最後まで楽しもう
d0025304_17311653.jpg

10/28、土曜日、Jリーグ第29節、大宮戦、さいたま市浦和駒場スタジアム。

連勝です!
久々の連勝です!!


開幕戦以来の完封勝利ってのが(しかも相手のフィニッシュのひどさに助けられた感あり)、今期いかにウチが壊れたチームだったかを物語ってるけども、最低の時期を乗り越えて、ガーロが残してくれた遺産もうまく使えるようになってきてる気がします。

ガーロの遺産、やっぱりその筆頭は伊野波のマンマークでしょう。

まだまだ勢いだけでいっちゃってる時や、軽くいなされて大ピンチを招くこともあるけれど、それでも彼、基本的には“できるコ”です(モニが東京に来た時なんてホントひどかったもんねー。ボールがモニ付近にいくと、軽く悲鳴が上がってたんだから。ちゃんとボールを蹴った時は軽く感嘆の声があがってたんだから。あ、そうそう、勢いだけっつったら小峯っていう経歴だけならトップクラスの、、、って長くなるので止めとこう)。

大宮戦での伊野波くん、アリソンを潰すのは無理だったとしても、小林大悟なら抑えられるだろうという戦術のもと、しっかり相手の重要選手を1人消してくれました。

若きエースキラー健在、といったところです。

アリソンはモニが筋肉壊してまでして抑え込み、モニが壊れた後はコンちゃんが引き継いで任務完遂(増嶋すねるな、お前にアリソンはまだ早い。僕らベンチの真後ろで観てたんですが、一度呼ばれた増嶋がやっぱり待機しとけと言われた時のあの表情、あからさまに残念そうでした)。

相手が3トップに変更した後、満を持して増嶋登場。
若きセンターバック3人衆(うち本職は1人だけ)で、大宮を完封。

なんだか、ディフェンスがとってもハイクオリティなチームの試合を観てるようでした(ホントはザルなのにねぇ)。

それにつけても、今野はスゴイ。

“獅子奮迅”という言葉でコンちゃんの姿が思い浮かぶ。

それぐらいスゴイ。



実は、僕が集合時間の連絡をミスったり、newが芋買ったり、なんかうだうだしてたら、ちょっと遅刻しちゃったんです。
ほんの2、3分。
だから今野のゴール、生では見てないけれど、ダイジェストで見る限りは“スーパー·どフリー”(←“ど”がついててよかったなぁ。。。とネタが古い)あんなに見事にマークを外せるなんて、スゴイ。

そして、ユータ。(←「またかよ」というつっこみは無視)

とっても“できるコ”なんだから、次からもぜひ、スタメンで。

ちなみに、後半のポスト直撃のシュート、あれ、僕の世界(別名“五分後の世界 Ver.青赤”)では入ってることになってるので、対大宮戦の最終スコアは、

2-0です。(←ま、ラブ·イズ·ブラインドってやつです)



さて、昨シーズンに引き続き、ある意味優勝争いに加わっている東京ですが、こうなったら本気でみなさんの期待に応えて、川崎と浦和をいじめつつ(って、昔は確実に勝てると思ってた2チームだねぇ。。。すっかり置いていかれてしまいましたねぇ)、ガンバの加地クンに優勝をプレゼントしてあげましょうか(もしくは清水の超棚ぼた優勝)。

というわけで、どんどん冬が近付いてきてスタジアムも寒くなってくるし、東京はショボい順位のまま終わっちゃうかもしれないけれど、思いっきりリーグをかき回して最後まで楽しんで、笑顔のまま元日コクリツを目指しましょう。



camo嬢、今日の一言。


「でかいコねぇ」


後半、アップを開始した平山を見て。

僕の連絡ミスで、後半開始前に到着したcamo、「みんなでやろうと思ってさ口」と『Newton』最新号(第一特集·インフレーション宇宙論)を取り出す一風変わった東京SOCIO。

彼女の脳の回路はおかしい。



『最後まで楽しもう』 / 吾妻光良 & The Swinging Boppers
[PR]
by clyde_8 | 2006-10-30 15:39 | FC東京/サッカー/フットサル
<< Now it's ti... Rendezvous >>