血まみれの日曜日
Gosh!

なんだか暗いタイトルですみません。

日曜日の夜なのにオフィスにいるんだから、まったくもう。



明日から新潟へロケハンに行ってきます。
2泊3日なので、たぶんその間はブログも放ったらかしです。
(↑これ、訳しますね。“記事アップやコメントのお返しはできないけれど怒らないで、そして、更新停滞その隙に、過去の記事なんかも読んでもらえると嬉しいなぁ”ぐらいの意味です)



旅のお伴は、柴田元幸さんの『短篇集 バレンタイン』、トム・レオポルドの『君がそこにいるように』、それから『羊をめぐる冒険』かな。
あと、マンガを少々、の予定。
ってそんなに読めやしないのにね。
でもいいんです、荷物が重くても心が豊かなら。
腕の痛みはハートの潤いのため、ってやつです。

うそ。

現地ではロケバス代わりにワゴンタクシーで移動するから、荷物の重さはほとんど関係なし、デス。あはー。



さて、ここ数日も相変わらず映画やお芝居からパワー貰ってます。
(ところで、このブログ一応FC東京系です)

帰ってきたらあらためて感想を書こうと思ってるんですが、ひとつだけお薦めしておきたいお芝居があります。

プレビューも終わって、地方公演も終わって、東京での本公演も7月9日が落日なので、あと少ししか公演数が残ってない。チケットもキャンセルやなんかを当てにした当日券狙いじゃないと厳しいかもしれない。それでも、ぜひ観に行ってほしいお芝居。


『ウィー・トーマス』!!!!!



翻訳劇で、しかも再演らしいんです。
要するにもともとはずいぶん前からあったお芝居ってことなんですが、僕にとってはもの凄く新鮮で、かなり衝撃で、素晴しい演劇体験でした。



少しでも興味ある人は夕食我慢してでも観て!
(↑これ、訳します。“夕食っつうと観劇のチケット代ぐらいはかかるよね、ふつー”ぐらいのイヤミな意味です。。。もちろんうそです)



あ、言っておきますが、痛いのとか流血とかのスプラッタが全面的にダメな人は、行っちゃ駄目観ちゃ駄目。それはもう、絶対に。



『Sunday Bloody Sunday』 / U2
[PR]
by clyde_8 | 2006-07-02 23:42 | 映画/お芝居
<< スタンド・バイ・ミー グッド・モーニン、ブラック・フ... >>