新潟へ
って、もう帰ってきてるけどもさ。

18日から、
スタッフ3名(日帰り組入れると5名デス)一泊二日のこぢんまり取材旅行。
目指すは新潟、柏崎。夏の花火についての取材。
今回は撮影なしの企画なので、自分の仕事は素材チェックとイメージづくり。
個人レベルではやることが少ないから、コピーライター氏を補佐しつつ、
のんびりゆったり身体と心のリズムを緩やかに、が目的。

数時間前までチクチクやってたので(マウス操作の音by camo)、
出発前はバタバタしちゃって睡眠不足必至。
んでも、こーゆう時は自分の場合、
ギリギリまで寝るゾ!みたいなことやると確実に遅刻するので、
すちゃっと2時間ほど寝てカパッ(ガバッほど豪快ではない)と早めに起きる。

あらら余裕持ち過ぎた。東京駅に着いたの8時過ぎ(集合は8時40分)。
とりあえずI—I∧I_にグッモーニンコール。
お弁当買って駅構内ぶらぶら。
。。。ヒマだ。
そして眠い。

誰にでも遠出する時の必需品ってあるけど、自分の場合は本、音楽といたってフツー。
それはいいんだけど、そんなに必要か?ってぐらいに数を持って行きたくなる。
本なんてせいぜい読めて二冊(読むの遅いから一冊終わらないことが多い)なのに、
鞄には五冊、とかすごい落ち着く。
でも重い。

なので今回は荷物を少なくするために、持っていくのはずばり一冊、
『ビッグ・ノーウェア』(上巻)。

東京駅ぶらぶらしてるうちにJ・エルロイの暗さはどうなのか?
暗黒のLA四部作の二作目だよ?ダメだよ暗いよ、ぜったい。
潮風とか刺身とかにはあわないよ。
と不安になり結局本屋へ。
さんざん迷った挙句、マンガに決定。
『万祝』(1〜2巻)『不思議な少年』(1巻)購入。
『不思議な少年』ってマーク・トウェインのやつなんだね。

そんなわけで、東京駅で既に鞄がパンパンに。

道中、『ビッグ・ノーウェア』(上巻)片手に熟睡(←なんじゃそれ)。
だって釜飯がいい塩梅にお腹を満たして暗黒のLAどころじゃなくなって。。。
恐るべし睡魔。

長岡経由で柏崎到着後は夏の花火の舞台となる砂浜をいくつか見て回る。
海!うーみ!!海は良い。
楽しみー。



d0025304_12183312.jpgって、おい。
おい!

……………天気悪っ。

水平線と空の境目がないぞッ。
まいった。

d0025304_12202669.jpg
新潟、海岸、黒づくめの男。
絵になるなぁ、違う意味で。
ちょい恐い。
(スミマセン、ただの悪ふざけです。
他意はありません。X-FILES風味、なんて)


いくつかの砂浜を回ったあと、
大急ぎで魚とイカを食べ(なんだかんだ言って長時間海見てた)、メインの取材。

総勢20名が入り乱れての、プレゼンテーションや質疑応答や意見交換。
同時進行で素材チェック。
やっぱり、人数が多いとなかなかまとまらず、2時間ぐらいかかった。

ややぐったり。
けっこうぐったりのコピーライター氏。
次はなんだっけ?

コピーライター氏、ワゴンに向かいつつ一言。
「おーし。取材終了」

うそぉ!?
3時ですけど、まだ。。。

ボク「このあとは?」
コピーライター氏「寿司」
ボク「いや、さっきゴハン食べたばっかでしょ、しかも3時だし(おやつ寿司?)」
コピーライター氏「………」

ま、素材もあるだけ借りたからいいけどもさ。

明日はどうするんだろう?
予定では予備日になってたけど。。。

ボク「明日は?」
コピーライター氏「のんびり帰ろう」
ボク「賛成」

さすがにまだ店が開いてないよってことで(開いてたら行くんかい!)、
食事の前に観光(雨降り出してるけど)。


d0025304_1258299.jpg藁葺き屋根の家や民宿が立ち並ぶ町。
ワゴンタクシーに揺られながら、
降りしきる雨をぼんやり眺める。
(けっこう雨好き)
運転手さんの説明をぼんやりと聞きながら、
あぁ、雨いいなぁ。
なんか、ジュラシックパークみたいだなぁ。


感想が子供です。。。


ホントのんびりと車を走らせ、
走る、というより歩く、ぐらいの速度(他に車がいないんだもん)。
ゆったりぼんやり景色を眺める。
時間がたつのが遅い遅い(体感で、いい意味で)。
こういう時間を一日に一回は持ちたいなぁ、と目標設定。
あ、それと、こういうの1週間に一回(多っ!)はしたいなぁ、と将来の目標設定。

ところで、鞄を満たしたマンガやら暗黒のLAはいつ読むんだ?え?はさておき、
5時前には柏崎駅近くのお寿司屋さんへ。
謎のピアノマンや万景峰号のニュースを見ながら食事。
そのニュース番組、
「謎のピアノマンと同じような事例が日本にもありました。若人あきらさんです」
って無理矢理だなっ!

僕以外のみなさんはニュースにつっこみつつ日本酒やら、焼酎やら。
一人一瓶ずつを手酌で飲んでる。。。
……ちゃんと明日起きれるんならいいけどよー。

食事後、日帰り組を駅まで送り、ホテルにチェックイン。
ホテルのお風呂でマンガと本読んで過ごす。
飲みにも出かけず、仕事もせず、特に大したことも考えず、ただお湯につかる。

翌日、19日。
8時半起床。
快適な目覚め。
きっと他の二人は起きてないだろうな、と電話する。
応答なし。
シャワー浴びて、朝食に向かう前にもう一度電話。
やっと起きたみたいで、身支度中とのこと。
結局朝食は一人で『ビッグ・ノーウェア』(上巻)読みながら、たらふく食べた。

ロビーで暗黒のLA読みながら待つこと1時間ちょっと。
やっと降りてきた2人。
やっぱり2度寝してたのね。。。
なんか「時間を勘違いして〜〜〜」とかなんとか言ってたけど無視。
それに、別に怒ってません。
心も身体も超穏やか。

さて、帰るかー。
あ、ホントに今日帰るだけなんだぁ。

柏崎からは電車が一時間に一本しかないからタクシーで長岡まで。
40分ぐらいかかる道のり、今日もぼんやり外見て過ごす。


d0025304_17114559.jpgふーん今日は天気良いんだ。
昨日見た海も今日は青いかなぁ。
空も青いし結局水平線との境目なかったりして。長岡で蕎麦でも食って帰るかァ。
ふあぁ、眠い。

なんてことをぼんやり。


長岡駅でI—I∧I_リクエストのせんべい、諸々購入。

のーんびりゆるーい取材でした。
[PR]
by clyde_8 | 2005-05-20 13:39 | お仕事
<< 千葉に連敗 めずらしくちゃんとした(してる... >>