All Apologies
d0025304_12131386.jpg

いま、僕は人生で一番髪の毛が長いんですけれども(そりゃあもうホントに長い。人に笑われるぐらい長い)、伸ばしてる途中は割合評判がよかったのに、今となっては気持ち悪いという意見が大半。。。(ふふ、でも、「切らないで♡」と言ってくれる人だっているのだ。だからまだ切らない)



さて、なんでこんなに長く伸ばしたのかというと、僕が愛する3人の男性に憧れて。

リバー・フェニックス、ボビー・ギレスピー、そしてカート・コバーン。(なんてわかりやすいシュミなんだろうと、つくづく)
みんなカッコいい。
あぁ、なんか真似したい。。。とりあえず服装、仕草、などなど、、、ってやってたのに、そーいえば髪型真似したことないやんけ。
というわけ。
(↑ロックスターや映画俳優に憧れて髪伸ばすって、、、中学生のような行動だな。。。これでも32歳です)

ま、結局のところそのどれにも似ず、年齢職業不詳(相変わらずスタイリストにはよく間違われるけれども)のただの髪の長い人になったわけですが。。。

ごくたまーに切ろうかなーとは思う。。。
でももう美容院や床屋に行ってもどうしたらいいのか戸惑う。
髪型をどうしたいとかそういう次元ではなく、それ以前にああいうお店ではどう過ごすんだったかを忘れている(最後に行ったのは1年半ほど前だと思う。忘れたけど)。
あぁ不安。

ま、いっか。

リバーは23歳で死んで、カートは27歳で死んで、ボビーは生き続ける。

そうやって、僕の髪は伸び続ける。



カート・コバーンの『アンプラグド・イン・ニューヨーク』のDVDが出ましたね。
“ニルヴァーナの”というより、“カート・コバーンの”ですね、このアンプラグド・ライブは。

今日はいきなり作業に入る気になれず、『アンプラグド・イン・ニューヨーク』を観ながら資料整理。

シンガーソングライターとして素晴しすぎるカート・コバーンがいた。

泣くかと思った。

資料整理せずに涙をこらえて過ごした午前中。

全ての音楽ファン必見。



『All Apologies』 / Nirvana
[PR]
by clyde_8 | 2007-11-28 12:15 | 音楽
<< ぼくは花 Love Fool >>