Who Are You
前に少しとりあげたアメリカのTVドラマ、『CSI:科学捜査班』、WOWOWやAXNでやってたり、レンタル屋でも『24』の次ぐらいに大きくコーナーが作られてたりするので、観たことある人も多いと思います。

ホント面白いですよね。

科学捜査班で働きたくなる。

専門的な科学捜査方法は地味で地道だけど、緻密な調査とイマジネーション(推理)を駆使して真相に到達する快感は素晴しいだろうなと思うし、様々な知識と道具を総動員して捜査するから、日頃の知識のストック量や能力の差がはっきり出てやりがいがありそう。

難点は人が死なないと仕事にならないということかな。。。



『CSI:科学捜査班』を観て科学捜査班で働きたくなる理由はもうひとつあって、それはウィリアム・ピーターセン扮する主任のギル・グリッソムの存在。
この人がボスなら最高だなと思わせる上司なんですよ、グリッソムって。
最高の技術と観察眼を持ち、クールで論理的なんだけど、内には熱いものを秘めてる。感情にまかせて仕事することを許さないけど、他人の心の機微もしっかりわかる。部下を信頼して仕事を任し、モチベーションを上げるのが上手い。

最高でしょ。



そして、僕のガーロ監督のイメージはまさにグリッソムです。

僕はガーロを見ると、グリッソムを思い出すんです。
ガーロがどういう人かは、はっきり言って知らないんですけど、どっしりとした落ち着きと自信に溢れる佇まいや声を張り上げて指示を送る姿、勝利を目指すことについてや勝ち点についての論理的な捉え方、そういうところがグリッソムっぽいです。

そんなわけで、ガーロには早くも期待大、なのです。



て具合に流行りのTVドラマと絡めてガーロ東京に期待!
なんて言ってますが、実はガーロとグリッソムが単に顔が似てるってだけのことで連想してたりして。。。



誰がなんと言おうと、(少し)似てる。

d0025304_19392275.jpg




『Who Are You』 / The Who
[PR]
by clyde_8 | 2006-02-27 19:30 | FC東京/サッカー/フットサル
<< Knock Me Down Departure >>