人生を祝うのさ
d0025304_1743691.jpg        


  “Who Ya Gonna Call?”




いいなぁ。
『コーヒー&シガレッツ』。

イギー&トム・ウェイツのと、イギリスの役者さん2人のと、ビル・マーレイ&ウータンの3本が特にグッ。

ジム・ジャームッシュ久しぶりの新作『コーヒー&シガレッツ』は、心地良い。

この映画はどこが良くてとか何を言おうとしてるとかそういうことじゃないかも。
ただお茶する、一服するようにサラッと観てひと息つく、そんな映画。
同じツボの人が隣にいればなおさらいいんじゃないかな。
クスッと笑って、顔見合わせて、ちょっとひそひそ話したりなんかして。

この映画、出てくる役者やミュージシャンがほぼ実名で、その言動が虚実入り乱れてるので(そんな大袈裟なもんじゃないけども)、知らない人は少し戸惑うかも。
顔を見て、これ誰、何の人ってのがわからないと、面白さ激減するのがちょっともったいないかな。

んでも、ぜったい映画館で観たほうがいい映画(どんな映画でもそうか、基本的には)。

あ、ふと思ったこと。
コーヒーもタバコも好きな自分には、劇中のややばっちい感やけだるい感こそコーヒーショップやカフェの空気だなぁ。などと生意気言っちゃいたい気分ですが、コーヒーもタバコもあまりやらん。って人にはどう感じるのでしょうか?



d0025304_17524019.jpg“このコーヒーをシャンパンだと思おうじゃないか。”

“何故だい?”

“人生を祝うのさ。”
[PR]
by clyde_8 | 2005-05-22 22:13 | 映画/お芝居
<< パンフ(表紙)のデザインがスキ 千葉に連敗 >>