Back to Your Heart
d0025304_23172846.jpg

タワレコ行くと(まあ、別にタワレコじゃなくてもいいんだけど、ここ数年はタワレコばっかりになっちゃいました)、手当り次第に視聴します。

アホかというほど聴きまくります。



基本的に、NGは演歌のみなので、演歌以外は聴き倒します。

全然知らないミュージシャンでも、やっぱりジャケットが醸す雰囲気でわかったりするもんです、いいCDは。特にロックは。
いい空気が流れてこないジャケットでもとりあえず聴きますけどもね。特にロックは。

ただ、そんなロックの中にも視聴機のヘッドフォンへと伸ばす手が止まりかけるCDがあります。

そう、再結成もの。
特に好きだったバンドの。

これはさすがに不安になる。

昔は、“チョコ菓子のキングだろこれは。箱買いしてチョコ捨てるブルジョワジーのぼんの気が知れん”と憤慨しつつ本気で美味しいと思っていたビックリマチョコ、復刻されたやつを3つほど買って来てシールは捨ててチョコを食べてみたら、微妙に美味しくなかったことに気づき、なんでやねんとなる。そんな微妙な気分。(←一生懸命たとえ話をしてみたら、ちょっと的外れで、逆にわかりにくくなることがある。の典型)

ま、要は大丈夫なのか?という不安です。

そこにはバンドマジックはまだちゃんとあるのか?オレの耳は肥えすぎてやしないか?いやむしろオレが成長してなくて、時の流れについていけてないってことはないか?そもそも金儲けのための再結成とか言って、そんなに売れるのか???いやもっとそもそも、おっさんじゃん!など諸々大丈夫か?という不安。



というわけで、ダイナソーが戻ってきたというのは嬉しいんだけど、、、不安。

ひとまず後回しにして、一通り視聴して、恐る恐るヘッドフォンに手を伸ばす。



再生。



気持ち悪いぐらい、まわりの人にばれるんじゃないだろうかというぐらい、鳥肌が立つ。

刹那、思わず泣きそうになる。

おかえりなさい、マスキス、ルー、マーフ。



停止。

買おうと思っていた数枚のCDの中から一枚を棚に戻す。



『Back to Your Heart』 / Dinosaur Jr.
[PR]
by clyde_8 | 2007-04-26 23:19 | 音楽
<< それはちょっと、、、やっぱり... Fembot in a Wet... >>