七里ヶ浜スカイウォーク
d0025304_22183562.jpg

エンジンぷすぷすいわせながらも、なんとなく仕事始め。
昼間ついつい映画観てしまうなど、寄り道しつつぼんやりと日常が戻ってきました。あー、寒いのがめんどくさい。暖房で頭ぼーっとするし喉渇くからと、つけないでいると寒い。毛布にくるまってベッドに寝転べば暖かいんだけれども、お仕事が。。。PCに向かうとほらやっぱり寒い。あー、めんどくさい。



あー、暑い海に行っちまいたい。と愛用の海のビアグラスを眺める。これは鎌倉の七里ガ浜で活動しているガラス・アーティスト、賀来ヨーナスさんの作品。

去年、何かの雑誌で見かけて綺麗な作品だなもっと観てみたいなとふと思い立って、ヨーナスさんのアトリエに押し掛けてみたんですよ。家の前まで行って電話してみたら、とても丁寧な対応のヨーナスさん。

「自宅で作品見ることができるので、いつでも見に来て下さいね」
「あ、ホントですか。実はいまお家の前にいるんですけど。。。」
「うそ、ホントぉ、じゃあ裏まわってよ、そこでいま作業してるから。すぐ終わるし見ながら待っててよ」
「うわ、なんかスミマセンいきなりやってきてー」
「全然オッケー、波乗りやるの?アーティストなの?」
「いえいえ、波乗りはやらないんです。でも、アーティストです」

(以上一部創作)



結局、アトリエ見せてもらい、ギャラリー兼リビングにお邪魔して、キュートな奥さんにコーヒーやらケーキやらお菓子やらをごちそうになり、創作についてやアートで生きることについてや鎌倉で暮らすことなんかのお話を聞いて、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。迷惑だったんじゃないかなぁといまだに不安に感じるぐらい長居してしまった。。。しかも、売り物じゃないカラーリングのものを無理に売ってもらってしまいました。いきなりやってきたこいつらは何者だ?とは思わなかったんでしょうかね。。。たぶんあんまり思ってないだろうなぁ、奥さんも。普通に迎え入れてくれたもんなぁ。

突然の訪問者に対して、全然余裕なうえに、いろいろとワガママを言わせてくれる雰囲気がヨーナスさんにはあったのです。
気楽にいこうよ、楽しくいこうよ、っていう空気。
こういうのって口に出して言う人はたくさんいるんだけれど、“気楽にいこうよ”を身にまとってる人は意外と少なくて、ヨーナスさんのレイドバックな波長に僕はもうね一瞬で、うわ、いいなぁこの人と思ったわけです。



今年も遊びにいきたいなぁ。来月あたり行こうかな。



明日も寒いだろうけど、気楽にいこうよ。



『七里ヶ浜スカイウォーク』 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
[PR]
by clyde_8 | 2009-01-05 22:28 | 芸術/デザイン/その他
<< 涙のhappy new year Maybe Tomorrow >>