Life is comin' back! Ver.青赤
4/11、水曜日、ナビスコカップ・予選リーグ第4節、磐田戦、俺たちの国立。

初浅利。

浅利詣で。

サリは寝て待て。

雨降ってサリ現る。

坊主憎けりゃサリまで憎い


(↑全体的に使い方間違い多発)



ここ数年、新加入選手の名前を憶える気配が全くないcamo(「平山なら何となくわかる」とのたまう)が全幅の信頼を置いているのが藤山と浅利。

うん、浅利いい!

ヒデを試合から消した実績は伊達じゃなかった!!(←かなり過去の栄光)



久々にひとりで、だからこそ優雅に雨のコクリツを楽しみました。

内容もよくなってきてる気がするし、ユータラブな僕としてはユータのスタメンは相当嬉しいし、福西が熱く胸を掴んでオレらを指差す姿はなんだか太陽みたい。

と、少しずつFC東京系ブログっぽさを取り戻すための一歩を踏み出した“流星ビバップ Ver.青赤”です(って、もとからそんなに東京っぽくないというのは秘密)。



さて、この日のハイライトは試合終了後、mayuちん夫妻(苗字は不吉だから書かない)とつかの間のランデブー(だったら試合一緒に観ろよって話だけど、、、それはそれとして)。

その時の奥様の第一声。



「うわ!ロンゲっ!!」



まあ、実際はこんな言い方じゃなかった気もするけど、ニュアンスとしてはこんな感じ。
気持ち悪がられた。。。
まわりの婦女子やバディたちからそこそこ評判がいいことに気をよくしていた奢りを戒められました。(←大袈裟)

そう、かなり長い間髪を切ってないのです、アタクシ。
最初は面倒だったからだけど、いまとなっては伸びるのが楽しい。
目指せカート・コバーンです。



『ラブリー』 / 小沢健二
[PR]
by clyde_8 | 2007-04-13 13:59 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 芸術こそ我が命 BRING IT HOME T... >>