先人達の夢
d0025304_16531073.jpg

【剽げる・ひょうげる】
ふざける。おどける。ひょうきんにふるまう。

『へうげもの』、今日2巻が出ます。

絵がちょっと読みにくい感じなので、H∧Lに薦められなかったら手に取らなかったかもしれないんですが、このマンガ、相当面白いです。



武をもって“華”の国にするか、藝をもって“侘び”の国にするか。
茶人の武将・古田左介は武士としての大成を志してはいるが、芸術に対しての美意識や物欲が勝ってしまう。

「戦場でも目がいくのは景色だったりするのだがな」

なんて素敵な言葉でしょう!
どんな状況でも美を追求し、物を愛で、風流を解することを忘れたくはないものだなあ、と感じさせてくれました。
そう考えると、デザイナーという職業もなかなかステキなんじゃないかと。(←金曜の昼下がりに感慨に浸るあほ、または幸せ者)



描かれてることは深遠で、そして真理めいたことだったりするのだけれど、織田信長をはじめとする魅力的なキャラクターや主人公、古田左介の何とも言えない絶妙なハズシの間で楽しませてくれます。
普通に笑ってしまいますよ。

はっきり言って歴史物があまり好きではない(←これって、はっきり言ってないような気がしないでもない。。。)僕が熱狂するぐらいだから、すべての人にオススメです。



『先人達の夢』 / Tokyo No.1 Soul Set
[PR]
by clyde_8 | 2006-04-21 16:02 | マンガ
<< Family Affair 狂人は心に >>