Heal The World
えーっと、だらだら更新してるので話題が古いですが、GW中に観てしまおうと、『カフカの「城」』に続いてミヒャエル・ハネケ映画祭4本目、『ベニーズ ビデオ』を観てきました。

今回観た作品の中ではいちばん好きです!
あ、ハネケ作品を“好き”というのは少し語弊がありますね。
基本的にはどの作品も不快や嫌悪を感じる映画だし、ハネケ自身がそのように意図しているという意味のことを言ってたりするから、“楽しい”とか“面白い”とかとは違うんです。
だから、今回観た4本の中では『ベニーズ ビデオ』がいちばん“好き”というのは、『ベニーズ ビデオ』がいちばん嫌な気分になった、というふうに思ってくれたほうがいいかもしれません。

再追加上映を観に行こうかと考えてる人にはとりあえず、気合いを入れて『ベニーズ ビデオ』を観に行くことをオススメします。

『セブンス コンチネント』についてや、

『71フラグメンツ』につてや、

『カフカの「城」』については、

まあ、ハネケの過去の作品は日本最終上映とか言ってるし、DVD化の予定もないらしいので、それぞれの作品の雰囲気がわかるようにと内容を結末まで書いちゃいましたが、『ベニーズ ビデオ』は書かないでおきます。

ユーロスペースのHPの解説だと、こんな感じです。
“家庭用ビデオで撮影した豚の屠殺シーンに魅せられた中学生のベニーは、偶然知り合った少女を衝動的に殺害してしまう。その模様を撮影したビデオを見てベニーの両親が選択した道は?”


たぶん、“歪み”についての映画です。
観るべき映画のひとつであることは確かです。



頑張って早起きして、観てきて下さい(けっこう混むんだよねぇ、立ち見とか普通にいたし)。
一日の始まりとしてはあまり気持ちのいいもんじゃないので、強烈に楽しいことが予定されてる日に行きましょう(って上映期間は二日間だけですが。。。)。

ちなみに僕が観に行った日は午後にリーグ戦があって、自分から一緒に観ようよと誘っといてあれなんですけど、のせいで負けて、絶望して、世界を呪った一日でした。



『Heal The World』 / Michael Jackson
[PR]
by clyde_8 | 2006-05-15 23:03 | 映画/お芝居
<< The Show Must G... VAMOS! NIPPON!! >>