Modal Soul
d0025304_050241.jpg

今日は夕方ぐらいからエンジンがかかりだし(遅いッ)、大きく大きく捏ね上げてざくざくと形を掘りおこし(昔はここが好きだったんだけど、今はあまり楽しくない)、やっと細部を削り取る段階。
ここ数年は、この細部を削り取り無駄な塵みたいなものを吹き飛ばし調和を作り上げる過程が一番楽しい。
ただ、もともとそういう作業は得意じゃなかったし、嫌いだったので、もの凄くレベルが低い(そして時間がかかる)。
低いながらもなんとか形にする。



アイデアや構造、色や意味合いを気にせずに(今日はそこは既にクリアしたことにして)、完璧なフォルム(例えば、美しい書体)を使って削り取っていく。

ネリゴムや鉛筆の匂いに包まれて黙々と、しかも自信満々に描いてた頃や、中途半端に汚い10号館や本気で汚いシルク工房でけっこうイケるな、なんて言いながら野心を形にしてた頃の感覚に、少し近い。

すみませんね。今日は解りづらい話で。
きっとmikanならわかってくれるんじゃないかな。



最高の形はもともとあって、それを掘り起こしていく時。
僕の恩師のひとりはそういう時にはツェッペリンとかを聴きながらガーッと叩きつけろ、と言っていたし、別のひとり(彼は僕のアイドルでもあった)はソニック・ユースやガロン・ドランクを聴くほうがいい、と言っていたけど、今の僕は細かく作り込まれた音楽を聴くことが多いです。そのまんまの理由で。

ま、iPodかけっぱなしなので、気がつくとストロークスがギュワギュワやってたりするんですけどね。
ところでジュリアン・カサブランカスって素敵な名前ですよね。特に、最後の“ス”がないほうがいいんじゃない?と感じさせるあたりがセクシー。

うーん。。。無駄に見えて実は重要なエレメントか、奥が深いな。
なんて。



『Modal Soul』 / NUJABES
[PR]
by clyde_8 | 2006-01-31 00:20 | お仕事
<< 今日はなんだか The Zephyr Song >>