ジス・イズ・大阪ストラット
先週、mayuさんが「ブログはいろんな人が読んでるって意識してからちゃんと書かなきゃと思った」って話してて、うんうん、わかるわかるなんて言ってたんですが、その舌の根も乾かぬうちに特定少数の人しかわからない記事を書いちゃいます。
(というかねmayuさん、僕のところそんなにたくさんの人が読みに来てる様子がありませんよ。さっき確認しました。思ったより少なかったぞ。。。)



さて今回は、僕の心の兄貴(年子)のともさんからまわってきた大阪バトンです。
上京してから10年経つのでわからない質問もありますが、例によってマジメに答えてみます(だいたい、“マジメ”って書く時点でなんか不真面目な感じ)。

特定少数の人しかわからないって言ってもそれなりにガンバって書いてるので、暇人(←褒め言葉)は最後まで読んで下さいね。

ほな、行きますか?
行かれますか?


●世界中のどこに行っても大阪弁を通す。

そんなことはないですねえ。
“じゃん”とか“さぁ”とかってよく使うし。
でも、完全に大阪弁が抜けることってないですねぇ。
ちょっとムカッとくると大阪弁の純度が上がります。



●論理的な説明が下手で「どっばー!」などの擬態語が入りまくる。

自分で言うのもなんですが、論理的かそうじゃないかの二つに分けるなら、論理的なほうなので擬態語は少ないです。
「がっと」っていうのはまあ使うほうかも。
「そこはもうちょっと、がっといけばええ感じやで」みたいに。(←どこが論理的じゃ)



●梅田の歩道橋の上で馬おじさんの演説を聞いたことがある。

馬おじさんって知らないです。


●いまだにUSJとUFJを言い間違える。

言い間違えないです。
ユニバーサルスタジオジャパンって言うことが多いし。
大阪と全く関係ないですが“アタランタ”(セリエのチームね)と“アトランタ”(アメリカの都市ね)が言い間違えそうになるぞ、僕は。



●大阪出身だというと必ず「家にたこ焼き器があるの?」と聞かれる。

聞かれたことはあります。
そして、だいたいの人がたこ焼き器を持っているというのは本当です。
僕も持ってます。



●テレビ番組に向かって自然とツッコミを入れてしまう。

ツッコミというより、文句ですね。文句言いながらが多いかも。
というか、そもそもあまりテレビって見ません。特定の番組のみ。



●1〜10まで数えるのには音程が必要だ。

音程なしでも大丈夫だけど、音程つけると落ち着きます。


●「飴」のことは「あめちゃん」とチャン付けして言う。

わりと言う。
“お稲荷さん”とか“おイモさん”とか“さん”付けもします。



●ムービングウォークでは歩くのが常識だ。

そうですね。
いや、気分によります。



●551という数字を見ると、豚まんかアイスキャンデーを連想する。

します。
そう言えば蓬莱って東京にないですね。



●初めて近江住宅のCMを見たときは唖然とした。そして今でもあのCMのコンセプトがわからない。

それ知りません。大阪にいる時は勉強ばかりで、TVは一日に15分だけでしたから。(←中途半端なうそ)


●大阪環状線を一周したことがある

ないですね。
一回だけやろうとしたけど、途中で止めました。



●エスカレーターは右側に乗り、左側は急いでる人のための通路である。

大阪ではそうしますね。


●『吹田』『枚方』『此花』『十三』『柴島』『富田林』『四条畷』『我孫子』『信太』『放出』『喜連瓜破』『中百舌鳥』などは全国的にも難読文字地名とされてるが、当然読むことはできるし難読文字とは思ってない。

『柴島』『信太』が読めない。。。


●「HEPの観覧車に乗った恋人同志は必ず別れる」っていうジンクスがあるが、けっこう信用してる。

僕が大阪でダイナマイなラブリーデイズを恋人と過ごしてた時はまだなかったですね、HEP自体。
ま、あまりそういうジンクスは気にしません。というか、逆に別れずに、そんなジンクスを打ち破るぐらい甘い日々だぜ!とやりたいタイプです。



