Highway To Hell
d0025304_11425062.jpg

9月も終わるというのに、暑いなー。
汗がもう、アホみたいに流れるねー。

暑いからこそいいこの暑苦しさ。

AC/DCの『Highway To Hell』。



ゲロで死んじゃったボン・スコットのラストシャウトにして大傑作。
ボン・スコットってハードロッカーでありながら面構えがかなりパンクなので大好き。
このジャケットの顔なんて、ねえ。
しかも角はえてるんだよこの人。
さらにしっぽもあるんだよこの人、デビルのしっぽが。



と何事もなかったかのようにロックしてみましたが、ひと月半もほったらかしにしていたマイブログです。
そもそももう誰も読んどらんのじゃなかろーか、星の数ほどいた読者も今となってはどこぞのグルメブログなんぞに夢中になっているんじゃなかろーか、などと思わないでもないですが、書いちゃいました、久々に。(←一部無根拠な天狗発言あり)



何人かの心優しい友人知人からは、“死んでるのかと思った”という趣旨の心配や励ましのメールやら電話やらをもらいました。

死んでません。

むしろ生まれてました。

生んでました。



ま、ブログが書けないほど忙しかったかというと、そんなことは全然なくて、なんで書かなかったかは、理由らしい理由はないんです。
あるとしたら、ここんところずーっと一緒に仕事させてもらっているクリエイティブディレクターさん、この人はコピーライターでもあり、とにかく書くのが早くて、異常に的確で、面白い。
うーん、書くのが巧いというのはこういう人のことをいうのだなぁ。。。これって僕が今から訓練してなれるものだろうか???(まぁ、なんでなる必要があるかとかは、それはまた、別の話)なんてことを考えてたら、書いたり読んだりがあまりできなくなってしまっていたのでした。
あはー。



でもやっぱり書く。



というわけで、ビバップは続く。



『Highway To Hell』 / AC/DC
[PR]
by clyde_8 | 2007-09-28 11:43 | 音楽
<< ギザギザハートの子守唄を小松空港で Fight For Your ... >>