イメージが大切だ
d0025304_12203077.jpg

6/20、土曜日、Jリーグ第14節、柏戦、日立柏サッカー場。

毎年言ってるような気がしないでもない、反撃の夏。春や初夏はダメだということだ。まあ、それはそれとして。
柏の夜のブルーノとナオの長いワンツーは素晴らしかった。ワンツーの距離が長いということはそのプレーでかわされる、抜かれる、裏を取られる、追い越される選手が多いということで。あの瞬間はブルーノとナオのイメージだけがぴったりと合わさり、鮮やかな絵を描いていた。

自分自身、週末はフットサルプレーヤーとして、そしてもちろんお仕事では常に、そりゃあもういやというほどにイメージというものについて、意識したりひねり出したり伝えたり引き出したりと、わりと日常的にイメージの大切さを感じて生きているつもりですが、目の前で完璧なイメージを描き出されることの刺激的なことといったらもう。
サッカーを観る、スタジアム、サッカー場へ通う喜びはこんなところにもある。

いろいろなものへの活力をもらった夜でした。



キャプテンマークもありかも、なナオ。

d0025304_12293256.jpg

『イメージ』 / THE BLUE HEARTS
[PR]
by clyde_8 | 2009-07-08 12:28 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 明治通りをよこぎって(Toky... He comes with t... >>