2011年 03月 13日 ( 1 )
One Step Beyond...(いまこそ!)
d0025304_1523058.jpg

地震発生時は東京・祐天寺(の祐天寺カフェ)で打ち合わせ中でした。
僕は阪神・淡路大震災を経験しています(少し離れた大阪で、ですが)。
当時は大阪・守口市にある自宅のベッドの上でした。
大阪で感じた圧倒的な(ほとんど暴力的ですらある、実際に何かの攻撃かなんかかと思ったほどの)揺れと音と衝撃とに比べると、今回の東京で体験したそれは比較的余裕を持って堪えられる種類のものでした(もちろん、僕個人としての気持ちのうえでという意味において)。

あの大阪での経験があることもあってか、発生の瞬間からいま現在に至るまで、とても冷静な頭と心で過ごせています。

日本中で個人レベルでもなにかできないだろうかと、考え、呼びかけ、行動に移そうとしている人がたくさんいると思います。それは素晴らしいことだと思いますが、個人の力を集めて大きなうねりを作りだすためには、まずは自分のペースを乱さずにこれまで通りの(笑ったり汗かいたり楽しんだりの)人生を続けて、そのうえでできる範囲のことから始めましょう、始めよう。

まずは、(特に東京にいる人)ただなんとなくTVで情報を得ようとして、各方面の評論家の恐怖を煽るかのような予測情報を鵜呑みにしない分別を。
マグニチュードや震度の数値に惑わされないでください。あんなものは目安で、被災者にとってはどうでもいいことです。数値が低くても震源から近ければ大打撃だし、その逆も然り。地震発生地の家族親類・友人知人とは、根気強く落ち着いて直接連絡を取る努力を第一に。
食料の買い占めめいた行動も謹んで。だって大丈夫だから。いつも通り(よりちょっぴり節約気味)の買い物をして本当に必要なところのみんなの為にとっておきましょう。

Twitter(などのネット上の情報)も良し悪しで、デマや暇つぶしが氾濫していると思うけれど、そんなものは無視して適切な判断を。
例えば節電。大手飲食チェーンやコンビニエンスストア等に電力の無題使いだなどと批判の声をあげることは簡単ですが、それらが重要なライフラインであり、そこに足を運ぶことで勇気を得ることができる人もたくさんいることを忘れないで。今後はそれらの企業が被災地への食料供給の旗手ともなってくれるはず。いまは何かを批判する時ではなくて(この期に及んでネット上を殺伐とさせてどーするの!)、知恵を絞ってアイデアを出し合い、簡単なことからでもまずはやってみましょう。
本気で節電を考えるなら、それぞれの家で過ごすのではなくみんなで集まる、自家発電のマンション(ま、そういうのは高級マンションに多く、というかそんなに多くないだろうから、なかなかに難しいところではあるけれど)や公共施設やなんかに。ちなみに自分は昨日は味の素スタジアムの自家発電を使用しているフットサルコートで過ごしました(チームメイト全員がその間は電力消費ゼロというわけです。チームの代表は冷蔵庫すらオフにして、同居人も連れて来ていました。そして完全に溶けるであろうアイスクリーム)。貸し切り状態のコートで、ビブス組を主力チームとして組み合わせを試しながら、戦術含めて真剣に練習なんかしてみたり。
とにかく、TVに頼らない行動力と勇気を。

また、情報という点では、今後は、復興に向けた行動として、阪神・淡路大震災を兵庫で経験した人のTwitterがとても参考になり、力になるかもしれません。



それから。
原発関係者。
僕はお仕事で新潟・柏崎市と福島・双葉郡、それぞれの原発のPRに携わったことがあります。その時は諸々の関係者、様々な気持ちを抱える現地の人たちの話をたくさん聞きました。
現地の住人(もちろん、特に被ばくされた方やその近親者)をはじめ、全国民は情報や事情説明を必要としていると同時に、聞きたい一言があるのです。
原発が暮らしに有益なこともわかっているし、今回は天災なので予防にも限界があったこともわかっているし、種々の事情で軽々しくそれをその一言を口にできないこともなんとなく想像はつく。それでも、そのうえで、聞きたい一言があるのです。
とにかく、謝って。
“ごめんなさい”と。
その一言を求めている人がたくさんいます。
東京電力にも勇気を!



それではみなさん、復興と再起動にむけて頑張りましょう。
まずは、音楽をかけろ!ロックをソウルを、希望の調べを!!
(ラジオ、FMいま良いですよ。勇気を与えてくれる音楽と出会えるはず)



いまこそ、いつも通りに生きよう。
笑って、知恵と勇気を持って復活の第一歩を踏み出そう。




2001年9月11日、ブロードウェイ全劇場休演。

2001年9月12日、ジュリアーニ市長が呼びかける。
「ブロードウェイの灯を消してはならない」

2001年9月13日、ブロードウェイに灯が戻る。
「ショウビズの世界では、
 こういう言い方をする。
 ショウは続けなければならない」

 ―――セント・ジェームズ劇場支配人ロッコ・ランズマン



The show must go on.

The sun also rises.

Well listen buster, you better start to move your feet
One step beyond!

We'll never walk alone.




『One Step Beyond...』 / MADNESS
[PR]
by clyde_8 | 2011-03-13 15:15 | 希望