2009.2.13 『The Airport Scene』
d0025304_2011898.jpg

2009.2.13

早朝起き(6時前だよ。。二度寝したけどね)。朝はんに蕎麦を拵えてもらう。

成田空港へ取材。
通勤時間に電車乗るの久しぶり。通勤時間の電車の車内って暗いなぁ重いなあ、空気。。こんなに暗かったっけ?ヘッドフォンからはロックンロール、身体揺れちゃうロックンロールだから、よけいに車内が暗く感じるのかも。
俯くの禁止にしたらいいと思う。前、もしくは未来しか見ちゃダメっていうような車内アナウンスを若干テンション高めにしたらいいと思う。

六本木まで電車で行き、そこからは車に乗せてもらいナリタへ。
思いのほか早く着きそうなので、酒々井パーキングエリアに寄り道。お土産購入(家人の好きなキャラクターグッズを買ったつもりが、後に全くの勘違いで好きでもなんでもないキティちゃん根付けだったことが判明。Gosh!大好きだったのはキキララだった。。。)。

空港内をあっちこっち取材&撮影(写真撮るのは楽しいねー)。

昼はん、豚カツ。ヒレカツ。

空港内をあっちこっち取材&撮影(写真撮るは楽しいねー。でも疲れる。。。)。

14時時半頃終了。疲れた。。。。

遠路バック後、少しく休憩して、ほな行こかと、本日のメインイベント銀座へ。

沖縄料理か焼き鳥を食らいたいという家人のリクエストのもと、腹ごしらえできる店を探す。
あった!沖縄料理と焼き鳥両方を出す店が。
しかも旨い。店の名前忘れたけど旨かった。食べ過ぎた。

気付けば20時前。やばいギリギリだ!早歩きで銀座シネパトスへ。

今日は13日の金曜日。
そう、本日のメインイベントは『13日の金曜日』。

業界では、“パトス落ち”なる言葉があり(出典、camo。ご存知映画宣伝意匠屋さん)、これはどういう意味かというと、封切り後客足の伸びない映画が大きな劇場を後にし、なんとなくしょうがなくパトスでひっそりと上映を続けるという悲しい言葉。

『13日の金曜日』は本日公開。
全世界同時公開。
13日の金曜日に全世界一斉同時ロードショー!!!!

公開初日なのに“パトス落ち”。
しかもパンフレットが制作されていない。
ロビーではよく考えると無関係なフレディやレザーフェイスの立派なフィギュアが売られている。
あぁ、なんて呪われているんでしょう。
それでこそ我らが“13金”。

つい、フレディ買っちゃった。

場内に入ると、片手にバドワイザー、そして柿ピーを尋常ではない格好良さでつまみながら劇場真ん中に陣取り、優雅に上映を待つ白人の兄ちゃん。「あいつかっこいいなー、しゅっとしてて」なんて言って、抑えきれない興奮を周りきょろきょろすることで紛らしつつ、至福の時間が始まるのでした。隣では上映開始前からオロオロする家人(ホラーが大のニガテ)。



帰り道、携帯なくすもすぐに発見、中目黒まで取りに行く。駅員がタダで電車乗せてくれた。疲れたけど、素晴らしい13日の金曜日だった。



夜が待ち遠しい、お仕事中の筆者。Tシャツはジョー・ストラマー。
d0025304_2181753.jpg

『The Airport Scene』 / John Williams
[PR]
by clyde_8 | 2009-02-15 09:34 | 日々
<< 2009.3.20 『なんとな... VAMOS! NIPPON >>