Trip in jazz
d0025304_20341033.jpg

さて、嬉しいニュースの時間です。

僕の友人 J についてです。

とにかく、マジで嬉しいんです、オレは。



ホテル ニュートーキョーというミュージシャンを知ってますか?
8月に1stアルバム、『ガウディの憂鬱』をリリースした今谷忠弘率いるインスト・ユニットです。

耳の早い音楽ファンなら余裕で知ってるかもしれませんが、下北のロマンティスト・曽我部恵一が主宰するローズ・レコード所属のホテル ニュートーキョー。

近づいてくる波の音。 遠い異国の雑踏。
男と女が愛について語る、その声。
スティールパンとフェンダーローズ
リズムボックスに枯れたギター
トランペットが古い記憶を運んでくるとき。
時間がとろけて甘い液体になって、溢れる。
夏の陽射しを逃れ、
つかのまのメロウなランデヴーへ。
ホテル ニュー トーキョーへようこそ。
―――曽我部恵一

ホテル ニュー トーキョーのCD帯に添えられた曽我部さんのコメントは、なんとなくわかるような、よくわからないようなって感じですが、要は“いい感じ”ってことです。

アルバム『ガウディの憂鬱』は、しっとりと音が、音楽が身体に染み込んでくるような作品で、メロウな中にも情熱を感じる美しい一枚です。
Natural Calamityが好きな人なんかは、絶対気に入ると思いますよ。



で、
やった!
僕の友人 J がホテル ニュー トーキョーでドラムを叩くことになったんだッ!!
嬉しい!!!




12月にライブがあるみたいで、それに向けて練習に入った後、次のアルバムからドラムを担当することになったみたいです。

確かそんなようなことを言ってた(微妙なタイミングで電話してきたし、テンションあがっちゃって細かいとこは憶えてない)。

J は大学の友人とは連絡を全然取ってないので、まだ誰も知らないらしいけど、きっとみんなびっくりすると思うよ。

だって、ホテル ニュー トーキョーって洒落てるもん。

なんつって。

やったな!仕送りパンクの逆襲だな!!

なんつって。

ま、とりあえず、12月のライブを楽しみにしましょう。
みんなで行きましょう。



おめでとう!マイフレンド。



『Trip in jazz』 / ホテル ニュー トーキョー
[PR]
by clyde_8 | 2006-09-29 20:57 | 音楽
<< 月曜日は最悪だとみんなは言うけれど Please allow me... >>