ウデイ・アレンとスパイク・リーがパリで出会った
もうすでにいろんなとこで取りあげられているLive STRONG、
そしてSTAND UP SPEAK UP。

他にもブルーのやピンクのといろいろあるようです。
(それぞれ異なる基金です、もちろん)

ただLive STRONGSTAND UP SPEAK UPはともにサッカーファンに馴染みがあり、特にアンリが発起人のSTAND UP SPEAK UPは、ようやく日本でも簡単に参加できるようになったのであらためて取り上げてみたり。

やっぱこういうのって買うっていうより参加、です。
購入という感覚を持つと、営利目的の業者やオークションで抵抗なく手に入れてしまうことになりかねないし、それってどうよ?
財団なり基金なりに自分の金が行くんなら、どういうかたちにせよオッケーよ!とオークションやウェブショップ100%信用できるならいいけども、どうせならちゃんと参加したい(というかそのほうが安いなんて理由もあり)。

両方ともNIKEだし、実際の参加費用はLive STRONGが150円ぐらいで、STAND UP SPEAK UPは300円。
Live STRONGは本格自転車店(そんな言葉あるのか知りませんが)で、STAND UP SPEAK UPはナイキ・ストアで参加できます。

Live STRONGのほうはNIKEでの取扱いはなく、自転車店が直接Live STRONGのウェブから参加し、それに賛同する客へ、というかたちで提供しているところが多いようです。
商品を買えばもらえるというお店もあるようです。

Live STRONGが癌、STAND UP SPEAK UPが人種差別、両方とも重大なコトなんだけど、自分や身近な人が経験しないと、意識しないコトだったりするし、そういうものを広める時にはNIKEのカッコ良さって凄い有効だと思う。

ミーハーでも流行りでも、ファッションでも何でもいいんじゃない?
数百円は確実に有効利用されてるんだから。


そういやあ、『カフェ・オ・レ』って凄く良い映画がありました。
『憎しみ』のマチュー・カソビッツ、デビュー作です。

今回のタイトル、ウデイ・アレンとスパイク・リーがパリで出会った。ってのは『カフェ・オ・レ』のレビューかなんかだったと思うんだけど、言ってることはなんとなくわかる、わかるんだよ。。。
でも、、、

ウデイ・アレンとスパイク・リーて放っといてもNYで会うじゃん!

ってハンパなツッコミをしたくなっちゃうぜ。
[PR]
by clyde_8 | 2005-05-09 17:30 | 日々
<< 久しぶりに初日に行った ある光 >>