強い気持ち・強い愛
人気のお芝居ってホントにチケットとれません(静かなる怒り)。

最近はDVD化される舞台も多くなってきてるから映像で観ることができるお芝居もけっこうあって、それはそれで嬉しいんだけど、やっぱり生が好き(浅はかな深読みするなッ!サッカーと同じだよ、というぐらいの意味ですから)。

今年はあまりお芝居観に行けなかったので、最後に『12人の優しい日本人』を観て締めたかったけど、チケット手に入る気配全くなし。
三谷作品だということに加えて、キャストのあまりの豪華さに、プレオーダー不発、一般発売も全くダメ、加えて僕の貧弱なコネでは太刀打ちできずにとうとうもうすぐ楽日ですよ。。。
『なにわバタフライ』の時はプレビューと本公演と2回も行けたから、今回も何とかなると思ってたけど、甘かったです。。。

それでも、やっぱり三谷が好き。
ということで、実は今もうひとつやってる三谷作品、東京ヴォードヴィルショーの『竜馬の妻とその夫と愛人』を観てきました。
劇団東京ヴォードヴィルショーはこれまた三谷作品の『その場しのぎの男たち』の再演を観たことがあるだけで、この時は客演の伊東四朗さんが面白すぎて、東京ヴォードヴィルショー自体の印象はあまりないんです(ゴメンなさい、B作さん)。
そんなわけで、今回はキャスト全員東京ヴォードヴィルショー(松兵衛役はダブルキャストで客演呼んでたみたいですが、僕が観た時は山口良一さんでした)だからそういう意味でも楽しみだったんです。



流石ッ!!
B作さん、佐渡さん、あめくさん、山口さん、東京ヴォードヴィルショーの看板役者だけに息ぴったり雰囲気ばっちり、もう楽しくて楽しくて。
あとね、ひとつ前に観たお芝居のせいかもしれないけど(前に観たのはカムカムミニキーナだったんですが、カムカムの『越前牛乳』は役者のテンションとギャグに頼る構造だったから舞台美術はあんまりよくなかったんです)、幕が上がった瞬間、舞台美術や照明の美しさに息をのみました。
電気も無い貧しい長屋に射込む、昼下がりの陽の光。
綺麗でした。

物語はと言うと映画化もされてるし、三谷幸喜の書くお芝居なので面白いに決まってるんですが、“竜馬の妻おりょう”と“その夫(要するに再婚相手)”と“おりょうの妹の旦那”と“おりょうの愛人”の4人(ああ、ややこしい!)が繰り広げる愛についての会話劇。もちろんコメディです。

所々はっとさせられる台詞が散りばめられていて、僕はおりょうの夫、松兵衛がおりょうの身体について話すシーンがとっても好きでした。

「いい匂いがするんだよ。肌も柔らかくてさぁ、抱きしめると吸い付くんだよ」

それって重要だし、最高じゃないのか、と。
オトコ視点だろ?なんて簡単には言い切れない深みと真理があるように思うんですが、いかが?

それから、映画でも終盤、それぞれの愛の告白で感動したけれど、舞台だとより感動が大きかったです。なんででしょうね。『竜馬の妻とその夫と愛人』は映画版よりお芝居のほうが作品として面白いからだとは思うけど、それ以上にお芝居独特の緊張感と役者さんの肉声だからってのもあるんじゃないかなんて思いました。

最後の最後では、坂本竜馬に関する衝撃の事実が!
かなりウケますよ。

そして、僕がとても好きな時間カーテンコール!ダブルコール!!
汗だくになって客席に挨拶をする時の役者さんの身のこなしが大好きです。あの瞬間って、小突き合ったり、小ネタ挟んだりしつつも役者の素の顔が見える感じがして幸せな気分になるんですよ。



劇場に行く度に思うのは、お芝居のお客さんって映画に比べると年輩の方が多いってこと(下北の劇場なんかでも実は年輩の人が多い)。
チケットの値段が高いからかもしれないけれど、あんなに素晴しいものをオトナたちの楽しみにしておくのはもったいないと思いますよ。

お芝居、あまり行ったことない人はぜひ!



『強い気持ち・強い愛』 / 小沢健二
[PR]
by clyde_8 | 2005-12-27 16:20 | 映画/お芝居
<< ミ・アミーゴ 季節ものだから。。。という言い訳 >>