I'm So Glad
d0025304_1221516.jpg

3/21、火曜日、Jリーグ第4節、川崎戦、等々力陸上競技場。

磐田純正はマチガイナイ。(←うわ、なんか広告業界の人っぽーい)

ジョーを見てても思うけど、磐田で育った選手はとても大きな安心感と信頼感がありますね。
あくまでも東京純正と比較して、ですけれど。
トラップできます、しっかりと。とか、クロス上げれます、もしくはコーナーとります、最低でも。とか、左右どちらでも蹴れます、ある程度は。とか、身体はぶれません、だから慌てません。とか、妻子います、愛してます、たまに料理もします。という感じ。(←一部勝手な思い込みあり)

当分は、川口信男スタメン希望(もっと早くウチにくればよかったのに)。
相変わらず、ユータスタメン希望(今野と梶山、今野と宮沢、今野と伊野波にどっしり構えてもらって栗澤と並べてみたい)。
増嶋は、何か善くないものに取り憑かれてるんじゃないかと思うぐらい間の悪いDFだ(カラス神父にお願いしてみたらどうだろう)。
土肥ちゃんは、毎試合必ず彼ひとりの力で2、3点は防いでいる(他のチームのキーパーもそういうものなんだろうか?)。

そんなことを思った多摩川ダービーでした。
newと二人でガーロや増嶋に対して、文句ばっか言いながら渋谷に向かいましたが、気分はけっこう晴れやかでした。

土曜日から最低な気分で(思えば金曜の夜が先週のハイライトでしたよ)、髪の毛は切りにいけないし(←女子か)、ブログもリンクさせてもらっていて敬愛するナカマサさまの写真展にもまだ行けてないし(必ず行く。みなさんも行きなさい)、等々力にはBCGを受けにいく気分で向かって最悪を覚悟してただけに、目の前でゴールが二つも見れて(選手の気持ちも見れて)、アイム・ソー・グラッドでした。



そうは言っても、チームの前途が多難なことには変わりありません。
ガーロ、もっと劇的に頑張れ!!!
(それと、もうそろそろコートは春めいたものにしなさい)



『I'm So Glad』 / Cream
[PR]
by clyde_8 | 2006-03-22 12:30 | FC東京/サッカー/フットサル
<< 巡礼、放浪、来訪 映画に行こう (Reprise) >>