ワルツ

d0025304_14361080.jpg

※おことわり

今回、否定的な意見を述べさせていただいたアーティストについては、あくまでも僕個人の好みに基づいたもので、且つ、ここで取り上げた作品に関してのみの限定的で短絡的なものだということをご了承ください。




と、こういう書き方してるから、ふざけてると思われるんです。



映画『ハチミツとクローバー』を観ました。

ターゲット層が違うのになぜかライバル視していた、この映画のグラフィックチームの一員(だったこともある。。。ぐらい弁えて言っとかないと、怒られる)としては、かなり楽しみでもあり不安でもあったんですが、、、

勝ったな。(とか言ってながらこっちはまだ劇場で観てないんです、僕。そんな中、姫!「観たよ口」メール、ホント嬉しかった!ありがとー。)



映画『ハチミツとクローバー』ね、あれは映画になっとらん。
怒るよ!
なんで日本のCMやPVあがりの映画作家ってこうなんだよ!
劇映画というのは、まず、物語ありきなの!
それから、絵ッ!特にはぐの絵!魅力がなさ過ぎッ!
森田さんのスクラップブックも、微妙!
あと、黒猫っ!オマエはなんなのだ?
あゆ!美脚美乳だっつうから好きになったのに、誰だ?オマエ!?
それと……、、、って、あーっもう、キリがない。



と文句は尽きないのですが、それでもこのブログで取り上げている。。。
(“つまらないものや、しょーもないことは観たり聴いたり触れたりしても基本的にスルーしているマイブログ”という雰囲気はどうやら定着してるみたいで、面白かったのが、“食”についての記事がないことについて、コロムーが「あまり興味ないんですか?」なんて言っていたこと。いやあの、興味はあるんだけどね。うーん、なかなか示唆に富んだ意見ではないかと)



映画としてはどーしよーもなかったんですが、それでもずーっと、鳥肌立って胸がドキドキしてたんです。
舞台の“浜美”のモデルとなってるのが僕の母校なので、『ハチクロ』で描かれる学生生活の風景ほとんどが身に覚えのあるものなんだよ(映画のロケは別の学校でやってるらしいです。原作とアニメは我が母校)。

そう!アトリエのイーゼルのこの感じ!
アトリエの床って綺麗になることなんてなかったなぁ。
指についた絵の具擦ったなぁ。
わかる!いい作品つくる人を好きになるんだよねぇ口
やるやる!デザイン事務所でのバイト!
なぜか可愛い!汚いエプロンとかつなぎの女の子!

美術の予備校でバイトする学生なんかも描いてくれたら、よりもっと、わかるッ!やるやるッ!ってなってただろーなぁ、などと映画の内容にはまったく関係ないことを考えたりして。

なんか、結局、「いい映画だったなぁ」みたいな感じになって映画館出てんの。

単純な僕は、幸せもんだなぁ。

なんじゃそりゃ。



あ、そうそう、理花さん役の西田ねえさんの出番が少ないのが残念。
ま、修ちゃん先生役の堺雅人さんばっか見てたんだけどさ。



『ワルツ』 / スネオヘアー
[PR]
by clyde_8 | 2006-08-17 14:36 | 映画/お芝居
<< マイ・ボーイ Draw The Line >>