There's A World
社会人になると、学生の頃やその前の誰でもない頃に比べて圧倒的に素敵な出会いというのが増えるので、なんだかそれだけで第二の人生が始まったような気がして、素晴しいことだなぁと思います。
けっこう好きです。出会い。

昨日も楽しそうなフォトグラファーさんを紹介してもらいました。
僕とひと回りも年齢が離れてるなんて、とても信じられないぐらい若々しい方。
Hさんというそのフォトグラファーさんとは、ロケハンも含めると一週間ぐらいの撮影旅行に出かけることになりそうです。

この撮影旅行は少し特殊なお仕事で、自由度が高いうえに国内ロケとしてはわりと長期ロケなので、Hさんのように楽しい(だろうと思われる)人と行けるというのがとても重要なことだったりします。
楽しみです。



実はこのお仕事、Hさんを紹介してもらう前は僕のなかでぜひお願いしたい人が一人いたんです。
友人なんですけどね。
安いギャラでこき使ってやろうと思ってたわけです。
でも今は日本にいないので断念。

その友人、彼はね最初は“留学”という言葉を使ってたはずなんですよ、長期海外滞在について。
でもいつの間にか“バカンス”に。
Gosh!!

彼のブログを読む限り、楽しそうなこと山のごとし。
今頃はドイツ入りしていることでしょう。



そんな彼曰く、“旅行に来てからは、写真を始めた頃のような気持ちに戻って撮ってますね。仕事じゃないと写真撮るのって楽しいんですね、忘れてたよ、この感じ(笑)”というわけで、楽しく写真撮ってるみたいです。
またその写真がいいんだよ。
完敗です。

みなさん、とにかくこれを観て下さい。
http://fotologue.jp/17cardozo/
ね、いいでしょう。
ポルトガルにただテーブルサッカーをやりに(しかも負けに)行っただけではないということがよくわかる素敵さです。

路面電車のやつと、おっさんがベンチに座ってるやつと、海辺の丸窓の小屋のやつなんて特に好きなんだけど、みなさんはどれが好きですか?



一緒に新潟取材行きたかったなぁ。
“仕事で写真撮るのも楽しいんだよ”ってことも思い出してもらおうと思ったのに。。。



『There's A World』 / Neil Young
[PR]
by clyde_8 | 2006-06-08 18:59 | 芸術/デザイン/その他
<< 髪を切る100の方法 心の届かぬラヴ・レター >>