大阪の2チームに注目やで。
青か桃色どっちかを応援しようと思ってます。
やっぱり、西の人間やさかい、J1に用事のない今年は、ここはひとつ無理矢理にでも贔屓のチームをつくってやるんじゃい!
どっちにするかは開幕ダービーの感じ見て決める、もしくはどっちも頑張れぇふうの西のおばはん的なスタイルでそれぞれに注目してけつかる(←使い方間違ってる)。
それにつけても、ピンパォンって!面白い響き。

ところで、千葉のあたりにもの凄い背丈の大きな選手がいるらしいですね。
開幕前のエルゴラッソが悪のりしてバカバカしくもでかでかと煽ってくれてます。
この写真から察するに、彼だけは徒歩で遠征に行ってますね。「ふわぁ〜あ、思ったよりも早く着いたなぁ〜。この樹おいしそうだなぁ〜」とかなんとか言って。
このように、エルゴラッソがたまにトライする楽しげなレイアウトや合成は、どことなく雑誌『映画秘宝』のセンスに近いものを感じて大好きです。(ただ、一面の写真がバシッと決まった時に、つらつらとその理由や意図を書き立てるところは格好悪いと思います。そんな言わなくったって良い写真なのはわかるから!)
それにつけても、オーロイって、、、愚鈍な響き。



そんななんやかやで、気を紛らせてますが、頭も心も東京のことばかり。
いよいよ、あと十数時間後にはキックオフ。

スカパラが来るのにナオが出るかどうかは微妙って、そこをなんとか。
確実にスタジアムを湧かすことができる選手なんだから。ちょっとだけでもお願い。

そんなこと考えてたら、今日寝れるかどうか心配になってきた。(←遠足前日症候群)

過去記事、『DOWN BEAT STOMP』って、2年前のやつ。これ意外と名文。(←遠足前日症候群。症状としては過剰な興奮と勘違い)



『スタジアムへ行こう』 / 東京スカパラダイスオーケストラ
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-04 23:08 | FC東京/サッカー/フットサル
SATURDAY NIGHT ZOMBIES
d0025304_177262.jpg

2/27、日曜日、プレシーズンマッチ(ハンプティ・ダンプティなんとかかんとか)、草津戦、正田醤油スタジアム。

5ヶ月ぶりの群馬、正田醤油スタジアム。
正田醤油スタジアム、変な名前だ。(←って自分は味の素スタジアムのくせに。。。)

我ら東京のプレシーズンマッチは静かにのんびりと、それこそ眺めるという感じ。それこそが流儀でもあり、結果がどうあれ特に騒ぎもしないのが作法。それでもやっぱり熱くなってる人がちらほら。なんといっても、我らは今シーズンのJ2の優勝候補筆頭にして全クラブのターゲット。正真正銘の優勝候補になるのは初めてのことだしね。まずはがつんと圧勝劇といきたいところでしたが、のんびりと引き分けて帰ってきました。

いよいよ新シーズンだというのに、いまいち選手のコンディションに疎いんですが、ナオはケガかね?ヨネは開幕出場停止としても、まさかケガしてるとかじゃないだろうね?梶山、なんでケガしてるのだ。達也(鈴木のほうの)、ケガしてないんだからもっともっと格の違いを見せてくれよ。北斗は今期はサイドバックやらないのかね?と、いつになくチーム状況を把握できてないまま開幕を迎えることになりそうです。

一応、選手名鑑を買っては見たものの、いまだ拭いきれないJ1への未練のせいか、一年で戻るから詳しくなってもしょうがないという驕りからかJ2の選手チェックをする気になれず、雑誌は買ったままで、どこかその辺にほったらかし。そんな状態なもんだから、草津の選手は萬代くんしかわからず。
でもまあ、試合自体はけっこう楽しかったです。やっぱりなんだかんだいったって圧倒的でした。特に平山の高さと大竹の一瞬のフェイントと今野のディフェンスは完全に数段上のレベルにあり、他の選手も技術やコンビネーションという点で明らかに相手を凌駕し続ける試合展開。新戦力ではホベルトがかなり良い印象。ホベルトはでかくて足下がしっかりしてて、ボールの散らし方がかなり的確。乱暴にいうとドリブルをしない梶山という風情(ってだいぶ違うか。まあ、良いボランチだということです)。ちょっと残念だったのは今シーズンの私イチオシの達也(谷澤のほうの)が、思ったほどボールに触れる機会が少なかったこと。といっても、僕の中では2点取るぐらいの活躍を見せるだろうと、そして今期は、そう、あの馬場憂太並みに思い入れてる選手なので、なんかもの凄くシビアに見てしまってるだけで、実際は主に攻撃面での新風となりチームメイトからはすでに信頼を勝ち取ってるようでした(根拠は特になし。雰囲気です)。
引いた相手からどうやって点を取るかという問題については、こっちにはナオやペドロ・ジュニオールやロベルト・セザーみたいに、速いもしくは速そうな選手もいるし、羽生先生のように質の高いフリーランニングができる選手もいることだから、いっそこっちもいったん引く時間を作れば良いと思うのです。で、“蹴れる”センターバックからの平山狙うと見せかけての裏への一発を繰り出してみる。とまあ、そんなことは大熊さんも検討済みでしょうからお任せしますが。それでもダメなら、圧倒的に攻め続けてりゃあ何とかなるよ、色恋と一緒で。(←ここで一気に馬鹿みたいにバカを露呈)

と、ガラにもなくわりとサッカーファンぽいことを書いてみたりなんかして、新シーズンスタートに備えてます。



でも、実のところはサッカーについてあれこれ専門的ふうに知ってる感じに書くのが好きかというとそうでもなく、ブルース・リーまたはオビワンチルドレンであるところの自分はどちらかというと“考えるな、感じろ”という流儀で、今日はソータが爆発しそうとか、あれだねしかしコンちゃん凄かったねーなんつってるほうが性に合う。

そんなわけだから、試合前もぎりぎりまで駅周辺にいて、群馬で食えるものはなにかと案内所みたいなところで聞き出して、定食屋ではうなぎを誂え(結局うなぎは名産でもなんでもなく、ただその店がうなぎを売りにしていただけで、名産であるところの豚肉料理はacoが食べていた)、その味は、うーん、しかし普通だという身も蓋もない感想をのべ、遠征先で良い食事に巡り会うのも難儀だなぁ、初めて行く土地も多いだろうから、今年一年大変だなぁ、これは、などと気楽な悩みを抱えてみたり。

そして、遠い!(まあ、これはJ1だろうがJ2だろうが同じことだけれども)
やはりそんな簡単に新幹線使うわけにもいかないので、当然在来線で移動。例えばこの日は、スタジアムまでのバス移動も含めると3時間近くかかっている。帰りはもう少し時間のかかる経路を通ったので、往復で約6時間移動していたことになる。
で、これが実は良いんですよ(回りくどくてスミマセン)。
自分は基本的にはトイレか風呂か独りの食事中か移動中にしか本を読まないので、長時間移動がけっこう楽しい。この日もうたた寝挟みつつ、今急激にその魅力に取り憑かれつつある西村賢太の短編集を読了。のどかな短い旅にそぐわない内容ではあるけれど、かなりのめり込んでます。芥川賞の受賞記者会見もなんというか、とっても好きな感じでした。
みなさん、もういっこのほうの賞を受賞したしょうもない作家なんか読むぐらいなら、西村賢太の“本物”の私小説を読みましょう。なんて、ずいぶん話が逸れちゃいました。



さて、そろそろ週末が気になって、なかなか寝付けない日々を迎えつつあるので、思い切り風呂で身体を温めようと思います。土曜日に思いを馳せて。



『SATURDAY NIGHT ZOMBIES』 / 松任谷由実
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-03 01:00 | FC東京/サッカー/フットサル
ベステンダンク
d0025304_19315370.jpg

所属フットサルチームのエース、Tくん。
彼のゴールの大半は(っていうのは言い過ぎだけど)自分のパスから、だと自負しています。
お互いに目線や身体の向きで狙い所、決め時がはっきりわかる、かなり相性のいいチームメイトです。そして彼の決定力のおかげで、自分までもがチームに大いに貢献しているという実感を得られるというありがたい存在。
もちろん彼だけではなく、他のチームメイトのサポートもあって、なんとかピッチに立つことができ、その結果としてキャプテンに(正式に)任命されました。

先日の練習前に30分早く来てくれと、チーム代表からのメール。よぎる不安。説教かなぁ(心当たりがしっかりあるところが何とも情けない)。結局それはあっさり杞憂に終わり、あらためてキャプテン就任の要請とそれに伴うチームの方針とキャプテンとしての役割の確認。趣味、遊びでやっていることとはいえ、なんというか、身の引き締まる思い。自分のようなドリブルのできない、守備も甘い、そのうえごくたまに相手チームと揉めたりなんかもする未熟者にキャプテンを任せてくれるなんて、なんて器の大きな代表だ(実はこの短気な気性にセーブをかけるための措置だったりして)。

とにかく、チームメイトに支えられフットサル歴10年目を迎えます。
右足首の捻挫もあともう少しで完治する感じ。
シュート精度は落ちる一方ですが、Jリーグが始まれば、それがイメージトレーニングとなりまたネットを揺らしまくる日がやってくると思います (東京の出来不出来如何によっては残ない醜態を曝す可能性もありますが)。
そんな自分を活かしてくれるClub Footのメンバーみんなに“ベステンダンク”。



『ベステンダンク』 / 高野寛
[PR]
by clyde_8 | 2011-02-12 13:01 | FC東京/サッカー/フットサル
松葉杖の男
d0025304_2363294.jpg

あたた。右足首を捻挫しちゃいまして。久しぶりだなぁ、捻挫。ま、ひじょーに軽い捻挫なので、松葉杖とかバディの肩とかなくても歩くことはできるんですけれども。

今週は土曜日曜と二日連続で練習。今日は友人のチームへの練習参加で、明日は所属チームの練習。
今年は、去年末からゲームキャプテンにも任命されているので、いつまでもシュートが入らないままピッチに立ってるわけにはいかないと、イメージを大事に練習量を増やしてみたんです。増やした矢先の捻挫。シュートはほぼ枠に飛んでたし、身体もだいぶ軽くなってきてたのに、、、無念。ちょっと流す感じで最後のゲームに入ったのがまずかったです。やっぱり集中しないとダメですね、なんだっていつだって。

今夜このあとの日本代表が鬼の集中力で試合に臨んでくれますように!相手は完全に白人のアジアカップ決勝戦。バモ!今野!!(とその他の代表選手!!!)



あー、足がほんのり疼く。明日はテーピングかな。インステップ蹴るのがコワい。



『松葉杖の男』 / Soul Flower Union
[PR]
by clyde_8 | 2011-01-29 23:04 | FC東京/サッカー/フットサル