東京死ね死ね団
d0025304_12302061.jpg

『DEATH NOTE』最新巻、今日発売ですね。

連載開始時から少年マンガ・マスターcamoが(何度も言いますが奴は女性です)、僕のことを少年マンガ・パダワン扱いして、「『DEATH NOTE』を読め。とにかく良いから読め」と散々命令してたんです。
でも、その時は1巻読んだだけで止めたんですよ。
何だよ“ノートに名前書かれたら死ぬ”って、アホ臭い。
いかにも少年マンガって感じやのう。と思って。
(“スタンド”に熱狂興奮してるくせにね。。。)

だから映画化されると聞いても、あ、そう。ぐらいな感じだったんです。



駄菓子菓子ッ!!!


『ライフ・イン・ザ・シアター』で藤原竜也くんの虜になって以来、公開を心待ちにしている映画のうちのひとつ、それは『DEATH NOTE』ッッ!!!になってしまいました。(←完全にファン心理)
密かに思っているのは、配役は“藤原竜也/八神 月、松山ケンイチ/L・竜崎”ではなく、“藤原竜也/八神 月、藤原竜也/L・竜崎”の藤原くんの二役というほうが絶対よかったよ、ということ。って観てもないのに。(←完全に大ファン心理)

それで、個人的には藤原くん見たさに観に行くとはいえ、あまりの前評判や原作の評価の高さに、もう一度ちゃんと読んでみようと思い、3巻まで買って再トライしてみたんです。

…………面白い!

移動中や作業の合間に読みふけり、あっという間に全巻揃ってしまいました。
そんなわけで、いまや新刊出るのが待ち遠しくて、読む前に展開を言おうとする友人に「もし言ったら、ノートに名前書くぞッ!」(←無印良品の普通のノート)と脅しをかける立派な『DEATH NOTE』ファンです。

その魅力については、本当に人気があるし、研究本の類も出てるのであーだこーだ書くのは止めますが、絵が上手いよねぇ、ホント。
展開の速さや、物語の舞台の大袈裟さとか派手さなんかは、個人的にはアメコミ的なものを感じます。楽しいです。ま、人死にまくりますけどね。



これから読む人へ。
『DEATH NOTE』は心理戦や裏のかきあい、推理合戦、ある種のミステリマンガだと思うんですが、細かいこと気にしちゃダメですよ。たまにわけわかんなくなりますが(頭悪いんですかね、僕)、あんまりひっかかってちゃダメです。

あと、お楽しみは時折見せる八神 月の邪悪過ぎる表情。
あまりにコワくて笑っちゃいます。



『死神の饗宴』 / 人間椅子
[PR]
by clyde_8 | 2006-05-02 12:46 | マンガ
<< Get Back, Jojo!!! ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン >>