Sanctuary
d0025304_1411720.jpg

わりと忙しいような気がしないでもないのに、新宿にオープンしたシネコン“新宿バルト9”に行ってきました。

社長Tと「リサーチ!」とか言って、おシゴト打棄って。



新宿バルト9では大スクリーンで演劇が観ることができるんです!

この“ゲキ × シネ”と呼ばれるプロジェクトは、少し前からひっそりと(あくまでも僕の主観)挑戦が続けられていて、まあ簡単に言うと、“映画館で上映することを前提に舞台作品を収録したデジタルシネマ作品をデジタルシネマプロジェクターで上映する”というもの。

やっと東京の大きな映画館でも観ることができるようになったんですよ。

嬉しい。

というわけで、「リサーチに行こう!」なのです。
ただサボってるわけではないのです。



観てきた作品は『メタル マクベス』。

大阪発、ハイテンション、ロック(主にハードロック)、活劇、エンターテインメントちゅうたら、“劇団☆新感線”ですわ。

僕の好きなもんばっかり詰め込んでくれる劇団。

そのうえ松さん主演だったのが『メタル マクベス』。

なのにクドカン人気もあってチケットとれる気配ゼロだったのが『メタル マクベス』。

シェイクスピア × メタル × 劇団☆新感線 × 松、それが『メタル マクベス』。(←クドカン無視。だって、、、、あの人、、、つま、、、、)



かなり豪華キャストで、松さんキレキレで、冠くんが唄激うま激メタルだったので、とっても楽しかったです。

ちょっと長いけどね。

一幕が異常に面白くて、二幕がややトーンダウンという感じだったので(脚色がよぉ、、、)、休憩も入れて四時間弱はけっこう疲れるけどね。

それでも、あー楽しかった(ここで舌を出す、そしてサタニストサイン)。
よっしゃメタル聴きながら帰るぞぉ(ここでも舌を出す、そしてサタニストサイン。そのまま親指を開いてアイ・ラブ・ユー)。

そして、物販ジャンキーが帽子なんかつい買っちゃうような、そんなテンションのあがる楽しい時間が過ごせる作品です。

オ・ス・ス・メ OR DIE!!!(←使い方間違い)



映画館でお芝居、そういうスタイルが新しい娯楽として定着して、映画やお芝居がより多くの人の人生を勇気づけたり慰めたり照らしたり、それでその人の生き方を変えちゃったり、そんなふうになるといいな。



ところで、お客さんが少なかったのは、、、平日だから?



僕も含め客席に関西人が多かったのが可笑しかった。(←たぶん勘違い)



『Sanctuary』 / Iron Maiden
[PR]
by clyde_8 | 2007-02-14 01:34 | 映画/お芝居
<< “ダイスを転がせ!”中継 MORE FUN-KEY-WORD >>