After Hours
d0025304_336126.jpg

“スチャダラパーはお好き?”というメールに釣られて、行ってきましたWOMBに。

DJ陣がスチャダラパー、高木完、EMMA、石野卓球だっつうんだから超豪華。

やや大箱クラブ·イベントのりなのかと思ったら、ファッション雑誌『HUGE』とadidasが主催のえらく大きなパーティーで、“エクスクルーシヴな一夜を”なんて言ってるわりにはインビテーションをばらまいてたらしく、ファッション業界や雑誌業界中心にかなりの人が来てました。

僕も調子にのって、友人やそのまた友人と共に6人で押し掛けました。

諸事情あって実現しなかったけど、ホントはWOMB行く前に6人で話したかったんですよ。。。

お話もそこそこに乗り込んだもんだから、まずはkazuさんとその連れがつまんなそうに即脱出。

まあ、しょうがない。許してやろう。

kazuさんを呼んだ本当の目的は、ポルトガルの写真を貰うためと、スポーツショップ日本人のOさん(a.k.a. プルトニウム239さん)に会わせるためだったので、Oさん(a.k.a. プルトニウム239さん)がお仕事中でまだまだ来る気配がない以上、引き止めてもしょうがない。

おう、写真は貰ったから、帰れ!帰れ!と見送った十数分後、マイアミーゴが興味津々だったもベトナム顔の友人と一緒に帰っちゃいました(結局お二人はフロアに出なかったんじゃなかろーか???)。

というわけで、財布をなくした僕は(←自分の失態はさらっと、さらっと)、プルトニウム239さんが来るのを待つ間、ミ·アミーゴやそのまたアミーゴにお酒を奢られまくり、帰っちまった友人たちと入れ替わるようにフロアに溢れかえる人の中、飲めや歌えやの大騒ぎ(いや、歌ってはないけども。みるみるうちに酔っぱらっていくミ·アミーゴと踊ってただけです)。
やっぱり日付が変わるとやたら盛り上がりだしますね、こういうのは。

1階のバーに移動してからも、ありがたくお酒をいただきながら、合間合間にいろんな人に紹介してもらったりして、、、って人が多すぎる!
これなら、フロアでふらふらしてたほうがいいんじゃないだろーか?と迷いだした頃、爆弾到着、仕事を終えて駆け付けてくれたプルトニウム239さん。

完全にドランクンモンキーになってしまって、もう帰るーとへろへろなミ·アミーゴに最後のお酒をお願いして、プルトニウム239さんと立ち話。



と、ここで、帰ったはずのkazuさんから電話。
渋谷で飲んでるから来なよ~、ケイ(これでご一緒した熱い人です)もいるよ~って。



それならと、卓球が回すフロアを少し覗いてから(さすがにすごい盛り上がりでした)、WOMBを後にする。



そうやって、kazuさんと再びランデブー。
この日は、ここからが本番だったかもしれません。

kazuさん、谷口さん、プルトニウム239さん、そんで僕の4人で、下北へ。



もうねぇ、3人とも話が面白くて、面白くて。
このブログに興味を持ってくれてるすべての人に会わせてあげたい3人なんです。
この人たちの話はぜひとも聞かせてあげたい楽しい話題ばかりですよ、ホントに。

んでね、ここに書きたいんだけども、彼らの会話はマイブログの優等生的イメージ(どこがじゃ)を損なう恐れがあるので、キーワードだけ少し。

田中達也に気付かなくて再び、部落、森達也、学会、東芝府中工場のボーナス、ご学友、オランダ逃亡中、ビクトリー·デイ、緒川たまき、桐島かれん、優香、プルトニウム239、、、エトセトラエトセトラ。

kazuさんもブログで書いてたけど、プルトニウム239さんの話は特に面白くてすべり知らず。
まさに『人志松本のすべらない話』。

例えば、

アディダスで働いてた頃、白人がふらっと買い物に。
ロンドンに住んでたこともあるプルトニウム239さんは、プライマルのヴァニシング·ポイントのTシャツを着てる客だなぁ、ぐらいの気持ちで接客。
その白人の着てるTシャツを指して、「お、プライマルじゃん、オレも好きなんだよぉ」と声をかけたところ、握手しながらその白人、

「俺、メンバーだよぉ、プライマルの。。。ギターだよ、俺。」
と衝撃の発言!


概ねこういう内容。

この白人、プルトニウム239さんがおぼろげに記憶している髪型から判断すると、たぶん、ロバート·ヤングかケヴィン·シールズ(マイブラのボスね)だと思われます。。。

こんなただでさえ面白い強烈な話が、プルトニウム239さんの独特の語り口で、よりいっそう楽しくなるんです。



そんなプルトニウム239さんと共に、とにかく冴えまくるkazuさん、谷口さんの尽きない話題。

ほんのひとつやふたつとはいえ、僕が最年少っていう場(遊び場所に限って)にいるのは久しぶりのことだったので、そんなしょーもないことも楽しかったりしたのでした。

結局朝までいましたね。
最後は道端で缶コーヒー飲んでましたね。



楽し過ぎるので、また行きましょう。

次は、みなさんも(って誰よ?、、、あなたよ)、ぜひ。



あ、電飾トレフォイルの写真はkazuさんとこから無断拝借。



『After Hours』 / The Velvet Underground
[PR]
by clyde_8 | 2006-09-04 03:40 | 音楽
<< 愛してみよう Hot Fun In The ... >>