Colour Field
d0025304_1840652.jpg

ドキッとさせちゃいましたか?

DOUBLE KNOCKOUT CORPORATIONのおふたりです。

または、我が青春のフリッパーズ・ギター。



さて、話は変わって(いや、話は始まってなんかないんだけどさ)、嬉しかったことを少し。
または、“苛立ちさえ 僕は 抱きしめたいと 思った”ことを少し。

数日前の“作り手の苦悩”についての記事を読んでくれたらしく、すぐにメールをくれた人がいました。

ひとりは僕と同業で、ポスターのデザインを HP でチェックして、温かい言葉をかけてくれました。

もうひとりは駅で見かけたポスターを写真で撮ってくれて、これまた優しい言葉をかけてくれました。

勇気がでた僕は、手当り次第にポスター掲出場所の写真をメールしたりしてみたり。みなさん、その節はスミマセンでした。



やっぱり、友人に見てもらうということには、魔法みたいな力があって、ただ一言「見たよー!」って言ってくれるだけで、気持ちがぱっと前を向くんですね。

たくさん力を貰ったので、今はずいぶん前のほうを見ています、足下は見えてません(おっと、それは危険!)。



『青春はいちどだけ-Colour Field-』 / Flipper's Guitar
[PR]
by clyde_8 | 2006-08-10 18:27 | 音楽
<< Let yourself go... ブルースをけとばせ >>