ボリュームは10
昨日の代表戦は明大前LIVREでTV観戦。

後半途中からプルトニウム239さんが合流。

からの電話があったけど、電波微弱で放ったらかしにしちゃいました、ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ。。。



試合はというと、イエメンTVの機材やスタッフの技術レベルの低さ加減にイライラする展開(あ、それ試合の内容じゃない)。

とはいえ、個人的には数ヶ月前の代表より今の代表のほうが楽しいので、昨日のような展開でも、まあ楽しめる。

でもあれですね、本当に強くなるのにはかなり時間かかるかもしれませんねー。
基本技術が低い感じが、ものすごいするんだもの。



ちょっと一回試しに、ユータ&梶山を入れてみよう。

今のナオなら、もしかして加地クンに勝てるかも。

平山がウチにきたら、めきめき伸びて、巻を追い抜くね、きっと。


伊野波雅彦の名前は日本中に轟いたね(ホントに名前だけだけど)。

ふふふ、東京ジャパンの誕生も夢じゃない。


(↑バカSOCIOの暴走と妄想)

それにつけても、クマさんの声はいい。

フルボリュームで、暑苦しいことを熱く叫ぶその姿、最高です。






試合後、プルトニウム239さんから聞いた“デモテープ制作について”の話はかなり面白くて、マイブログ読みにきてくれてるオリーブ少女や、元オリーブ少女にとっては衝撃の事実発覚です!

なんと、プルトニウム239さんとフリッパーズに意外な接点が!!!!!



これ以上はここでは書けません。
まじで。



知りたい人は直接お会いした時に、もしくは原宿のキャットストリートにある“スポーツショップ日本人”で何か買ってください、そうすれば副店長であるところのプルトニウム239さんが話してくれるでしょう。(←頼まれてもいないのに宣伝)

※注意!半分以上冗談なので、本気で話聞きに行って、どこが面白いんだ!?とか因縁つけないように。



『ボリュームは10』 / The LILAC
[PR]
by clyde_8 | 2006-09-07 17:57 | FC東京/サッカー/フットサル
<< スーパーマンみたいに飛べたらな Yo Ho(A Pirate&... >>