僕は待ち人
d0025304_23162366.jpg

えーっと。

たーまに、思い出した頃に言いますけれども、、、



一応FC東京系ブログです、ここ。



上の写真、ほら、先日の撮影中の一コマなんですけども(この日はクライアントの要望でメイキングムービーとメイキングスチールも撮っていたんです)、画面左、台に寄りかかっているキャップのコ、これ僕です。

グレーに青赤のベロキャップ、ぱっと見ストーンズ、流石は“ロックンローラーにしじまりょう”と思わせておいて、実はこれ、東京ファンにはいろんな意味でおなじみボンボネラCASA TOKYOで数年前に売っていた完全な東京グッズです。

そう、撮影現場でも青赤の誇りを忘れない、それが僕なんです(または、遅刻しそうだったのと伸びっぱなしの髪の毛が邪魔だったから被っている、とも言う)。

しかしあれだね、こうして見るとスタジオでの僕はいつもに増してチャラいですね。

あぁ欲しい、落ち着きが色気がダンディズムが。



それはそれとして、今期の東京。

始めはどうなることかと思いました。

バンディエラ宮沢やチャンスメーカー(そしてチャンスブレイカー)戸田がチームを去り、気になるアイツ増嶋や頼れるアイツ阿部ちゃんが長期出張、祐介も出張延長。

ずいぶん簡単に東京を象徴する選手がいなくなるなぁと。

ただ、早い段階でエバウドとワンチョペを獲得。
しかもジェフからアベッカムと坂本を獲得しようとしてると知った時は思ったものです。
“おぉ、本気だ”と。
けれど、さすがに阿部は無理でも、来てくれるだろうとほぼ確信していた(←無根拠)坂本にフラれてしまって、元の木阿弥。

どうにもこうにも、言い知れぬ不安を抱えて、落ち着かない日々を過ごしていました。



ところが、今はどうでしょう。

まさに、“待ち人来たる”の気分です。

“さわやかヤクザ”、“ベビーフェイス・アサシン”、“若頭”と、かなり僕好みの異名をとる福西崇史の加入はチーム内の競争や選手の意識だけではなく、僕らサポーターにもすでにかなり強い影響を与えているように思います。

だって、なんかすごいいいシーズンになりそうな気がしない?
かなりイケそうな気がしない?
本気で狙えそうな気がしない?

する!


磐田純正ってだけで、ものすごいテンションあがる。



というわけで、開幕が楽しみで仕方のない1月の終わりです。



ところで、今期のチームスローガン、『It's Our Time ~青き疾風、赤い怒涛~』ってやつ、後半部分いるかぁ?


『It's Our Time!!!』でいーじゃん!!!



『I'm Waiting For The Man』 / The Velvet Underground
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-30 23:16 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 29 Jan. 点をうつ。 L... Baby Don't Cry >>