10 Jan. 点をうつ。 Love And Dreams Are Back
今日のドット。



3月の展示会用プレスシートの構想。

小さいダミーをつくってみる。

小さすぎてようわからんものができてしまった。。。



ホテルのウェディングプランのアイデア出し。

こちらはわりとスムーズ。

社長Tと絶妙なバランスで補完し合う。




大して好きでもないんだけど、80年代特集と聞けば買ってしまう『STUDIO VOICE』を読みながら帰る。

去年、突然友人から“西島りょうにとっての80年代とは?”を考察して述べよ、みたいなメールが来て、考えてはみたけれど、結局よくわからなかったのでほったらかしにしているのを思いだす。

ま、75年生まれの僕にとっては、背伸びしたらなんとなく仲間に入れてくれそうな時代で、“なんだか楽しそうなことやってるなぁカッコいいなぁ”っていうのが80年代ってやつで、考察できるほど体感していたわけではなかったりするのです。

あぁ、なんとなく、クリスタル。

さて、どっぷり浸かった人たちは『STUDIO VOICE』誌上でどう総括しているのでしょう。

うーん、、、相変わらず回りくどくてやや小難しい物言いで鬱陶しい記事が多い。。。
これ読んで、なるほどなぁ、となる人はけっこう頭がいいんだと思う。

なんとなく、わかるようなわからんような。。。

けど、僕が80年代の中頃に始まったというのは確かなようです。
『グーニーズ』を観に行ったからね。



『ラブ・アンド・ドリームふたたび』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2007-01-11 01:02 | お仕事
<< Alive 08 Jan. 点をうつ。 L... >>