Carry On
d0025304_1684613.jpg

このジャケットのイラスト、よくないですか?

いいですよ、ぜったい。
バンド名と作品タイトルのレイアウトと書体は酷いもんだと思うんですけどね、イラストは最高にいい感じですよ。
これがまた、NYで活動してるグループのアルバムジャケットだっていうんだから面白いですよね。

シム・レッドモンド・バンドの『Each New Day』というアルバムです。



“オーガニック・サウンド”とか、“アイランド・ビート”とか、“アコースティック・ジャムバンド”なんて形容をされることの多い彼ら。
そうです、要するに、“心地良い音楽”ってやつです。

レゲエやカリビアンやアフリカンミュージックのエッセンスが南国の香りを運んでくると同時に、豊かな演奏と美しいコーラスがどことなく都会的な(ってNYのグループだって知ってるからか。。)洗練を感じさせます。



とにかく、CDショップで見かけたら試聴してみてください。
1曲目の『Pink Guitar』から持ってかれますから。
きっと、その日買おうと思ってたCDを1枚諦めるかどうかを悩み始めると思います。

そして、6曲目の『Ngoma』から7曲目『All Ever Had』への展開で、他の買うはずだったCDの諦めがつき、そうだ、サングラスも買おう、と思うはずです。



『Carry On』 / Sim Redmond Band
[PR]
by clyde_8 | 2006-08-09 14:47 | 音楽
<< ブルースをけとばせ 愛と笑いの夜 >>