Satisfaction
今朝、11時頃の話(11時って、朝ってことでいい?)。

オフィスにて。

新潟ロケのコーディネーションでお世話になった大先輩のデスク脇に、“Sさん、猫のゴハンいろいろです。よかったらどうぞ”というメモが貼られた紙袋発見。



あ、僕ね、帰ったら猫がいるもんで、jujuっていうものすごい可愛い猫なんですけど、だからちょっと貰って帰ろっかなーと思ったわけですよ、かなりの量があったから。



「Sさん、これちょっと見ていいですか?」

「あ、猫飼ってるんだっけ?いいよー、好きなの持って帰って」

「あ。じゃあ、ちょっと見てみまーす」



がさごそがさごそ。

なんかね、猫のゴハンのお仕事をしてるプロデューサーがいて、ごっそり持ってきてくれたらしいんですけどね、ドライフードではなく、高級食品系だったわけです。
猫飼ってる人は普通喜ぶらしいですね。
でもね、ウチは違うんです。
jujuにはドライフードしか食べささないと決めてますから。
だから、ちょっとがっかり。

「あー、なんだ、高いやつばっかりですねぇ。ウチはドライフードしかあげないんですよー」(←いやその前に、横からしゃしゃり出てきてエラそうです。気をつけます)

と、紙袋に猫用高級食品を戻していたら、



ぐうぅぅ〜。。。



鳴ってんの、お腹。

そう、僕の。

僕のお腹が喜んでどーすんだよ。




なんだか、妙にショックでした、というお話。

お昼ゴハン何にしよう。。。



『(I Can't Get No) Satisfaction』 / Cat Power
[PR]
by clyde_8 | 2006-08-03 13:59 | 日々
<< ええねん 流れ星ビバップ >>