Who Is It
d0025304_12214853.jpg

演劇ユニット(なんだと思う)Piperの後藤ひろひと作、竹下宏太郎演出の『ニコラス·マクファーソン』を観ました。



国賓ニコラス·マクファーソン。
調印式のために来日した彼を、調印式の会場で暗殺する計画があるとの情報が。
ニコラス·マクファーソン暗殺を阻止するべく、会場となる迎賓館で万全の態勢を整える二人の刑事。
一方、迎賓館内部を模した近くの倉庫で、ニコラス·マクファーソン暗殺の予行演習を行う殺し屋二人。
さて、勝つのはどっち?



そういうお話なんですけど、演劇ならではのギミックと楽しさとテンションで一気に見せるかなり短時間(90分ぐらい)のお芝居でした。

後藤ひろひと大王は遊気舎の頃から、とにかく楽しいお芝居を書く人で(物語の中で客を舞台に上げるという反則技を使ったりしてました)、『ニコラス·マクファーソン』もとにかく楽しさに主眼を置いてつくられてました。
ま、いわゆる“テーマ”や“メッセージ”がないので、観終わったあとは“楽しかった”以外なんにも残らないんですけどね。

今日が東京公演最終で、その後は大阪公演です。

なんにも考えずに観て、笑って、竹下宏太郎さんてダンサーだよねぇ?米米クラブの。お芝居の演出もなかなかのもんだよねぇ。んで、結局ニコラス·マクファーソンって誰よ?ま、いっかぁ。んじゃ、お茶でもして帰ろっかー。という感じで楽しんでくださいな。



ちょっと待て、他に見所はないのか?

DVDの収録が来てたので、ということはいずれDVDリリースされるんだから、観てみたいなって思うようなことを書いといたほうがいいんじゃないの?
って、ただの感想文ブログが心配するようなことじゃないんですけども。。。



というわけで、見所をひとつ。

演劇ならではのギミックってやつについて。

このお芝居の舞台となる、刑事が護衛準備をしている迎賓館と、殺し屋が予行演習をしているニセ迎賓館は見た目はまったく同じなわけです。
だから舞台上では、刑事の場面と殺し屋の場面の合間には暗転が挿まれ、照明の色合いの違いで迎賓館かニセ迎賓館かを表現してるんです。
まあ、刑事の場面と殺し屋の場面では違う役者さんが出てくるので(一人だけ二役でしたけどね)、観てる僕らは混乱することはありません。
役者のやりとりに笑いながらも、なるほど、明かりの具合や小道具で差をつけてるんだね、面白いなぁ、と感心してみたりして。

と、ここまではよくある手法です。
その後、二人の刑事と二人の殺し屋がそれぞれの舞台で(迎賓館とニセ迎賓館ね)、各々の考えを相棒に話し、激しい会話の応酬になる場面で、楽しい仕掛けが始まります。

刑事たちの場面のはずなのに、なぜか殺し屋たちも舞台に登場。

どうやら、刑事と殺し屋はお互いが見えてない様子、というか、それぞれは違う場所にいるんだから当たり前ですね。
そうなんです、迎賓館とニセ迎賓館で起こっていることを舞台上で同時に見せてるわけです。
観客だけが両方を同時に見ることができる。

刑事Aの台詞は確かに刑事Bに向けられて、殺し屋Aの台詞は確かに殺し屋Bに向けられているんですが、うまい具合に刑事Aの言葉が殺し屋Aへの問いかけになっていたり、殺し屋Bのつっこみが刑事Bにずばっと決まったり。
四人(二人の刑事と二人の殺し屋)の声が聞こえてるのは観客だけで、別々の場所にいるはずの刑事と殺し屋の会話が、見事に成立している可笑しさに大笑い。

四人は会話をしながらも舞台上を動き回ります。
あぁ、もう少しで刑事Aと殺し屋Bがぶつかる!おぉ、ニアミス!
四人同時にソファに座るんだけど、絶妙なタイミングで四人が横並びに座ったりして、台詞の妙だけじゃなく、動きでも笑わせる。

これは、映画で表現するのはなかなか難しいでしょう?
この仕掛けには、ちょっと唸らせられちゃいました。

もし僕が演劇畑の人だったら、悔しくてしょうがなかったと思います。
これで、“テーマ”や“メッセージ”があって、それが心に残るような作品だったらPiperの門を叩いていたかもしれません。
楽しいお芝居に打ちのめされるところだったよ。
はぁ、デザイナーでよかった。。。(←後ろ向きな安堵)

『ニコラス·マクファーソン』、演劇ならではの手法を駆使した、刑事と殺し屋のどたばた劇に、“巧”です。(←あー、なんかうざい)



個人的ツボ。

ダブルコールの後の竹下宏太郎さんの身のこなし。

演出家として舞台に呼ばれて、客席に挨拶。
役者がはけて、最後に残った竹下宏太郎さん。

客席に向かって投げキッス2回と帽子をとってご挨拶(もちろん帽子なんて被ってないですよ、マイムです)、この身のこなしがね、さすが振付師!って感じ。

お洒落な身のこなしが格好良かったです。



『Who Is It』 / Michael Jackson
[PR]
by clyde_8 | 2006-08-22 12:41 | 映画/お芝居
<< Long Shot Nice Dream >>