25 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
d0025304_16303510.jpg

今日のドット。
とか言いつつ昨日のドット。



昨日は“Caution!”というフリーペーパーの編集会議。
まぁ、フリーペーパーといってもA4を二つ折りにしただけのものなので、A5サイズ4ページというこぢんまりとしたものです。

けれど、最初はそういう小さな一歩でいーんです!
だってあまりお金のない業界のものだから。
さて、何の業界のものかというと。

“Caution!”?あッ、あれかッ!と気づいた人は相当なコロンボさん、またはポアロさん。

そうじゃないとしたら、演劇ファン。



そうなんです!
会社移籍の理由のひとつでもあり、とても楽しみにしていた演劇関連のおシゴト!



僕のささやかな夢に、デザイナーになって、もしももしもチャンスがあったとしたら(このへんがアグレッシブさにかけるとこですね、あたくしの)、自分の好きな、愛する業界のデザインをやってみたいなぁ、というのがあって、それはどういう業界かというと、音楽、映画、書籍(装丁ね)、飲食、ファッション、スポーツ、そして演劇だったのです。

音楽、映画、飲食、ファッション、スポーツの5つは、幸いにも経験させてもらったので、残るは書籍と演劇。
そして今回演劇のおシゴト!

なんて嬉しい。



で、“Caution!”とはどういうフリーペーパーかというと、劇場で配るチラシ束と一緒に配布されるものです。

芝居に行くと今後の公演チラシが束で渡されるでしょう?
だいたいの劇場ではチラシを束ねるためにその時の演目に対するアンケート用紙を二つ折りにして、その間に挟む形式になってるんです。
それが見た目にもあまりよろしくないし、統一感に欠ける。

そこで、アンケート用紙はチラシ束の中に入れてしまって、どの劇場でも共通のフォーマットでデザインされた紙に挟んだらどうだと、どうせなら読み物として面白いものがいいんじゃないかと、しかも演劇界の活性化につながる記事だったらなおいいんじゃないかと、そんなふうにして話が膨らんでいった(らしいです)。

そして2月からいよいよ本格始動。

去年の年末の主要なお芝居でチラシ束の中に“Caution!”始動の予告チラシが挟まっていたので、年末に何かお芝居観に行った人は目にしてる可能性が高いんじゃないでしょうか?
実際僕もナイロン100℃の『ナイス·エイジ』行ったときに入り口で貰ったから。

その“Caution!”のスタッフになれるというのはかなり魅力的なことだったんですよね、僕にとっては。

だから嬉しい。

デザイナーになってよかったなぁ、と噛みしめる金曜日。



さて、僕はただのライトな演劇ファンなので、まずは観客の目線から見て、面白いものを提案できたらいいなぁという感じでスタートです。

ただ、これからは発信する側の自覚も持って、いろいろ勉強しないとなぁ。
そんな気持ち。



だから、勉強のために週2ぐらいで芝居を観に行かせてください、社長ッ。



『ラブ·アンド·ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-26 12:33 | お仕事
<< Kick & Loud 24 Jan. 点をうつ。 L... >>