●夕方の情報番組『ちちんぷいぷい』や『ムーブ!』とかを見るのは、けっこう好きだ。

知らないです、両方とも。
たぶん嫌いです。



●千日前線が4両なのは、短すぎる。

あまり気にしたことないですね。


●小学生の頃、土曜日に学校から帰ったらすぐにテレビで新喜劇を見た。

見るつもりはないんだけど、なぜか見てましたね新喜劇。


●2003年に阪神が18年ぶりに優勝したときはマジで泣いた。

全く興味ないので泣いてません。というか、どちらかというと阪神ファンが騒ぐのって鬱陶しいので昔からキライでした。


●「トラバン」と「週刊トラトラタイガース」のどっちを見ようか悩んだことがある。

キライなんです。


●三ノ宮は兵庫県だが、大阪的な感覚が自分の中にある。

関西という解釈です。
大阪とは思ってない。
やっぱり言葉も人の雰囲気も多少違うと思うし。



●「福島駅」は福島県にある福島駅ではなく大阪駅の次の駅のことだ。

どちらもピンとこない。。。


●映画『ブラック・レイン』は大阪を世界に知らしめる作品だ。

まあ、大阪を舞台にした映画では一番ヒットした映画だし、画面によく知ってる街が出てくるのは嬉しいです。
でも、大阪の本当の姿が『ブラック・レイン』の中にあるかというと、全然ないと思う。ただロケ地ってだけ。
『大阪物語』がイチバン“大阪やなぁ、ええなぁ”となる映画だと思います。めっちゃオススメやで。でもなぜか監督は東京の人、市川準監督。



●新快速に乗ったはいいが、混雑とドアまでが遠くて降りたい駅で降りれなかったことがある。

「どけや、ぼけ」という“挨拶”をすればだいたい降りれると教えられて育ちました。


●(笑いを)スベッたことによって1週間くらい、仲間はずれにされたことがある。

ないです。
僕は基本ツッコミなので、面白い人が横にいないとダメなタイプです。



●やしきたかじんと上沼恵美子は関西の首領になりつつあると思ってる。

あんまり興味ないのでよくわかりません。


●ハナテン中古車センターのテレビCMの歌の歌詞が、数年前「ハナテン車買取専門店〜♪」に変わったが、あれはあまりにも歌詞が字余り過ぎて違和感を感じまくってる

新しいバージョンは知らないです。


●はなわの言うとおり「赤はよく見て進め」だ。

歩行者としては信号機は“あってないもの”という感覚が強いです。
ひとりの時なんか特にそうですが、クルマやバイクが来なければ赤でも警察がいても無視します。
ドライバーの皆さん、ごめんなさい。



●携帯メールはいつでも大阪弁だ。

文章が大阪弁になることはあまりないです。
ごくたまにですね。



●スーパー玉出の安さはドン・キホーテの安さを凌駕する勢いだ。

スーパー玉出って知らないです。


●「モータープール」という言葉が他地域では通じないことに軽いカルチャーショックを受けた。

えっ!?
“モータープール”という言葉が他地域では通じないことをいま知りました。ショックです。
ホントに?
“モータープール”って言わないの?
ショック。。。

“いんじゃん”や“なおす”が通じなかった時はショックでした。
東京には僕らの言うところの“いか焼き”がないことや喫茶店にミックスがないこともショックでした。



●新聞などで「米朝対談」という見出しを見て、桂米朝師匠の対談だと勘違いしたことがある。

あります。


●鳥肌を『サブイボ』と言う。

たまーに言いますね。


●標準語を話す東京人の男はオカマのようだ。

それは思いません。

ヘタクソな関西弁を話す関西以外の人を見るのが恥ずかしいです。
別に話すのはいいんですよ。話すならもっと上手くなってほしいんです。
関西以外の人間で関西弁が上手い!と思ったのは2人だけです。



●鶴橋駅が焼肉臭い事を大阪人以外に言われるまで気付かなかった。

まだ言われたことがないので、気付いてないです。。。


●ボケられたら突っ込むことが礼儀だと思っている。

ボケのレベルによる。
その前に、しょーもないボケを言う時点で無礼やと思う。

と“笑い”にシビアな感じをだしてみる。

でもね、しょーもないボケを無視してたら、「大阪人なのに突っ込まないんだ」と言われて4人殺したことがあります。



●最近は何だか名古屋に負けているような気がしてならない。

勝ち負けは意識しないです。
そもそも、大阪が一番だとかも思ってない。



●マクドナルドは「マクド」と呼ぶ。

「マクド」か「マクドナルド」ですね。
職業柄「マック」はマッキントッシュ、要するに商売道具のことを指すので、きっちり使い分けています。



●ダイエー1号店を知っている。

知らないです。


●FM802のステッカーを車に貼っている。あるいは貼っていた。

貼ってはないけど、802は基本でしたね。


●次にバトン回す大阪人。

さて困った。
ブログ等をやってる大阪人がまわりにいないような気がします。
Yくんは読んでくれてるのは知ってるけど、ブログとかはどうなんだろう???

誰か!通りすがりの人でも似非大阪人でもいいです。
この大阪バトン受け取って下さい。
人のが読みたい!




『大阪ストラット(part Ⅱ)』 / ウルフルズ
[PR]
by clyde_8 | 2006-03-20 22:48 | プロフィール/バトン
<< 映画に行こう (Reprise) Choice Of Colors >>