酒と共に去りぬ
d0025304_23291060.jpg

ソウル・フラワー・ユニオン、中川敬の声は優しい。

ついうっかり目が覚めてしまった冷たい朝や、手をかざしてもどうしようもなく眩しい昼下がりや、どこか遠くへ飛んで行ってしまいたくなるような夕暮れや、どうしてもやってきてくれない眠気を待つ真夜中に響く唄。

『ロロサエ・モナムール』にはいつものように鋭く撃ち抜くメッセージ・ソングはほとんどない。
闘いの合間、つかの間の休息。
音楽を愛するソウル・フラワー・ユニオン。

を愛する僕。

今の僕に染み込むのは、そんなアルバムです。



『酒と共に去りぬ』 / ソウル・フラワー・ユニオン
[PR]
by clyde_8 | 2006-11-14 23:33 | 音楽
<< Who Needs Love? ワンダフル・サタデー >>