The Black Angel's Death Song
d0025304_159616.jpg

今年の春の終わり、シアタートラムで。
ヨン・フォッセ作『死のバリエーション』。

このヨン・フォッセという作家さん、“イプセンの再来”、“21世紀のベケット”なんて言われている人なんですね。
ということは、まあそういうことです。

これ以上ないというぐらいシンプルな舞台で紡がれる静謐な“死”の物語。

悲しく美しいお芝居でした。

そんなことは無理なんだけれども、モノクロームで観ることができるなら、もっともっと素晴しいお芝居な気がする。



『The Black Angel's Death Song』 / The Velvet Underground
[PR]
by clyde_8 | 2007-12-17 16:31 | 映画/お芝居
<< 2:29 愛餓を、柿食えば >>