Turning Point
6/30、土曜日、Jリーグ第18節、鹿島戦、県立カシマサッカースタジアム。



La Bomboneraで観戦。



寂しい順位でリーグ後半突入。



“優勝を本気で狙うということで大型補強を敢行した我らではあるのだけれども、夏が来る前にして気づいてみれば、定位置の下位〜中位グループにいて、けが人やらフィット感やら代表様やらに頭を悩ませているとは、物事とはそんなに劇的に変われるものではないということを痛感して、まことに物悲しいことであるよなぁ。”

という意味の短歌があったら今の自分たちにぴったりだなぁ。
あるわけないけれど、あるかもなぁ、そういう歌。(←いや、あるわけない)

なんていう気色悪いことを考えながら試合を観ているうちに、しっかりと失点。

あぁ、勝てる気がしない。。。

なんつって始まった後半45分。



力なく始まった後半だったのに。

爆発!



おぉ、見つけたぞ。
何を?
永遠を。
それは太陽と溶けあった、海だ。




そして、ユータ・ラブ。



なんのことかは書いてる本人にもわからないぐらいなので、今日のは“散文”ってことで、とにかく嬉しかった“散文”ってことで。



あ、そうだ。
久しぶりにcamoが歓喜に沸く姿を見たのが収穫といえば収穫。



『Turning Point』 / Tom Petty & The Heartbreakers
[PR]
by clyde_8 | 2007-07-03 12:39 | FC東京/サッカー/フットサル
<< Story Of An Artist ア・ハード・デイズな >>