A Day In The Life
d0025304_19324429.jpg

『バタフライ・エフェクト』やっと観た!
(何度も借りては観ずに返すを繰り返していた)



もしも人生をやり直せたら。。。

うーん、まだ30歳だし、16歳ぐらいからぐっと人生が面白くなってきたと感じてるので、そういう意味ではまだ15年足らずだし、あまりやり直したいと思うことはないけれど、ひとつあるとすれば、大学は文学部に行きたいかなってことぐらい。

ま、そんなわけで人生にやり直しができたら、なんてことはあまり考えないんですが、似たようなことを思い描いて遊ぶことはあります。
もちろんひとりで。
(↑はい、暗い)

美術の予備校時代、アトリエにあったモチーフの中で別のを選んで描いてたら(僕は基本的に生もの描くのが嫌いだったので、花とか野菜とかはなるべく避けていた)どうなってただろう?みたいな当事者以外にはだから何なの?としか思えないようなこと。
でもそのおかげで、固いものは上手くなったし、水平垂直への意識や構図の重要性を学んだような気がする。
受験はさんざん失敗して、最終的にはただの粘りで受かったようなもんだから(友人の中には三浪くじで当たったんだよ、きっと。なんてことを言われたりもする)、結局だから何なの?ってことではあるのだけれど。
もっと些末なことで言うと、高校の時、CD買うのをガマンしてエア・ジョーダンを買っていたら?とか(実際は26歳で念願の初エア・ジョーダン。エア・ジョーダンⅠの復刻版)、どーでもいいこと。
もしかしたら、今ほど音楽が好きな人間になってなくて、スニーカーマニアになってたかもしれない!

そんなヒマつぶしの空想遊びよりもっとヘヴィで、切実な話なので一緒にするのはどうかと思いますが、『バタフライ・エフェクト』はそういう映画。
(いや、ホントは全然違うんですよ!愛の映画です、たぶん)

ところどころ映像がちゃちいのには目を瞑る必要がありますが、こういうタイプのSF(頼む!SFの棚に置いてくれ!つってもサスペンスのとこに置くんだろ)がけっこう好きな僕にはぴったりでした。
細かい粗探しが好きな人には全くオススメできませんが、運命とか、巡り合わせとか、そういう話が好きな人は楽しめると思います。



って、実はオススメ記事が書きたかったのではなく!

『バタフライ・エフェクト』には別のエンディングが存在していて、DVDにいくつか入っていたんですけど、どうやら僕が噂で聞いたのとは違うんです。
それに、僕がずいぶん前に目にした記事には“史上最悪に不快なエンディング”だったと書かれていたんですが、僕が観たエンディングは全然そんなことなかった。。。
どうやら、本当のディレクターズカット版は海外版のDVDで観れるらしいんですよね。

この映画は劇中で何度も何度も最低のエンディング(のようなもの)を見せられて、最後の最後で切ないなー。となるから、なかなかに余韻を残す作りになってるんですが、その最後のところが史上最悪に不快なヴァージョンがあるなんて!
どんななのか知りたい!

と思いませんか?

あ、思わない?
あ、そう。
僕はものすごく知りたいんです。

誰か観たことあるって人、どんなのだったか教えて下さい!
マジで。



ところで、このブログってば、映画ファンの人がやってるブログみたいになってませんか?
(というかホントにそうなんだから仕方ないんだけどね。。。)



『A Day In The Life』 / THE BEATLES
[PR]
by clyde_8 | 2006-02-24 19:08 | 映画/お芝居
<< Departure Franz Ferdinand... >>