光は光
今日のイチバンの幸せ。

フォトグラファー谷口京さんにお会いしました。

ボスのお仕事で何度も写真は見せてもらってたし、オフィスで見かけたこともあったんだけど、実際にお話するのは初めてでした。

先週作品を見せてもらいお話するはずだったのが、作品を見せてもらうだけになって、今日やっとご本人と初対面。

しかも、なんと!
僕らのフットサルチームのメンバー、kazuさんが谷口さんと高校の同級生だったことを、しかも大親友だったことを土曜日に知ったので、ホント楽しみで楽しみで。

お仕事の打ち合わせをして、昼食に行っただけで、そんなに長くは話せなかったけれど、とても魅力的な人でした。作品に負けず劣らず力漲る眼差しが印象的で、この人が見る風景があの素晴しい作品たちなのかと思うと、変な言い方だけど、なぜだか“嬉しくなってしまうような”人でした。
とにかくッ!!!!!!
ひと呼吸おいて、
素晴しい作品たち!!!



そして、とても羨ましく思ったのは、土曜日にkazuさんが谷口さんのことを、今日は谷口さんがkazuさんのことを、それぞれに熱を込めて話していたこと。
親友というのはこういうことなんだなぁ、と本当に羨ましく思いました。



あ、kazuさんご心配なく。
僕も自分がいないところで、あれこれ自分のことを話題にされるのはそれほど良い気分がしないので(時と場合と話の内容による。僕は褒められるのは好きです)、軽く話した程度ですから。
(さらに、kazuさんへ私信、僕のブログはそっとしといて下さい。恥ずかしいので。。。ただ、Fさんがたまに読んでくれてるのはとても嬉しいです。旅立つ前にお酒でも飲めるといいのだけれど。イギリス行っても読みにきて下さいね。そして、遠く異国の地に行ってしまったら、さすがにコメント残してくれますよね?)



“I live, to see and to feel.
Photography has always given me opportunities to do so”

―――kei taniguchi




『光は光』 / 100s
[PR]
by clyde_8 | 2006-04-25 00:38 | 芸術/デザイン/その他
<< 美しさ Family Affair >>