2011年 03月 20日 ( 2 )
だからぼくは泣かない
d0025304_22283477.jpg

祈り、願い、奇跡、希望。
被災地では、震災後数日してから生還している人たちがいます。
津波からも揺れからもひとり逃れその後すぐにボランティア活動に従事していたため家族に会えず、家族がその生存を諦めかけていた人。車のなかで津波にのまれ、とっさの判断でドアも窓も閉め切り漂流する車で波がひくまでやり過ごした人。波から走って逃げていて、もう駄目かと観念した瞬間、目の前に流されてきた船に飛び乗り、船上で文字通り波を乗り切った人。そんな奇跡のような、または僕たちにとっては希望のような、誰かの祈り願いが届いたような、そんな話。地震から何日も経った後、瓦礫の下から生存者が発見されてもいます。
祈りや願いは神様になんてするもんじゃない(きっといないんだよ神様は。地震、津波って、こんなに酷いことが起こるのだから。信じている人にはゴメンナサイ)。
僕らの想いはこれからも見つかるはずの生存者たちへ。
その彼や彼女たちのために、祈り願おう。
昨日の東京の街並があまりにも非日常的で、今日はそんなことを考えて過ごした一日でした。



『FULL OF TEARS 涙あふれて』 / RCサクセション

あの娘はぼくを 泣かせたりしない つらい想いをさせたりしない
ぼくはあの娘を 泣かせたりしない だからぼくは泣かない


〜中略〜

もしもあの娘が いなくなっちまったら 涙ボロボロ落ちるだろう
だけどあの娘は ぼくが泣くのを とても嫌がるのさ
そうさあの娘は 泣いてるぼくを 決して見たくないのさ
Oh! Baby ぼくは泣かない きみを泣かせたりしない








『FULL OF TEARS 涙あふれて』 / RCサクセション
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-20 22:40 | 希望
もうじきに新しくなるよ
d0025304_12392241.jpg

昨日、祐天寺から明大前まで自転車移動、明大前から飛田給まで電車移動、すこしのんびりと街並みを眺めながら。
ガソリンスタンドに並ぶ車の長い列(何百メートルと続く列)、何台か電源の切られた自動改札、たまに暗くなる電車内、2リットルのペットボトルが3本しかないコンビニ、カロリーメイトさえないドラッグストア、“被災者一時受け入れ避難場所はこちら”の貼り紙、なぜか『日本沈没』が(オリジナルもリメイクも)すべて貸し出し中のTSUTAYA、照明を落としたレストランにまばらに座る恋人たち仲間たち、心なしか元気のない僕たち。
それでも、子供たちがボールを追いかけ走り回るその笑顔を見て、心を奮い立たせ顔をあげる。

やっぱりまだまだ日常は戻ってこない。
だからもう少しの間、力を合わせて、小さな希望さえ見逃さないように。



『透明人間』 / 東京事変

あなたが笑ったり 飛んだり 大きく驚いたとき
透き通る気持ちでちゃんと応えたいのさ
毎日染まる空の短い季節 真っ直ぐに仰いだら夕闇も恐ろしくないよ


〜中略〜

あなたが怒ったり 泣いたり 声すら失ったとき
透き通る気持ちを分けてあげたいのさ
毎日染まる空の短い季節 手を叩いて数えたらもうじきに新しくなるよ

恥ずかしくなったり 病んだり 咲いたり 枯れたりしたら 濁りそうになったんだ
今夜は暮れる空の尊い模様を真っ直ぐに仰いでいる
明日も幸せに思えるさ
またあなたに逢えるのを 楽しみに待って
さようなら








『透明人間』 / 東京事変
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-20 12:51 | 希望