Who Killed Rock 'N' Roll
ジェニコさんへ

ミステリ小説について思うところとオススメ作品について書こうと思ったんですが、どうやらミステリの海は想像以上に広大で、僕の貧弱なコンパスはあっという間に狂ってしまったので、案内役なんてできそうにありません。(←別に誰も頼んでない)
だから、超私見からのオススメを挙げるだけにとどめておきます。

というわけで、激しく注意!
ミステリ小説についての解釈に関しては間違っているかもしれません(というか間違ってると思う)。
なので、作品選びの際の参考程度にして下さいませ。



では、ここから先はジェニコさん、もしくはヒマ人な方だけどうぞ。
(あまりに個人的な理由で書いた記事なので、いわゆる“More機能”というのを使ってみました。)






話は20年ほど前から。。。

僕が子供の頃、絶大な人気を誇った角川映画の勢いも手伝って家の本棚には赤川次郎作品の文庫本が山ほど溢れていました。
ずらりと並んでるとやっぱり手に取ってしまうものです。
まあ、今となっては赤川次郎作品がミステリかというと、議論の余地はあると思いますが、会話文主体の作風は小学生の僕にとっては読み易くとても楽しく感じたんです。
そんなわけで、僕にとって三毛猫ホームズシリーズがミステリ小説への興味を持つきっかけになったことは確かです。

それ以来、ミステリの熱狂的読者というわけではなかったけど、ふとミステリが読みたくなることは多かったように思います。
だから、特別詳しいというわけではないんですよね、ミステリについては。音楽でいうと、ヒットチャートに名を連ねるアーティストのように名実伴う作家さんの作品を好んで読んでただけですから。
例えば、国内の作家さんだと印象に残ってるのは江戸川乱歩、綾辻行人、竹本健治、有栖川有栖、山口雅也、折原一、二階堂黎人、森博嗣といったところですね。
まさに、有名どころってやつです。

今ではあまりミステリを読むことがなくなったんですが、ミステリばっかり読んでいた時期もあるぐらいですからね、そこそこ好きだったんだと思います。



ところで、“フーダニット”って言葉知ってますか?
“Who (had) done it?”
誰がやったのか?
これはミステリ小説のなかのひとつのスタイルを指すものです。
“How”や“Why”に焦点を置いた場合は“ハウダニット”や“ホワイダニット”って呼ばれるやつですね。
結局のところ読者としては“Who”も“How”も“Why”も気になるので、どこが最後に解き明かされるのか?ぐらいの分け方なような気もします。

僕はこの“〜〜ダニット”ものが特に好きだったんですよね(ま、先に挙げた作家名からしてそうだろうって感じですが)。犯人は誰だろう?とかどうやって殺したんだろう?とかって推理しながら読むというよりは(だってわかんないもん)、事件に巻き込まれた超脇役で、新たな事実を知らされる度に驚くという感じで読むのが好きでした。

ただ、“〜〜ダニット”ものって、そうやって真相を知った時の驚きが楽しいんだけど、それにはある程度割り切って読む必要があるんですよ。
本気になって読んでたら納得いきませんから。。。
恋心が芽生えつつあった爽やかボーイが犯人だったって!?とか、そんな理由で殺すかよ〜!?とか、何代前の恨みだよ、というか何代も続けて付き合いがある時点ですごいわ!とか、そんな密室殺人装置を作ってる時点でバカバカしくならなかったのか!?とかね。
または、文章の人称を書き分けることを駆使したトリックとか。。。ちょっとズルい。。。
そもそも、探偵役が女子大生(もしくはうら若き女性)っていう設定が多過ぎるのは何故だ!?というのが長年の疑問だったりして。

それでも、ミステリ読む時は割り切ってそういうことは気にしちゃダメですよ〜と言い聞かせて読んでたんです。そういうこと気にしなければ、どれ読んでもそれなりに面白いしね。

だけど、ある時期を境にほとんど読まなくなったんですよね。
というか読めなくなった。



出会ってしまったんです。(←思わせぶり)

“〜〜ダニット”に感して納得がいき、しかも物語の面白さは群を抜いていて、『ダ・ヴィンチ・コード』なんて足下にも及ばないぐらい知的好奇心を刺激してやまないミステリ小説に出会ってしまったんです。



その作家の名前は、京極夏彦。



長々と書いておいて、京極夏彦かい!というお叱りの声が聞こえてきそうですが、もしまだ読んだことがなかったらぜひ読んでみて下さい。
京極夏彦は相当に有名だし、売れっ子だけど、僕はそれでも過小評価されてると思いますからね。本当に面白い。

季節的にもちょうどいいですよ。
『姑獲鳥の夏』はこの時期から読み始めるのにぴったりだし、『魍魎の匣』はそのすぐ後に読むのにばっちりです。
季節感って重要です。

これから読むかもしれないということを考慮して、あまり多くは語らないですが、とにかく圧倒的な知識量と物語の見事な構成力、版組まできっちり作ってしまうデザイナー出身の作家っぽさ、見事です。

そして、何にもまして“殺人”というものに対する考え方に説得力がある。
とくに“ホワイダニット”について。
僕はめちゃくちゃ納得できるんですよね、京極作品における殺人の動機って。
だからもう、他のミステリの殺人の動機にすっきりしないものしか感じなくなってしまった。

実は、京極作品って無茶苦茶だという意見のほうが多いみたいなんですけど、僕は他のミステリ作品(特に“本格ミステリ”や“新本格”と呼ばれてるもの)のほうが無茶だと感じる。

だからもし、京極夏彦を読んだことあるとしても、もう一度“殺人”について考えながら読んでみて下さい。
特に京極堂シリーズを。

どう感じるのでしょうか?
やっぱり無茶苦茶かなぁ。。。



そんなわけで、オススメはズバリ、京極夏彦の京極堂シリーズ。



うーん。。。
やっぱり、京極堂シリーズを読んだことがあったとしたら何か別のをオススメしないとダメですね。

というわけで、思いつくままに。

やっぱり江戸川乱歩は面白いです。

ミステリとはちょっと違うかもしれないけど、夢野久作はかなり好きです。

セオドア・ローザックの『フリッカー、あるいは映画の魔』

ジェフリー・ディーバーの『クリスマス・プレゼント』あとリンカーン・ライムシリーズも

レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズ、特に小沢健二も大好きな『長いお別れ』はタイトルからして最高です。

ウイリアム・アイリッシュの『幻の女』は文章が美し過ぎで、詩情溢れまくり。

ジェイムズ・エルロイもハマると強烈な魅力ですよ、ものすごく重いけど。

なんて具合で書いてると止まらなくなりますね。
しかも、海外のばっかり出てきそうだし。。。アメリカかぶれのヤなガキだったんですよ、僕。
でもね、くどいようですが、細かいこと気にしなければ日本の有名ミステリ作家さんのはどれも面白いですよ。

なんて長々と、、、参考になればいいのだけれど。
というか自分が書きたかっただけ、というのが本当の話。



『Who Killed Rock 'N' Roll』 / Culture Club
[PR]
by clyde_8 | 2006-06-14 20:19 | 読書
<< Miracles 極彩色イマジネーション >>